高圧コンプレッサー

高圧コンプレッサー買取

小型の製品のみ買取可能。大型製品は近場のみ買取可能!

高圧コンプレッサーの売却、買取りのコーナーへようこそ!
工場、現場で活躍する高圧コンプレッサーを専門に高価買取いたしております。
工場の棚卸しで余剰在庫を抱えていませんか。古くなり使わずに置き去りになっていませんか。業務縮小でコストダウンの必要があり、無駄な設備はおいておけない、など・・・そんな中古品を弊社は、高価買取が可能です!
中古品、未開封品、あらゆるメーカー、機種も買取可能!単品、複数台でも対応可能!
到着次第、査定担当者がしっかりと高圧コンプレッサーを検品・査定後、買い取り金額をお振込みいたします!
高圧コンプレッサー 検品中

高圧コンプレッサーの買取を利用したお客様の体験談
高圧コンプレッサー買取 体験談

無料査定はこちら

買取可能商品

高圧コンプレッサーの買い取り対応製品

「日立(HITACHI)」
ポピュラーな製品ですが根強い人気!日本全国より宅配買取り中!
べビコン
EC1445H、ベビコン(BEBICON)、PA2000VH、三相200V/2.2P-9.5VD5/6、2.2P-9.5VD、2.2P-9.5VA6、E20U、11OP-8.5GB、3.7OU-9.5GB、3.7P-14VD5/6、3.7P-9.5VD5/6、3.7P-9.5VD、1.5OP-9.5GB、7.5P 9.5V 、2.2P-9.5VD5/6、EC1245H

「マックス(MAX)」
他社に引けをとらない商品ですが、弊社に売却可能です!
AK-HL1230EⅡ
AK-HL7900E、AK-HL1230E、AK-HL1230EⅡ、AK-HL1210EX、AK-HL1250E

「マキタ(makita)」
高圧専用モデルも充実!買取り強化中です!
AC460XL
AC400S、AC400SR、AC460XLR、AC401NXB、AC460XL、AC401NX、AC430XH、AC460XLB、AC430XH、AC3302/R、AC401XR

「アネスト岩田」
日本を代表する製品を数多く排出!弊社に売ることが出来るんです!
レシプロ
レシプロコンプレッサー、エンジンコンプレッサー、TLUE22B-14S、PLUE22B-10、5.5kwCLP55-8.5D、TLD75-10、SP-87P8 3.7Kw、TLUE75B-14S、TFP110BB-10、TFP110C-10、TFP75C-10、TLP110E-14、TLP110B-10、TLUE37B-14S、TLP55B-14、TLUE22B-14S、PLUE37B-10、TLP55B-10 、TLP37B-14、TFP37BB-10、塗師、PLUE15B-10、PLUE22B-10、TFP22B-10、PFUE07-10、OFP-071C、TLP15B

「明治(meiji)」
空気充填において高圧タンク技術がぴか一!弊社に売却できます!
APET-37DYS
type-GHO-5、中圧コンプレッサー、パッケージコンプレッサーAPET-37DYS、GKH-75C、GK-150、GK-55、GK-37、GKH-22、GE-22DS、GE-15DS

「富士」
エアー圧縮技術の富士製!宅配買い取り業務も行っています。
sW-75ESB
W-35、SW-75ESB、SW-55DS、SW-37DS、SW-55ESB、W-40MT、FS-110MT、W-75MT、SW-33ESB、ALTIA7.5kw、W-33MT、W-33/3相2.2kW、FS-15MT

「コベルコ(KOBELCO)」
重量のあるコベルコの製品さえも宅配買取りできるんです!
VS240AD
HM22AD-6b、スクリュー型コンプレッサーVS240AD

「精和産業」
ドレンバルブなど総合的に設計!この商品を宅配買取り業務致しております!
HC-1250N SC-22GR
SC-22GR、ハンディーコンプレッサーHC-1250N

「東芝」
東芝のトスコンも日本全国より宅配買取り可能です!
トスコン
トスコン(TOSCON)、MLP105-110T/MLP106-110T、SP145-110T/SP146-110T、ELP7D-4S、SP10D-15T

「リョービ(RYOBI)」
小型無給油式のリョービ商品も買取り強化中!
ACP-120H
ACP-120Hなど

<お電話・メールでの仮査定の際の注意事項>
商品の仮査定の際は、次の事柄を査定担当者にお伝え下さいますようお願い致します。
中古品、未開封品の高圧コンプレッサーを買い取り可能です。一般的な安価なコンプレッサーは買い取り不可能です。
査定時は、お電話ないしメールにてお申し込み頂き、メーカー名、製品名(型式)
製品名
購入年月、使用頻度、タフリール、エアホースなどの付属品の有無
外観の状態・不具合の有無
・グリップの一部が折れていませんか?
・本体外観に、錆・汚れ・擦り傷・凹みなどはないでしょうか?
本体
・本体カバーが欠品していたり、割れて破損していたりはしないでしょうか?
・ファン部分のカバーが切断されていませんか?
・本体カバー止めビスに欠品はないでしょうか?
・移動式の製品で片方のタイヤが欠損しているなどはありませんか?
電源スイッチのON/OFFは問題ありませんか?
電源スイッチ
・電源を入れると、ブレーカーが落ちることはありませんか?
・電源スイッチの調子悪いので、コンセントの抜き差しで電源のON/OFFを行っていませんでしたか?
・電源スイッチが脱落して内側に落ちているなどはありませんか?
*エアーが漏れる
ピストンがガタついていませんか?
  ガスケットが破損していませんか?
シリンダに損傷がありませんか?
カプラーの所からエア漏れはないか?
カプラー
エアホースに破れはないか?
エアホース
タンクユニットを直す必要がありそうか?
圧力調整ダイアルの操作通り圧は変化するか?またメーター面が小傷で見えにくくなってはいないか?
圧力調整ダイアル
作業終了後のタンク内のエア抜きは問題なく出来るか?
エア抜き
*動作音の異常
電源のスイッチを入れるとピーと音が鳴り続けるだけで、エアーをまったく貯めることができない状態では無いでしょうか?
  警告ランプは点灯しないか?
  ピストンが損傷していませんか?
  クランク部が正常に動作していますか?
シリンダが摩耗していませんか?
*本体からの異音
本体
ピストンベアリングのクランクが損傷していませんか?
安定した場所に設置していますか?
*タンクにエアーが溜まらない
ドレンコックは閉じていますか?
  ドレンコック
タンクに多量の水が溜まっていませんか?
シリンダが破損していませんか?
  エアーが漏れていませんか?
エア漏れ箇所
*本体が異常に振動する
本体を不安定な場所に設置していませんか?
車輪が摩耗したり、損傷したりしていませんか?
車輪
*エアーの、たまりが悪い
フィルターが破損していませんか?
フィルターの汚れ具合を確認下さい。
フィルター
ほこりやゴミで汚れていませんか?
内部基盤が故障していませんか?
*吐き出し温度の異常
クーラーが目詰まりしていませんか?
  ファンは正常に動作していますか?
・底面のファン羽根が折れていたり、ヒビが入っていたりはないでしょうか?
ファン
ファンが破損していませんか?
  ベルトが切れかかっていたり、緩んでいたりしませんか?
  ベルト
温度調節機構が故障していませんか?
*電流値の異常
セパレーターエレメントが汚れていませんか?
  セパレーターエレメントが故障していませんか?
セパレーターエレメント
*高圧圧力の異常
圧力は上がりますでしょうか?
圧力計
*基盤の異常
圧力に異常はありませんか?
  異音はしませんか?
途中で本体が停止しませんか?
*潤滑油不足による故障
モーターは正常に回転しますでしょうか?
  モーターが焼きつきを起こしていませんか?
  温度が異常に上昇していませんか?
シリンダやピストンが摩耗、損傷していませんか?
*くみ上げに時間がかかる
本体内部のシリンダやピストンに摩耗、損傷はありませんか?
高圧ホースに穴やキズ、破れはありませんか?
高圧ホース
*基盤が良く故障する
電圧が足りない場所で作業していませんか?
  チリなどの多い場所で使用していませんか?
基盤不良ではないですか?
*気圧の異常
ピストンリング、シリンダが損傷、摩耗していませんか?
  エアーが漏れていませんか?
  ピストン、ロッド、クランクにガタがきていませんか?
  圧力計が故障していませんか?
*本体の破損
機種によっては取っ手の溶接が甘く、外れやすい不具合がある。
持つ部分
*電圧がよく低下する
他の機械と同時に使用していませんか?
  長い延長コードを使用していませんか?
基盤が故障していませんか?
*オイル漏れによる故障
内部のシリンダが摩耗していませんか?
  シール部が劣化していませんか?
エンジンが焼きつきを起こしていませんか?
  リキッドタンクが目詰まりを起こしていませんか?
リキッドタンク
*その他
・エンジン式はリコイルでエンジン始動は可能か
・リコイルの紐などが切れ掛かってはいないか?
またエンジンを掛けると大量の白煙などは出ないか?
エンジンをかけて10秒程度で、モーターが過熱し、停止しないか?
キャブレターからガソリンは漏れないか?(※オーバーフロー)
エンジン側ベルトカバーが酸素で切られていて、エンジンの載せ替え歴はないか?
エアフィルターにコックが無いのでネジをつめてエアーを溜めていないか?(必ずエアーが漏れます。)
エンジン式
動作不良のため、オーバーホールなどをした事はないでしょうか?その際は、あればで構わないので証明書を必ずお付け下さいませ!
・レギュレーターのつまみが割れてドライバーで回して調整していないでしょうか?
不具合などがあります場合は、以下の様にメモをお付け頂きますと査定がスムーズになります!
コンプレッサー 不具合メモ
お客様の都道府県などを査定担当者までお知らせ下さいませ!
比較的新しめのモデルや元値が高額な業務用の高圧コンプレッサーでしたら買い取り可能でございます。
買取りできない高圧コンプレッサーもございますので担当者までお気軽にお問合わせ下さい。

高価買取のポイント
以下に、高圧コンプレッサーの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※ホームセンターなどで購入出来るエントリーモデルは買い取り出来ない場合がございますので、お電話かメール査定にて、メーカー名、製品名、型式型番、ご購入日を正確にお伝えください。
※新品に近いものほど高額査定となります!同ページの点検項目をご参照頂き、全て問題ないようであれば高価買取りをご期待頂けます★
※仮査定の申告と現物を見て相違がある場合は査定額に影響してまいりますので、必ず売却、発送前にピストンリング、ガイドライナ、シリンダの磨耗状況、ピストン内やクランクのベアリングの状況などしっかり点検、お掃除をお願い致します。
仮査定時のお申し出と違うケース
※外観に異常は無いと聞いていたが、グリップ部やハンドルに曲がりが見つかった。
※完品と聞いていたが吸入フィルタが無いまたは破損して使える状態では無かった。
※タンクに異常はないと聞いていたが、タンク内部に錆が見つかった。
※聞いた内容とは違いゴムパッキン等の樹脂部の劣化が激しく、使用に支障があった。
■買取前の清掃の注意事項■
内部の清掃時や本体周りの清掃時は燃料を抜き、電源やバッテリーは必ず切ってから清掃をお願い致します。
清掃を行う場所は、埃が出やすい場所や水の近くでないか、雨が降っていないかなどを確認してから清掃を始めて下さい。
内部の清掃時は消耗品が摩耗、損傷していないか、接続されている部品に曲がりや腐食、破損などないか等チェックして下さい。
劣化、損傷等している場合、強い力、エアーなどを使っての掃除や部品の取り外しを行いますと部品が破損する場合がございますのでご注意くださいませ。
内部が汚れで詰まっている事がとても多い為、詰まっている個所に対してはコンプレッサーでの掃除方法が比較的簡単です。
外したネジ等の細かい部品や大きめの部品を無くしたり、組み立てを間違えない様に注意して分解清掃をお願いします。
電源部は水やほこりに弱い為、清掃時には埃が入らない様に注意して下さい。
燃料タンクなどは特に清掃の必要はございません。
電源コードやバッテリーは、乾いた布で周りを拭いて下さい。
この際にコードの損傷やバッテリーの接続部に異常がある場合はその部分は避けて清掃をお願い致します。
気付かずに清掃を行いますと、損傷が拡大、思わぬ事故につながる可能性がございます。

<高圧コンプレッサの宅配買い取り方法>
縦横高さの3辺合計が160cm以内の小型の高圧コンプレッサーはゆうパックでの宅配買取となります。中古で使用されていた小型の高圧コンプレッサーは、付属の箱が無い場合は、郵便局窓口やコンビニにて数百円で箱が購入出来ますのでそのまま入れて、ゆうパックでお送り下さいませ。
元箱 梱包
大型の業務用などの高圧コンプレッサーの場合は西濃運輸(カンガルー)さんでの宅配買取になりますので、当社査定担当者もしくは最寄りの西濃運輸営業所の方と梱包につきましてご相談下さいませ。
物により梱包しなくてもイイ場合がございます。梱包される場合は、段ボール箱、または木枠にてなるべくコンパクトになるよう、梱包をお願いします。(小さくしたほうが運賃がお安くなりますので査定額がUPします。)
木枠 梱包
画像のように、梱包資材でグルグル巻くような感じでもOKですので!
グルグル 梱包

<高圧コンプレッサーの宅配買い取りの際の注意事項>
梱包の前には必ず、タンク内に水が溜まっていないか確認してください。
そして、ドレンコックからエアーや水抜きを必ず行ってから梱包してください。
オイル式の高圧コンプレッサーは、コンプレッサーが故障しない為にオイルが必要ですので、オイルは抜かないで梱包してください。
尚、オイル漏れがないか、きちんと確認してから梱包をお願いします。
オイルレスの高圧コンプレッサーは、オイルがないのでそのまま梱包してください。
外箱があるものは、本体と各付属品を箱に入れてから段ボールに入れてください。
外箱がないものは、本体と各付属品をエアパッキンで1つ1つ包み1つの段ボールに入れてください。
本体の各計器・ノズル・コック等、輸送中に破損したりしないようにエアパッキンや段ボールで保護してください。
コードやホースは、ばらばらになったり破損したりしないように結束バンドや紐で束ねてください。
また、段ボールに入れた時に隙間があると、輸送中に動いて破損してしまう事もありますので、隙間にエアパッキンや新聞紙を詰めてください。
大型の業務用高圧コンプレッサー等は、梱包が難しい・梱包出来ない事がありますので、運送会社に相談・依頼するとよいでしょう。

身元確認用に身分証明書のコピー1通(免許証で可能)とお振込先のメモを同封されてください。
電源、エアーホース、エアータンク部分の保護、梱包はプチプチクッション材(緩衝材)、段ボールなどでしっかりと固定して梱包をお願い致します。
ゆうパックは30万まで補償が自動的に効くようになっています。(それ以上50万円未満はセキュリティゆうパックがございます。)。西濃さんは運送保険に上限がありませんので営業所の担当者と打ち合わせをお願いいたします。
鹿児島での店頭買い取りの場合は梱包されずに、そのままで買い取り可能でございます。

中古の高圧コンプレッサーは屋外、現場などで使用されている場合が多い為、汚れがちですので買取り前に泥や油汚れなどできる限り綺麗に掃除をしておいて頂けますと査定額UPです。
高圧コンプレッサー 清掃
高圧コンプレッサーの作動確認の問題もありますので査定時に必ず50Hz(周波数東日本限定)か、60Hz(周波数西日本限定)か?そいれとも50/60Hz共有なのかもお知らせ下さいませ。

古物営業法許可を取得しております当社ではマキタや日立、MAXなどの小型タイプから、業務用のべビコンなどの大型タイプまで幅広く高圧コンプレッサーを買取りしております。
お仕事などでもう既に新しい高圧コンプレッサーを購入したから使ってないものがある・・・もうお仕事を辞めたから使ってない・・・余剰在庫がある・・・、
などなど
日本経済の合理化がすすむ中、コスト削減を行い、少しでも高額で売却されたいなら今がチャンスです、最大の売り時であります。
中古品は汚れやキズが付きやすい商品です。査定額は下がってしまいますが、ありのままの状態を担当者までお伝え下さい。
ご依頼主様のご要望にそって、お売りになりたい高圧コンプレッサーを極力高価買い取り致します!

無料査定はこちら

高額買取中の商品

MAX AK-CH1230EX 買い取り

MAX 本体上 側面 正面

「AK-CH1230EXの買取りの際の注意事項」
電源ケーブルに破損、断線がないかご確認ください。オプション品の44-44Kレンケツホースやエアチャックなどがあるかも同時に確認をお願いいたします。

マキタ AC460XL 買取り

AC460XL

「AC460XLの買取りの際の注意事項」
AC100V用ケーブルの損傷、コンセントの曲がり、変形特に使えないほどに変形していないか事前にご確認ください。減圧弁の圧力調整は機能できるかもご確認ください。

日立 EC1445H 買取

EC1445H

「EC1445H買取りの際の注意事項」
オプション品の高圧エアタンク接続用ホースをお持ちであれば付属してください。動作状態で異音や異常騒音はないかご確認しておいてください。

日立 小型高圧コンプレッサー EC1245H 買い取り

EC1245H

「EC1245H買取りの際の注意事項」
圧縮弁の動作はきちんと機能しているか、電源ケーブルの断線、破損はないか、タンクのエアー漏れはないか、取説や保証書などの確認をお願いいたします。

日立 べビコン PA2000VH 買取り

PA2000VH

「PA2000VH買取りの際の注意事項」
電源部の損傷はないか事前に確認されてください。時折断線していることがあります。エアーフィルターの汚れ具合も確認いたします。その他付属品に不備がないかご確認ください。

マックス エアコンプレッサ AK-HL1250E

AK-HL1250E

エアコンプレッサ AC401X

エアコンプレッサ AC401X

エアーコンプレッサ EC1443H

エアーコンプレッサ EC1443H

アネスト岩田 レシプロコンプレッサー

アネスト岩田 レシプロコンプレッサー

AIRTEC エアーコンプレッサー BCP-58

AIRTEC エアーコンプレッサー

マキタ 小型高圧内装用 AC400S

AC400S

富士コンプレッサー

富士コンプレッサー

アネスト岩田 SP-22PB

アネスト岩田 SP-22PB

マキタ AC460X

マキタ AC460X

アネスト岩田 CLP37C-14

アネスト岩田 CLP37C-14

エイシン ES POWER EC-225PC

エイシン EC-225PC

アネスト岩田 SP-22PB

アネスト岩田 SP-22PB

ベビコン 0.20P-5S1

ベビコン 0.20P-5S1

高圧タフリール買い取り
高圧タフリール
マキタなどのメーカー品でしたら高圧タフリールも買取り可能です。担当者までメーカーと型式と使用頻度をお伝え下さい。

お客様の体験談

はじめて買取店を利用しましたが気持ちの良い取引ができました!
もう大工をはじめて30年以上経ちますが、この度はじめて買取店を利用しました。
今回は旧型のマキタの高圧コンプレッサーを買取りしてもらいましたが、買取価格にはとても満足することができたので、他の古くなった大工道具もいろいろ買取りしてもらうことにしました。
対応してくれた担当の人もとても親切で、今後も長いお付き合いができればいいと思っています!

故障していた高圧コンプレッサーでも買取りしてもらうことができました!
水道工事会社を経営しているものですが、最近現場で使用していた高圧コンプレッサーが故障したため、新しいものに交換しようと、いつも利用している買取店に相談してみました。
正常に作動しないものだったので、処分費用を取られることも覚悟していましたが、簡単に修理できるということで無事買い取ってもらえることになりました。
次回からは故障する前に買い替えようと思います!

コンプレッサー 買取体験談

高圧コンプレッサーのリユース事情

高圧コンプレッサーを弊社がリユースすることによって、大工さんなどの電動器具を使用して仕事をする職人さんたちを喜ばせることができます。
また職人さんを多く抱える建設業者様や水道業などの経営者様にお喜びいただくことができます。
職人さんは個人で道具を用意しなければいけない場合も多く、リユース品を利用することでかなり出費を抑えることができることになります。また経営者もリユース品の高圧コンプレッサーを選ぶことで、経費を削減できることになります。

高圧コンプレッサーの素晴らしさ

高圧コンプレッサーは大工さんや工事現場で働く職人さんたちには欠かすことができないもので、その素晴らしさは、場所を選ばず電動器具を使用できるというところです。
高圧コンプレッサーを必要とする人は大勢いて、職人さんを数多く必要とする現場ではたくさんの高圧コンプレッサーが活躍しています。高圧コンプレッサーはいろいろなメーカーが毎年新しい商品を開発・販売しています。

スタッフからのメッセージ

高圧コンプレッサーは、大工さんをはじめ工事現場で働く様々な職人さんの間では必要不可欠なもので、その他にも工場やガソリンスタンドやDIYを趣味とする一般の方たちにも幅広く利用されています。
高圧コンプレッサーは、マキタやMAXや日立をはじめ多くのメーカーが製造・販売していますが、弊社では正常に作動する全ての製品を対象に、どこよりも高く買取りしています!高圧コンプレッサーを売却する際には、迷わず弊社をお選び下さい!

コンプレッサーの買取実積

静岡県
工務店の棟梁様より、高圧コンプレッサーをまとめて買い替えるので査定して欲しいとのありがたい連絡をもらいました。メーカーはバラバラで、年式も程度も全部異なっているということだったので少々時間をいただいて、聞いた情報と写真から大体の査定金額を提示すると、今までにはないような高額査定をしてもらえたと商談成立となりました。

鳥取県
日曜大工が趣味という方より、まだ新しい日立製の高圧コンプレッサーの買取依頼をいただきました。 大金を出して買ったけれども、使用する機会がほとんどなく、やはり自分にはまだ早いので、高く売れるうちに買取りに出すことを決めたそうです。 ほとんど室内でしか使用していないということで、美品で年式も新しいということで高額買取りさせていただきました。

千葉県
工場で使用していたマックスのコンプレッサーということでしたが、正直状態はあまり良くないモノで、傷もかなり目立っているので、それでも引き取ってくれるの?という問い合わせがきました。 動作に問題なければ買取りは可能ですと伝えると、買取金額は任せるのですぐに商品を発送するということになり、2日後に商品が到着しました。

愛知県
マキタの高額買取中の高圧コンプレッサーの買取依頼をいただきました。 非常に程度が良くて、状態もとても良く年式も古くはないことから、買取相場よりも2割増し近くの値段を提示すると、昨日査定してもらった近所の買取店よりもかなり高い値段を付けてもらえたと喜んで取り引きしてもらえる運びとなりました。次回も弊社を利用して下さるとの事で良かったです!

コンプレッサー 買取実積

「高圧コンプレッサーとは?」
高圧コンプレッサー
高圧コンプレッサーとは、気体を圧縮されて圧力を高めて、それを連続的に送り出す装置のことです。
分かりやすいところでは、ガソリンスタンドや車の修理工場などでタイヤに空気を入れる時に使用している装置のことで、コンプレッサーには常圧と高圧がありますが、今では高圧コンプレッサーが主流となっています。
常圧コンプレッサーは値段が安いのが特徴ですが、音が非常に大きく使用する場合は周りに気を遣わなければいけません。
さらに30キロ程度の重さがあるので、持ち運びも不便です。
それに対して高圧コンプレッサーは、値段は高くなりますが、音が小さく重さも軽く、もちろん常圧も兼ねているので、どちらを購入しようか迷っている人には高圧コンプレッサーがおすすめです。
高圧コンプレッサーは、取り扱う気体により、エアーコンプレッサーとガスコンプレッサーに分類されますが、ガソリンスタンドや建築現場や工場などで一般的に使用されているのは、ほとんどがエアーコンプレッサーです。
高圧コンプレッサーをよく見かけるのは建築現場で、今では大工さんは金槌の代わりにエアー釘打機を利用して作業効率を高めています。
エアー釘打機とは高速で釘を打ちつけられる機械のことで、その動力となるのが高圧コンプレッサーです。
高圧コンプレッサーには小型、中型、大型のモノがあり、大きさや性能や用途によっても値段は異なります。
高圧コンプレッサーはエアー釘打機やタイヤに空気を入れる他にも、主にタイヤのボルトの付け外しや塗装工具などにも使用され、用途よって種類も異なります。
高圧コンプレッサーを製造・販売しているメーカーは数多くありますが、その中でもマキタと日立とMAXが3大メーカーと呼ばれているので、どのメーカーを選んでいいか分からない場合は、この3社から選べば間違いはないでしょう。
大きさや性能などによっても異なりますが、高圧コンプレッサーは新品で購入する場合は軽く10万円を超えるため、中品の需要も高く、中古品の相場は5万円前後で、中古品で比較的新しいものなら7万円〜8万円程度で購入できるようになっています。

電動工具高価買取