数多くの台風で電動工具の需要増す!

電動工具

昨今は異常気象などと言われますが、まさに「観測史上初めて」という言葉が連呼されるような著しい台風被害が多発しています。テレビのインタビューでも被害に遭われた方々が口々に「今までこんな大きな台風はなかった」と言っているのをよく耳にしますね。年々台風は大型かつ変則的になる傾向があり、その被害は増すばかりです。

最近では2015年に鬼怒川が決壊する被害がありましたが、これは50年に一度の台風だと言われています。2016年では8月に4度も日本上陸があり、北海道や岩手を中心に甚大な被害に見舞われました。東北の太平洋沿岸に上陸したのは観測史上初めてとのことです。また西日本も沖縄や九州他で記録的な大雨暴風により、各地で川の決壊や土砂災害、建物や道路の損壊、さらに人的被害などが発生しています。

このような過去に類を見ないような大型台風の発生や進路の異変などは、実は日本周辺の海水温度が影響していると考えられています。温暖化により海水温度が高まり、水蒸気が大量に発生し、より大きな台風が発生となります。さらに北上しても海水温度が下がらないため、台風が温帯低気圧に変わらないまま北上を続け、北海道や東北地方にまで大きな被害が及ぶ傾向になっています。進路が予想しにくく、被害の防ぎようがないのが現実です。

こうした甚大な被害を復旧するのには、再建設に関わる多くの資材や関連用品が必要です。電動工具も例外ではありません。特定の地域でより多くの需要があるために電動工具の不足状態が続いています。

そこで電動工具をお持ちの皆様にぜひともご協力いただきたいと存じます。現在不要のものがありましたらぜひとも買取をご利用ください。法人様で複数在庫を抱えている場合も歓迎いたします。一台一台専門のスタッフが査定させていただきます。

今あるものを活用し、地域の再興にも貢献できるのがみなさまの電動工具です。ぜひ弊社の買取をご利用くださいませ。皆様のご連絡をお待ちしております。