ノマドを辞めたら、パソコンは弊社にお売り下さい!

ノマド

 『ノマド』ってワードを覚えていますか?車の名称じゃないですよ。ノマドとは2012年頃に流行ったワークスタイルで、折しも当時は携帯電話やモバイル環境が整いつつあった黎明期だったので、それらの機器を駆使してカフェや公衆wi-fiを利用して事務所も持たない労働者の事です。(元々の意味は「遊牧民」です)もっと前から言われている『SOHO』の貧乏版とでもいえますね。
 世の中にネット関連が普及するに伴ってノマドやSOHOのフリーランスで、会社勤めしなくても食べていけるぐらいネットで稼いでいる人が増えました。自宅でもカフェでも漫画喫茶でもPCと電源とネット環境さえあれば仕事になる訳ですから、誰だって憧れますね。そして脱サラ(死語ですね)して起業してパソコン(これも死語になりつつありますね)をノートブックなどか買い替えてマックや図書館でノートブックのキーボードをカタカタと叩きながら仕事をこなす、その時代ではとてもかっこいい仕事だったのです。
 しかし、現実はそれ程甘くなく、継続して仕事を続けられ無くても挫折する人が沢山出てしまいました。それもそうなんです、簡単に考えればいくらPCスキルがあっても大手のクライアントが会社の重要なデーターを、フリーランスの人間に預ける訳ないし、どうしてもどうでも良い程度のデーター処理ぐらいしか依頼できませんね。
 それにクライアントが1社や2社程度では話にもならず、幾つものクライアントを受け持ってようやくフリーターの月収程度の収入では喰っていけません。かなり高い技術や、スキルを持っていても、仕事を取ってくる営業力や自分をプロモーションする力が無ければ新規の顧客獲得や、継続して高クォリティーの仕事をこなす事さえままならず、力を発揮できずにフリーランスの厳しさを知る事になったのです。
 やはり会社という組織に守られながら仕事をする事に慣れた人間はフリーと言う名の荒波に飲み込まれて世間の厳しさや起業の難しさを知らされたのでしょう。

 『俺もノマドワーカーだったけど、もう廃業したよ』とか、『マスコミに踊らされて飛び付いたけれど、ここらが潮時かな』などとお考えでしたら使わなくなったPCやPC関連パーツは弊社にご売却下さい。PC製品は全て製造されとから、日にちの経過に比例して価格が下落していきます。手放すなら一日でも早い方がお得です。