ローデンシュトック買取

ローデンシュトックを買取

ローデンシュトック 高価買取

主にカメラ用のパーツとして活用されているものに、欧州メーカー発のローデンシュトックというものが用意されています。
一眼レフカメラなどを所有されている方の場合では、いくつものレンズを所有していることが多い傾向にあり、撮影をする対象に合わせてレンズ選びを行うことが一般的になります。
そんな中、ローデンシュトックのレンズに関しては、既に一定の評価が下されているものになり、かなりの高性能なレンズを体感することができます。
例えば一般的なデジタルカメラ用に開発されているものや、広角レンズ、マクロ撮影用に開発されたものなど、各種が用意されていて、愛好家の中でも人気アイテムになっています。
所有されていた方の場合でも、後にさらに上級モデルに買い替えをしたり、単に不用品となっている場合では、買取りが出来ます当社を利用することがおすすめになります。
現在ではカメラパーツに関しては一定の需要があるために、ローデンシュトックのレンズの場合では状態次第では高価買取りを行うことができます。
買取りを希望されている場合では、レンズ面のチェックとして傷の有無などを確認することが何より大切になり、大きな傷が付いていないことが前提とされています。
また、細かい部品としてレンズの絞り込みを行うパーツに関しても正常に作動することも必要になります。
レンズや本体に関しては、非常にデリケートな部分があるために、事前に綺麗に掃除を行うことも良い方法になります。
例えば指紋や埃などの汚れが付着している場合では、柔らかい布などを用いて拭き取ることが必要になり、分解できる部品に関しては、細かく分解した上で、丁寧に各パーツを綺麗に仕上げることもおすすめになります。
買取り方法としては、宅配買取りを利用することができ、遠く離れた場所に居住されている方でも便利に利用できるメリットを持っています。
宅配便を利用する際には、梱包方法も十分に配慮することも必要です。
緩衝材などをしっかりと入れて、破損しないように配送することが大切になります。

無料査定はこちら

ローデンシュトックの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売却前に、購入年・製品名・中古?新品?などをご確認お願いしますね!
■付属品
取扱説明書
レンズキャップ
フード
もありましたら、お付け頂くと査定UP!
「状態、不具合の有無」
〈レンズ本体の破損〉
・外部に目立った傷やひび割れ、折れ等の破損はありませんか?
・レンズフード装着溝に割れはありませんか?
・ヘリコイドが正常に動作しますか?
・リングの溝が擦り減っていませんか?
・指標が薄くなっていませんか?
〈レンズ面の損傷〉
・レンズのガラス面に傷はありませんか?
・高温多湿の場所に長期保管され、レンズにカビが発生していませんか?
・汚れや指紋の付着、くもりはありませんか?
・レンズ内部に異物が混入していませんか?
〈フォーカシングの不良〉
・ピント合焦が行えますか?
・シャッターが正常に切れますか?
・絞りの調整が行えますか?
・大判カメラのアオリ操作が行えますか?
〈カメラの損傷〉
・カメラボディに傷やスレ、汚れの付着はありませんか?
・金具が劣化し錆び付いていませんか?
・各カバーに緩みがなく、確実にロック出来ますか?
・フィルムの装填が正常に行えますか?
・各ボタンやダイヤルが正常に作動しますか?
・露出の調整が行えますか?
・フィルムの巻き上げが行えますか?
・電池室に汚れはありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

ローデンシュトック 高価買取のポイント
高価買取のポイント
以下に、ローデンシュトックの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※買取りに出す前には動作確認をしっかりして、できる範囲で本体やレンズを十分に磨くことが、高額査定を出すポイントになります!
※レンズキャップやフードなどの付属品を全て揃えて売ることが、高価買取には必要なこととなります!
※複数のレンズを一度に買取りに出した方が、高額査定がつきやすくなります!
※長く使用しない場合は、カビなどが生えないように保管場所もきちんと考えるようにしましょう。
査定の申し出と違う事例
○「レンズはかなりいい状態です。」
●実際は前玉にコーティング剥がれがあった。
○「撮影に問題あるようなところはありません。」
●実際はバルサム切れによってレンズが曇り撮影に影響があるレベルだった。
○「どこにも問題はありません。」
●実際はプレビューレバーを動かすと鳴きが発生していて絞りが不完全な状態。
○「外観はかなり綺麗だと思います。」
●レンズは確かに綺麗だったが付属のリンホフ規格レンズボードに目立つ傷があった。

ローデンシュトックの買取価格相場

*下記金額はおおよその目安で買取価格を保証するものではありません。
季節や市場相場、機器の状態により変動します。

品名 金額(円)
Rodenstock Apo-Sironar-S 240mm F5.6(シャッターCOPALNo.3付) 44,031
Rodenstock ApoGrandagon 35mm F4.5 30,856
Rodenstock Apo-Sironar 1:5.6 f=210mm 42,139
Rodenstock 75° Apo-Sironar-S 180mm F5.6 28,741
Rodenstock Apo-Ronar 300mm F9 大判 レンズ ジャンク 22,882
Rodenstock Apo-Sironar digital HR 100mm F4 40,218
Rodenstock HRディガロンS HR Digaron S 35mm F4 39,528
Rodenstock ヘリゴン 50mm f1.9 M42マウント 32,867
Rodenstock Apo-Sironar digital HR 60mm F4 28,083
Rodenstock COPAL-N0.0 F=45mm 中古 30,579
Rodenstock 40mm f/4 HR Digaron-W Lens 62,406
Rodenstock Apo-Sironar-W 210mm F5.6 アポ シロナー W 8x 65,180
Rodenstock Apo Sironar digital 55mm F4.5 27,667
Rodenstock Apo-Sironar-S 5.6 150mm 大判 カメラ レンズ 29,470
Rodenstock Apo-Sironar digital 55mm F4.5 コパルNo.0 中古 30,163
Rodenstock ARO-Grandagon 1:4.5 f=35mm ジャンク品 24,269
Rodenstock Apo-Ronar 300mm F9 COPAL-No 1 28,892
Rodenstock Apo-Rodagon-D 1X 75mm F4 高解像度引伸接 62,389
Rodenstock HRディガロンS 28mmF4.5 82,515
買取り前の清掃の注意事項
*後玉ガードは取り外し、綺麗に拭き取りを行って下さい。
*後玉ガードを外す際にレンズに触れない様に注意して下さい。
*清掃時にレンズに緩みが無いか確認してください。
*本体の金属部が錆びない様に手垢などの汚れはしっかりと取り除いて下さい。
*後玉を取り外した後にシャッターを閉じ、シャッターを優しく拭きとりして下さい。
「ローデンシュトックの宅配買い取り方法」
ローデンシュトックの宅配買取り方法は、普段良くご利用されております運送会社さんでお願いしますね!
*ローデンシュトックの梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・ローデンシュトックのカメラは、レンズを本体に収納し、しっかり蓋を閉じてください。
・次にビニール袋に入れ、その上からプチプチで3重に包んでください。
・レンズは、必ずキャップをし、プチプチで2重〜3重に包んでください。
・専用のレンズケースがある場合は、その中に入れた状態で、3重程度にプチプチで包んでください。
・厚手で丈夫なダンボール箱を用意し、カメラやレンズ、必要書類を入れてください。
・ダンボール箱には、丸めた新聞紙などの緩衝材をしっかり使い、中の製品が動かないようにしてください。
・レンズひとつだけお送り頂く場合でも、必ずダンボール箱の中に入れ、緩衝材をしっかりご使用ください。
・ダンボール箱の強度に不安がある場合は、一回り大きなダンボール箱をご用意いただき、その中に入れてお送りください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・購入時に使われていた緩衝材を使い、カメラやレンズを元箱に入れてください。
・元箱全体をプチプチで、2重〜3重に包んでください。
・一回り大きなダンボール箱を用意し、その中に元箱を入れ、緩衝材で隙間や上の部分などを埋めてください。
・ダンボール箱に送り伝票を貼って、弊社宛にご発送ください。

無料査定はこちら

ローデンシュトックの買取製品!

ローデンシュトック

ローデンシュトック
「品質第一主義」の方針を掲げ高級品を製造する、ドイツの光学機器専門メーカー。
「ローデンシュトックの買取対応製品」
※レンズ
アポ・シロナーS 135mmF5.6
アポ・シロナーS 150mmF5.6
アポ・シロナーS 180mmF5.6
アポ・シロナーS 210mmF5.6
アポ・シロナーS 240mmF5.6
アポ・シロナーS 300mmF5.6
アポ・シロナーS 360mmF6.8
アポ・シロナー・デジタル 35mmF4.5
アポ・シロナー・デジタル 45mmF4.5
アポ・シロナー・デジタル 55mmF4.5
アポ・シロナー・デジタル 105mmF5.6
アポ・シロナー・デジタル 135mmF5.6
アポ・シロナー・デジタル 150mmF5.6
アポ・シロナー・デジタル 180mmF5.6
アポ・マクロシロナー・デジタル 120mmF5.6
アポ・グランダゴン35mmF4.5
アポ・グランダゴン45mmF4.5
アポ・グランダゴン55mmF4.5
グランダゴンN65mmF4.5
グランダゴンN75mmF4.5
グランダゴンN75mmF6.8
グランダゴンN90mmF4.5
グランダゴンN90mmF6.8
グランダゴンN115mmF6.8
グランダゴンN155mmF6.8
グランダゴンN200mmF6.8
グランダゴン65mmF4.5
グランダゴン75mmF4.5
グランダゴン75mmF6.8
グランダゴン90mmF4.5
グランダゴン90mmF6.8
グランダゴン115mmF6.8
グランダゴン155mmF6.8
グランダゴン200mmF6.8
イマゴン200mmH5.8
イマゴン250mmH5.8
イマゴン300mmH6.8
イマゴン300mmH7.7
HR ディガロンS 23mmF5.6
HR ディガロンS 28mmF4.5
HR ディガロンS 35mmF4
HR ディガロンS 60mmF4
HR ディガロンS 100mmF4
HR ディガロンS 180mmF5.6
HR ディガロンW 40mmF4
HR ディガロンW 50mmF4
HR ディガロンW 70mmF5.6
Rogonar 50mmF2.8
Rogonar-S 25mmF4
Rogonar-S 50mmF2.8
Rogonar-S 75mmF4.5
Rogonar-S 90mmF4.5
Rodagon 28mmF4
Rodagon 35mmF4
Rodagon 50mmF2.8
Rodagon 60mmF4
Rodagon 80mmF4
Rodagon 105mmF5.6
Rodagon 135mmF5.6
Rodagon 150mmF5.6
Rodagon-WA 40mmF4
Rodagon-WA 80mmF4
Apo-Rodagon-N 50mmF2.8
Apo-Rodagon-N 80mmF4
Apo-Rodagon-N 105mmF4
Apo-Rodagon-D 75mmF4
Apo-Rodagon-D 2x 75mmF4.5
Apo-Rodagon-D 120mmF5.6

ローデンシュトックのリユース事情

弊社ではローデンシュトックのカメラレンズの買取りを行っていますが、弊社でそれらをリユースすることにより、これまでローデンシュトック製のレンズは高額なので使用自体を諦めていたカメラマンたちを喜ばせることができます。
ローデンシュトックでは高品質を追究していることもあり、値段もそれなりになっていますが、リユース品であればお手頃な価格で手に入れることも可能になります!

ローデンシュトックの素晴らしさ

ローデンシュトックとは、ドイツの光学機器メーカーで、日本でもローデンシュトックを好んで使用するカメラマンはたくさんいます。
ローデンシュトックからは高級レンズが数多く販売されていて、その素晴らしさは性能の高さで、高画質な写真を撮影することができるため、プロのカメラマンたちにも人気の高いものとなっています!
ローデンシュトックではこれまでに数えきれないほどの種類のレンズを製造・販売しています!

スタッフからのメッセージ

弊社では様々なメーカーのカメラやカメラパーツの買取りを行っていますが、ドイツの光学メーカーであるローデンシュトックのカメラレンズの買取りにも力を入れています。
ローデンシュトックのカメラレンズには高性能の高額商品が多いこともあり、リユース品の需要も高く、高価買取を期待できます。
弊社にはプロの鑑定士が常駐していて、大事なカメラレンズを適正に査定し、他店よりも高く買取りいたします!

「ローデンシュトックとは?」
ローデンシュトック
ローデンシュトックは1877年にドイツに設立された光学メーカーであり、眼鏡などのレンズや工学用精密工作機などあらゆる光学機器を製造販売する会社です。
現在では医療用光学機器なども発売されており、品質を第一に考えた高級品を取り扱っています。
140年という歴史を誇るローデンシュトックは、高級眼鏡フレームとレンズを販売し続けて、世界的な著名人達が愛用してきました。
第一次世界大戦後からカメラ事業に力を入れ始めて、現在ではあらゆる光学機器や医療機器の製造販売にも力を入れています。

あらゆるレンズ製品を製造販売していますが、大判用レンズが主力であり、ジナー純正シナロンやハッセルブラッドのアークボディレンズも製造しています。
ドイツのコダックにレンズを供給していたこともあり、ライカやエクサクタにもレンズを供給していたこともありますが、現在は行なっていません。
ローデンシュトックはカール・ツァイスやシュナイダーのようなメーカーに並んでドイツのトップレンズメーカーのひとつでありますが、創業されてからの業績はほとんどが眼鏡製品によるものでした。

1926年以降から50年代までウェルタ・カメラヴェルクの下請けでカメラ製品を生産販売していました。
大判カメラは現在フィルムカメラが衰退したことにより需要が減少しています。
それによりレンズの需要も減少して、ドイツのローデンシュトックとシュナイダー・クロイツナッハは写真現像引き伸ばしレンズの超高解像力に注目して、工業用やビデオ撮影用レンズの開発に力をいれました。
このローデンシュトック・フォーカシングシステムは、金属の筒が前後して写真現像できるレンズで撮影可能な製品であり、高精度で高耐久性、高耐衝撃などのマシンビジョン・カメラに欠かせない製品です。

現在でもローデンシュトックのレンズはプロのカメラマンからアマチュアの方にまで世界的に人気です。

無料査定はこちら