電動工具の掃除方法も売る前にお尋ねを!

電動工具

電動工具を長持ちさせるには、定期的なメンテナンスと掃除環境の良い場所で保管することが大切です。たとえ同時期に購入した工具でも、それらによって状態は大きく異なり、買取時の査定にも影響します。まずはきちんとした管理を行うことが大切です。具体的な掃除方法としては、各部位によって異なります。具体的に見ていきましょう。

まず、工具表面に汚れは付着していませんか?汚れている場合は、乾いた布や石けん水などをつけた布で拭き取りましょう。ガソリン・シンナー・石油・灯油類を使わないようにお気をつけください。また故障や汚れの原因となりますので、それらのものを付着させないようにしてください。

電源コードの部分は汚れていませんか?油等が付着した状態ですと劣化をまねきます。乾いた布で汚れを取り除いてください。

取り付けネジ部分は緩んでいませんか?掃除と同時に点検していただき、緩んでいる場合は締め直しをしてください。

電動工具にある風窓や吹き出し口は、きれいですか?塞がれていたり泥などが詰まっていたりすると、性能が落ち、故障の原因ともなります。点検して、汚れているようであればエアブラシや布などで汚れを取り除いてください。

また、電動工具にはモーターの中で電気を一方方向に流す役割として、カーボンブラシというものが装着されています。こちらは使うたびに摩擦が起きるので消耗品となり、定期的な交換が必要となります。工具によって型番がありますので確認を行ってから交換してください。

交換時はブラシキャップのネジを開けて交換するだけですが、その際は中に入っているホコリ等をエアブラシなどで払いましょう。また、カーボンはもともと2個ありますので、同時に取り替えるようにしてください。

以上のような掃除作業中は必ず電源を抜いた状態で行ってください。
保管の際は直射日光を避け、温度変化が少なく、湿度が低い場所を選んでください。
以上のような保守・点検・掃除をしていただくと性能が落ちずに長持ちします。しかし、もしお持ちの電動工具がご不要になった場合は、弊社の買取をご利用ください。状態がよく新しいものほど査定額は高くなります。

買取をご利用される場合、ご自分できれいにしていただければそれだけ査定額アップが見込まれます。ただし機械製品のため、故障してしまっては本末転倒です。弊社には電動工具買取専門のスタッフがおります。ご不明な場合はお気軽にお問い合わせいただければと思います。