ブランド品のデザインが古くても買取可能!

ブランド品 デザイン 古くても 買取可能

ブランド品と呼ばれている物は世の中にたくさんありますね。特にアジア人はブランド品が大好きで、バブルの頃はニューヨークの五番街にあるルイビトンでは日本人の入場と購入点数に制限をかけたくらいですからね。

時代は流れて少し前なら中国人による爆買いで銀座のデパートが中国人で溢れていたから、当時を知っている者にしてみれば時代は変わっても人間の欲望は不変なんだと気付かされますね。

でもそんなブランド品も流行り廃りがあって時代の流れに伴って栄枯盛衰を繰り返しています。一昔前に爆発的なブームを起こしたけれど、今では手にするのもはばかられるバッグやアクセサリーを1つか2つはお持ちではないでしょうか?

例えば「コーチのバケツバック」「グッチのバンブー」「MCMのトートバッグ」「プラダのチェーンショルダー」などたくさんありますね。世代によって流行りのブランドも違うでしょうが、40代から50代ぐらいならばエルメス、シャネル、ルイビトン、グッチ、フェラガモ、フェンディ、ブルガリ、ラルフローレン、バーバリー、クリスチャンディオール、ティファニー、カルティエ、ドルチェアンドガッパーナ….etcもう数え切れないほどのブームがありましたね。

デザインを次から次えと新しくするメーカーから、何十年もずっと変わらない定番商品を売り続けるメーカーまで様々ですね。弊社ではどの高級ブランドでも正規品であればメーカー名を問わずに、全て買い取り対象となっております。

『ずいぶん前に買ったから古くてダメかしら?』とか『こんなデザインは流行遅れだから無理かな?』あるいは『ハワイの直営店で買ったんだけれど、ギャランティカードをなくしちゃったら買い取りはダメかな?』などと思い込まずにどんな場合でも諦めずに一度ご連絡下さい。

痛みや汚れがある場合でも程度によっては買い取らせて頂きます。古くても価値が変わらない、場合によっては古いデザインでも今では製造されておらずにプレミアが付いている事もあり得ます。

繰り返しますが、貴方が不要な物でもどこかで必要としている方がきっといるはずです。先ずは弊社までご連絡お待ちしております。