空家の解体工事に電動工具が必要です。

電動工具

連日新聞やニュース番組を賑わせている日本の空き家問題。
この問題は、とても一時的なトピックスで終わるような問題ではありませんね。
一つの大きな原因は人口減ですが、それだけが原因ではなく、雇用の一極集中や、日本人の長寿命化、そもそも、住宅街が形成された頃の 法制度が、あまり日本の国のあり方にそぐわないものだったという専門家の研究結果すら出てくるほど、 非常に根深い複層的な問題なのです。

さて、このような種々様々な原因によって、今現在日本には820万戸の空き家があると言われます。
使えなくなってしまった空き家は、やがて持ち主によって解体され、更地の土地にして売りに出されるというのが定石ではありますが、 この10年ほどはそういった動きが非常に鈍化していたことも特徴でした。

理由としては、更地にすると資産としての価値が上がるため、固定資産税が上がってしまいます。 不景気で運用できる見込みがない以上、わざわざお金をかけてまで更地にする必要を感じる人は少ないでしょう。

しかし、あまりにも老朽化した空き家が、放火や崩落など、地域の安全を脅かしかねない事態になってきたのを受け、 政府は解体工事の補助金という政策を打ち出したのはみなさんの耳にも新しいところでしょう。

そんな折。
なんと幸運にも、国民の切なる願いであったアマチュアスポーツの祭典 2010オリンピック・パラリンピックが日本は東京で開催されると決定されました。

時も時、世界では、かねてからのブームが続いていたアジア地域だけではなく、特に今まで関心がそれほど高くはなかったヨーロッパ、 北米地域にまで、大変な日本ブームが巻き起こりました。
これには様々なきっかけがあったでしょうが、やはりオリンピック開催が日本に決定されたニュースが人々の興味を刺激した部分も大きかったと思われます。

日本を訪れる外国人観光客の数は、数年前についに年間2000万人を超え、その後毎年、数字を更新続けているという、 異常事態とさえ言える事態です。

そしてついに政府が「民泊認可」という英断に踏み切ったことを皮切りに、 全国の空き家が今、動き出しています。
民泊施設は全国ありとあらゆる場所に必要です。
今まで、売っても損をするだけ…と思っていた実家の土地に関して、業者から何件も問い合わせが入り始めた、というお話も珍しいことではなくなりました。

世はまさに、解体ブーム。
今こそ、解体のために必要な電動工具を、鵜の目鷹の目で全ての関係者が総ざらいにかかっています。
電動工具がなければ、どんな納屋のような小屋であっても解体など到底できはしません。
まず絶対に必要なのが電動工具なのですから、この加熱状態は当然です。

今こそ、お手元の電動工具の価値を今一度見直し、現金化するものは現金にしていくという動きをするまさにタイミングなのではないでしょうか。