ipod買取

ipodを買取

90年代の後半から0年代の初頭にかけて、アップル社は経営危機状態に陥っておりました。起死回生を狙った同社は一度は放逐をした創業者のスティーブ・ジョブズを呼び戻すことになるのですが、そのジョブズが復帰第一弾の新製品として発表したのがiPodです。

iPodはその優れた記憶装置により、何万という単位にて楽曲の保存・再生をするということが可能となっており、またアップル社の提供する音楽配信サービスiTunesより楽曲を購入するというシステムを採り、その革新性からたちまち世界中にて大ヒットをいたしました。これにより同社は危機を克服し現在に至っております。現在までにiPodは計5種類のものが発売され、現行品はshuffle、nano、touchの3つのものがございます。

現在当社ではこれらiPodの買取を強化しております。特に新しい製品に関しましては高額買取をさせていただいているのですが、古い製品でも買取自体は可能となっておりますので、製品のお持ち込みの方をお待ちしております。

無料査定はこちら

ipodの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
ipodを弊社に売る前に、購入年・製品名・新品?未使用?中古品?などをしっかりと把握しておいて下さいね!
■付属品
Apple EarPods
Lightning – USBケーブル
Apple Earphones
iPod shuffle USBケーブル
クイックスタートガイド
※附属品はございますか?
「状態、不具合の有無」
充電してもすぐ放電したり、充電中に異常に熱くなったりしませんか?
本体にキズや割れはありませんか?
予備のバッテリーはありますか?
充電コードやイヤホンの連結などに問題はありませんか?
音はきれいに聞こえますか?
雑音や音の割れなどはありませんか?
使用上に問題となる不具合はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

「ipodの宅配買い取り方法」
ipodの宅配買取り方法は、普段良く利用される宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

ipodの買取製品!

Apple

ipod Apple

インターネット・デジタル家電製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業のApple。
「Appleの買取対応製品」
iPod nano(シルバー、ピンク、ゴールド、ブルー、スペースグレイ、レッド)
iPod shuffle(シルバー、ピンク、ゴールド、ブルー、スペースグレイ、レッド)
iPod touch(シルバー、ピンク、ゴールド、ブルー、スペースグレイ、レッド)
iPod shuffle(シルバー、ピンク、ゴールド、ブルー、スペースグレイ、レッド)
iPod mini
iPod classic

「ipodとは?」

ipod

ipodというのは、マッキントッシュでも有名なアップル社が開発した音楽プレーヤーのことです。携帯型で高音質なので、持ち歩いて音楽を聴いているという人も多いでしょう。ipodがなぜ人気なのかというと、高音質というだけではなく、たくさんの曲を保存しておくことができるからです。種類によっても変わってくるのですが、最低でも数百曲、多くなると1万曲以上を保存することが可能になっているので、かなりの大容量だと言えるでしょう。

特に通勤や通学途中に音楽を聴く人が多いのですが、最近はスマートフォンで音楽を聴く人も多くなっています。しかし、スマートフォンはすぐバッテリーがなくなってしまうので、音楽はipodで聞くという人も多いと言えるでしょう。人によっては通勤の電車やバスの中で、ipodで音楽を聴きながら、スマートフォンでインターネットに接続しているという人も多くなっています。ipodは値段にもある程度幅があるのですが、安い物も存在しています。

安い物でも1万円以上はするのですが、高い物になると5万円前後するような商品も存在しているのです。最近は中古でもよく販売されているので、もっと安く購入したいという人は、中古で購入することをおすすめします。しかし、ipodは中古でも比較的人気があるので、店によってはすぐに売り切れてしまうことも珍しくはありません。店頭で中古のipodを購入するのが難しい場合には、インターネットへ接続し、オンラインショップで購入するのがおすすめです。

オンラインショップであれば、比較的中古であっても売り切れてしまうことは少ないと言えるでしょう。もちろん新品のipodも売られています。値段は高い方が高性能で、再生時間や記憶容量も高くなっているのが一般的です。ipodを購入する場合、この再生時間と記憶容量が最も重要になると言っても過言ではありません。よく比較をして、自分に合った種類のipodを購入するのが最もよい方法なので、あまり値段ばかりにこだわってしまうと、安物買いの銭失いになってしまうこともあるでしょう。

無料査定はこちら