ヒアリングマラソン買取

ヒアリングマラソンを買取

ヒアリングマラソンといえば、英会話の教材で知られているのですが、最近は小さな うちから英語を学ばせようとする親が増えています。
ある程度の年齢になってしまうと、語学というのは覚えるのが難しくなるのですが、 ヒアリングマラソンでは書き取りをして勉強をするというよりも、聞いて覚える教材 がメインとなっています。
教材というのは教科書のようなものというイメージを持っている人もいるでしょう が、聞いて覚えるのですから、CDなども教材に含まれているのです。
このように聞いて覚えるCDの教材であっても、弊社であれば買取が可能となっていま す。
本を売る場合、購入したときに付属されていたCDであれば一緒に買取ってくれること もあるでしょう。
しかし、CD単体で買取をしてくれるところはまずありません。
もちろん弊社でも本に付属されていたCDでは買取が難しいのですが、教材として売ら れているCDであれば、十分買取が可能です。
CDの場合には、とにかく傷に注意することが重要なので、傷をつけないようにするこ とが買取金額を上げるコツだと言えるでしょう。

無料査定はこちら

ヒアリングマラソンの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がヒアリングマラソンを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。

無料査定はこちら

ヒアリングマラソンの買取製品!

【アルク】

ヒアリングマラソン

英語・語学書総合出版社。
1000時間ヒアリングマラソン
ヒアリングマラソン・ジュニアシリウス

「ヒアリングマラソンとは?」
ヒアリングマラソン
アルクから販売されているヒアリングマラソンは多くの方々に利用されています。

英語は聞けば聞くほどそのまま身につくことから、1000時間ヒアリングマラソンの教材を利用して毎月新しい教材を1年間聞くことにより、英語を聞き流さず聞き貯めることができるようになります。

英語の学習は簡単ではないと考える人も多いでしょうが、前よりも少し聞き取れるようになったと実感しながら学習すればこそ楽しみを感じるという、大人の学習者たちのための学習法がヒアリングマラソンなのです。

英語が母国語でない私達としては、独特の英語のリズムやスピード、音を体で学ぶためには、ある期間集中して生の英語を聞き続けることが大切だといいます。

この一定の期間というのが、アルクでは1年に1000時間と考えており、この期間に集中して生の英語を聞き続けることができる教材を準備しています。

日本人がビジネスや社交、日常生活様々な場所で英語のコミュニケーションができるように、相手とのスムーズなやりとりができるようなリスニング力を養成することができます。

現在英語の学習を行なっていたとしても成果を感じることができないとしたら、それは「音と接している時間」が少ないからだとアルクは考えます。

大人になってから外国語を習得するためには、ある程度の量をこなして習慣的に学習しなければ難しいということなのです。

ピアノやスポーツなど何かに取り組んで学ぶためには、ある程度集中して投入しなければなかなか身につかない、という経験をした方は多いと思います。

そのために大人達が集中して興味を持ちながら英語の学習を続けることができるように、ヒアリングマラソンでは興味の沸く様々なシーンやジャンルを準備しています。

例えばアメリカのオバマ大統領が来日して広島を訪問した時にスピーチを行ないましたが、その場面を見ながら聞き取ることができたらどんなにいいかと思った人も多いかもしれません。

このように現在注目されている内容やイシューとなっている内容について、ワクワクしながらヒアリングを続けることができるような充実した話題で作られています。

だからこそ1年間1000時間を集中してヒアリングマラソンを実践してみると、ある日突然英語を聞き取れるようになっている自分に気がつくかもしれません。

英語学習の専門家であるアルクが勧める、最も楽に英語を身に付けることができる方法です。

無料査定はこちら