鉄筋切断機 コードレスバーカッター買取

鉄筋切断機 コードレスバーカッターを買取

当社では、独自の買取サービスを取り入れているため、多くの商品を買い取ることができます。処分することを検討している商品がある場合は、当社にご相談下さい。一般家庭やオフィスで処分しづらい商品でも、当社では買い取ることができます。
たとえば、鉄筋切断機 コードレスバーカッターのような機械です。鉄筋切断機 コードレスバーカッターは、非常に性能の良い商品なので、さまざまな業界で需要があります。中古品であっても、高く評価されている商品です。
当社の場合、商品を買い取る業務の専門スタッフがいて、しっかりと商品の査定を行います。鉄筋切断機 コードレスバーカッターを持ち込んでいただいた後、商品の状態をチェックしていきます。査定を経ずに価格を決めることはありません。十分な査定を行うことで、高額での取り引きが可能になるのです。専門スタッフによる査定を行うため、提示する価格には自信があります。ただし、その価格に納得できないという場合は、買取の手続きを中止します。お客様が持ち込んだ鉄筋切断機 コードレスバーカッターは、きちんとお返しいたします。
鉄筋切断機 コードレスバーカッターは、損傷があると価値が下がってしまいます。損傷がひどい場合は、買い取ることができなくなるため、当社に持ち込まれる際は、しっかりと専用のケースなどに収納して、十分な梱包を行って下さい。キレイな状態で持ち込んでいただくことで、高額での買取が可能になります。

無料査定はこちら

鉄筋切断機 コードレスバーカッターの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売る前に購入年・メーカー・製品名・新品?中古?などをご確認お願いします。
■付属品
商品ケース
油圧オイル
充電器
バッテリ
バッテリカバー
バランススタンド
六角棒レンチ
スパナ
■オプション
替刃
※上記、付属品・オプション品は全て揃っておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈保管/使用状態の不良〉
・保管状態により部品が破損する場合があります。各部の点検を致します。
・保管の際は各部の清掃をし、ケース等に収納して保管されていましたか?
・高温多湿の場所や雨ざらしの場所、またチリやホコリの多い場所に放置されていませんでしたか?各部に汚れの固着や、錆び付き、カビの発生はありませんか?
・刃物やビットは交換が必要な状態でしょうか?
・長期保管の際に、バッテリー残量の無い状態で保管されていませんでしたか?バッテリーの劣化状態をご確認下さい。
・作業油は定期的に補充されていましたか?古い作業油を使用され続けますと、部品の破損に繋がる場合があります。
〈部品の破損〉
・各部に目立ったキズや摩耗、スレ等の損傷はありませんか?
・各部に汚れの付着や削粉の詰まりはありませんか?また取り除くことが可能ですか?
・刃物に折損や刃こぼれ、変形、亀裂はありませんか?
・アゴに損傷はありませんか?
・リターンハンドルに折損や変形、固着などの不良はありませんか?
・グリップに剥離はありませんか?
・押さえボルトに変形や傾きはありませんか?
・ワッシャーに緩みはありませんか?また緩んでいる場合は増し締めが可能でしょうか?
・各取付け部は確実に固定されていますでしょうか?
〈スイッチの不良〉
・正常に機体を駆動出来ますか?
・スイッチのロックが可能ですか?
・引金スイッチを何度か引き、指を戻すとスイッチが元に戻りますか?
・リターンハンドルは正常に動作しますか?
〈作業時の不良〉
・機能内の切断作業が正常に行えますか?
・切断に不良はありませんか?
・切断に時間がかかり過ぎることはないでしょうか?
・対象物の太さや直径に合わせて、押さえの位置調整が可能ですか?
・対象物を確実に保持出来ますか?対象物を十分に深くセットすることが可能でしょうか?
・スピード調整が可能でしょうか?
・切替スイッチが正常に作動しますか?
・ヘッド部の回転が可能な場合は、スムーズに回転しますかご確認下さい。
・作業中に機体から異音や異常振動はありませんか?
油圧式〈作業油の不良〉
・作業油を補充することが可能ですか?
・作業油注油口やタンク内に汚れの固着はありませんか?
・キャップは確実に装着することが可能でしょうか?
・作業油は正常に流油しますか?
・各部からの燃料漏れはありませんか?
〈バッテリーの不良〉
・バッテリーの充電が正常に行えますか?
・バッテリー充電器に破損はありませんでしょうか?また充電中は適正なランプ点灯が行えますか?
・充電時間が極端に長い、または充電を満タンにしてもすぐに電源が切れてしまうことはありませんか?
・バッテリーカバーに破損はありませんか?確実にロックすることが可能でしょうか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

■買取り前の清掃の注意事項■
*清掃の前にはスイッチを切ってから安全に行ってください。
*本体のゴミやホコリは固く絞った布できれいに拭き取ってください。
*充電機や充電接続部分にホコリやゴミがないようにきれいに掃除してください。
*ガソリン、シンナーなどの溶剤はプラスチックを溶かす作用があるので使用しないでください。
*モーターを無負荷運転させてゴミやホコリを排出させてください。
*各部のネジが緩んでいないか確かめてください。
*カッター部を取り替える時期になっていないか確認してください。
「鉄筋切断機 コードレスバーカッターの宅配買い取り方法」
鉄筋切断機 コードレスバーカッターの宅配買取り方法は、通常の宅急便でお願いします。
*鉄筋切断機 コードレスバーカッターの梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・充電器は、プチプチを使って2重〜3重に保護してください。
・スパナなど、破損の恐れが無い付属品は、ビニール袋等にまとめてください。
・バッテリーなど、破損リスクのある付属品は、プチプチを使い2重〜3重に保護してください。
・コードレスバーカッター本体は、プチプチを使って、2重〜3重にしっかり保護してください。
・丈夫なダンボール箱の底面に、丸めた新聞紙等を敷き詰めてください。
・上記のダンボール箱の中に、弊社にお送り頂く製品すべてを入れ、隙間を丸めた新聞紙等でふさいでください。
・付属品や必要書類の入れ忘れにご注意いただき、弊社宛に荷物を送ってください。
< br> ■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・元箱の中にコードレスバーカッター本体や、付属品などをお入れください。
・必要書類も元箱の中に入れ、箱全体をプチプチで2重〜3重にしっかり包んでください。
・プチプチの上に送り伝票を貼って、弊社宛に荷物をお送りください。
・元箱の強度に問題を感じる場合は、しっかりとしたダンボール箱の中に入れてください。
・ダンボール箱とお送り頂く製品との間に出来る隙間は、丸めた新聞紙やプチプチを使って、埋めておいてください。

無料査定はこちら

鉄筋切断機 コードレスバーカッターの買取製品!

オグラ

“オグラ"

電動油圧鉄筋カッター・鉄筋ベンダーなどの鉄筋・鋼材加工用の携帯式油圧機器を専門とするメーカー・オグラ。
「オグラの買取対応製品」
HCC-16HPW、HCC-613、HCC-16DF、HCC-19DF

イクラ/育良精機

イクラ/育良精機

「イクラ/育良精機の買取対応製品」
IS-SC16L、IS-SC19L

ロブテックス

ロブテックス

ロブテックスは、金属製品事業とレジャー事業を行なっているグループ企業です。
「ロブテックスの買取対応製品」
EHC-16PC

アーム産業

アーム産業

ロブテックスは、金属製品事業とレジャー事業を行なっているグループ企業です。

「アーム産業の買取対応製品」
TCC-16

「鉄筋切断機 コードレスバーカッターとは?」
鉄筋切断機 コードレスバーカッター
カッターの種類というのは非常に多くなっており、切断する材料や使用用途に応じて いろいろな物が販売されています。
大半の物は業務用となっているのですが、最近で はホームセンターやオンラインショップなどで気軽に手に入るため、個人であっても 業務用の工具やカッターなどを所持しているという人も多いでしょう。
鉄筋を切断す るためのカッターにもいろいろな種類があるのですが、今回はコードレスバーカッ ターという種類を紹介させていただきます。
コードレスバーカッターというのは、充電式鉄筋切断機とも呼ばれているのですが、 コードレスという名前が付いていることでもわかるように、コードが不要な鉄筋切断 機です。
コードがないということは、エアーの力やガスの力、充電をして使用するタ イプなどに限られます。
コードレスバーカッターは手で持って使用するタイプであ り、見た目はドリルによく似ていると言えるでしょう。
充電式なので、外で使用され ることが多くなっています。
外で電源を使用する場合には、モーター電源などを持ち運ぶ必要があるので、かなり の労力が必要になるのですが、充電式の物であれば、しっかりと充電しておけば電源 がなくても普通に使用できるので安心です。
ただし、充電をしてどれぐらい持つのか が重要になるのですが、最近は充電をすれば長時間持つコードレスバーカッターも多 くなっています。
1日中コードレスバーカッターを使っているということはまずない ので、十分作業時間内で使用することができるでしょう。
コードレスバーカッターだけではなく、今までの充電式工具というのは、使用してい なくてもどんどん放電してしまい、徐々に充電した電気が減ってしまうということが 一般的でした。
しかし、最近では自然放電を最小限に留めることができるコードレス バーカッターが主流になっているので、使用しない状態でどんどん電気が減ってしま うということがありません。
多少の放電はあるのですが、放電を極力減らしたことで も長時間持つようになったのです。

無料査定はこちら