電話査定の際は、スマホはスピーカーにされた方がGOOD!

電話査定の際は、スマホはスピーカーにされた方がGOOD!

今これを読まれているお客様はパソコンですか?それともスマホですか?最近スマートフォンの普及は凄まじい勢いで浸透してきていますね。

今このサイトもスマホ経由で読まれている方々の方が比率が高いのかもしれません。そこでひとつ困った問題が多発しているので、ボスから直々に『スマートフォンに関する注意文を書け!』と指示が出されたので買い取り依頼をスマホで連絡してくるお客様に向けて実際あったケースをご紹介致します。

様々なお客様からお問い合わせの連絡を頂戴いたしますが、この類の業種なので色々伺う点がございます。

特に重要なのが『いつ購入したか?』『状態ははどうか?』なども大切なのですが、こちらが一番知りたいのは正式な商品名と型式なのです。これが分からないと正確な値段の付けようがありません。

しかしながら問い合わせの電話を片手でスマホを持ちながら通話されると、商品を調べたり動かしたりするのが必然的に片手になってしまいます。大きな物なら動かし辛いし、小さな物なら落下の恐れがあります。

この前実際にあったケースはウルトラノートのパソコンで、せっかくご売却を決断されたのに型式ナンバーを伺っている途中に落下してしまい、売却直前に壊れてしまい買い取り不可になってしまった不運なお客様がいらっしゃいました。

また別のケースは厨房機器の売却されるお客様で、通話中に片手で作業していたらスマホをコンクリートの地面に落下して、iPhone7の画面が割れてしまいました。

これらはお金だけ失うパターンですが、あるお客様はスマホ片手で通話中に測量用の三脚を製造シールを探している最中に自分の方に倒れてしまい、ケガをされてしまったケースも御座いました。

幸い直撃は免れたのでケガの程度は軽かったけれど、こちらとしても申し訳無い気持ちでいっぱいになりました。

特に最近の潮流として大画面のスマホが多いので、買い取り依頼や問い合わせの時は『ハンズフリー通話』でお願いします。

スピーカー経由の通話ならば両手が使えますので先ほどのような惨事は回避できるはずです。

ですのでお問い合わせ等でお電話される場合には『必ずスピーカーでお話下さい!』それがお客様も弊社とも安心してゆっくりお話できますし、不慮の事故やケガに合わずに済みますので、よろしくお願い申し上げます。