税務課について

税務課について


民間企業で税務課を設けているところはまずないでしょうが、市区町村や都道府県では必ず設けられています。そのため、都道府県や市区町村のホームページを見ると、必ず税務課のページが存在しています。税務課という部署ではどのような業務を行っているのかというと、住民税に関する相談や、税金に関する不服の申し立て、税理士に関する業務などが中心となっています。

基本的には市区町村や都道府県に納める税金のこと全般についての業務を行っているということです。民間の人は、あまり税金のことについて詳しい人はいません。なぜなら日本の税金というのはとても分かりにくいシステムになっており、専門家でなければ知らないことがたくさん存在しているのです。そのため、ホームページで説明を読んでも、わからないことが多いと言えるでしょう。

だからこそ税理士という専門職の人が存在しており、税務課という部署が設けられているのです。税務課には通常税理士も勤務しているので、税金に関する相談を行うために役場や県庁などに相談をしに来る人もいます。相談の場合には事前に予約をしておく必要があるので、このような詳しい点もきちんと確認をしておきましょう。最近はふるさと納税に関しての相談が多くなっています。

滞納者から差し押さえた動産について

あまり知られていないことなのですが、実は住民税を滞納してしまうと、財産差し押さえを強制的に行われることもあるのです。時代劇などでは、よく借金の返済ができないと、家具などを強制的に取られてしまうシーンを見かけますが、このようなことを平気で行えるような社会になっているのが今の日本です。正直サラ金がかわいく思えるほど取り立てが酷い場合もあります。

では、どのような物を取られてしまうのかというと、ありとあらゆる品物を取られてしまうのです。家具類や電化製品などの生活必需品から、車や不動産まで取られてしまうので、一切情け容赦がないと言えるでしょう。国民の税金で生活をしている自治体が、国民を苦しめているというのが現在の日本なのです。では、強制的差し押えた物はどうなるのでしょうか。

実は競売などにかけられ、そのお金が税金として納められて、自治体や執行官などの懐に入るようになっているのです。安い物の場合には、競売ではなくそのまま売られてしまうこともあるでしょう。しかし、車や不動産などは通常競売にかけられるのです。競売で売ったお金のうち、本来支払うべき住民税の金額を超えた場合には、返還される仕組みになっているのですが、このようなことが現在でもまかり通っているのです。

インターネット公売とは?

インターネット公売とは?

差し押さえられた不動産などの物は、近年インターネットを使って競売などに出されているのですが、公共機関競売を行う場合には、公売と言われています。そんな公売もインターネットで可能になっているのですが、公共機関に競売を行っているところはありません。そのため、民間企業に売却されることになるのですが、競売というのはオークションのような物なので、必ずしも落札されるとは限りません。

ただし、公共機関が行っているというだけでも注目する人が多いので、一般の人が利用するオークションに比べると、遥かに落札される可能性が高くなっていると言えるでしょう。以前はインターネットなどなかったので、もちろん利用されていませんが、2004年から東京都がヤフーオークションを利用して公売を開始したことに始まったと言われています。

どちらかというと、不動産と言った高額な商品落札されやすい傾向にあり、安い商品というのはどちらかというと落札されにくくなっている傾向にあります。もちろん公売はオークションでなければいけないというわけではありませんが、高額商品を少しでも高く売るために有効的なのがオークションなのです。だからこそインターネット公売利用する自治体増えてきたと言えるでしょう。

税務課の皆様!ネット公売で出品する前に当店に査定を!

税務課の皆様!ネット公売で出品する前に当店に査定を!

公売の方法は、オークションでなければいけないと決まっているわけではありません。どのような方法で売っても問題はないのです。しかし、業者によっては差し押さえた製品買取をしてくれないところもあるのですが、弊社では公売のための買取も行っています。人様から強制的に取り上げた物を買取するのは確かに気が引ける部分もあるのですが、弊社では個人や法人はもとより、公人からの買取受け付けているのです。

もちろん他の品物と同じように、高い金額で買取できる商品もたくさんあります。少しでも高い金額で買取を行うことで、無理やり取り上げられた人のところにも、余った分のお金が返還されやすくなるのです。何でも買取が可能というわけではありませんが、多くの品物を高額買取しているので、インターネットを利用したオークションなどで購買を行うに、弊社で査定をしてみてはいかがでしょうか。

オークションは相場よりも高く売れる可能性もあるのですが、最悪落札されずに1円にもならないというデメリットもあります。当然中古品なので、出品価格もある程度低くしないといけません。その点弊社で査定をすれば、普通に高い金額で売れる可能性が高いため、1度査定をしてからどのような方法で購買するのかを決めても遅くはありません。