彫金工具買取

彫金工具を買取

彫金工具とは、主に指輪やネックレスやブローチなどを制作するために使用される工具のことですが、不要になった彫金工具を高く買い取ってくれるお店を見つけることはかなり難しいことです。
新品の彫金工具を購入した場合に下取りしてくれる販売店はありますが、一般的な買取店では中古の彫金工具を取り扱っていないところがほとんどで、たとえ買取りしてくれたとしても二束三文で引き取られてしまうことになるでしょう。

一部の方たちは、ネットオークションなどを利用して中古の彫金工具を売買していますが、需要がそれほど高くない分、自分が希望している価格で取引きされるケースは多くはないようです。
弊社では彫金工具を高額買取りしており、これまでもプロの宝石職人さんや趣味でジュエリーなどを制作している人たちが便利に利用しています。

彫金工具は数多くのメーカーによって販売されており、種類も豊富に存在していますが、弊社では全ての彫金工具を対象に買取りを行っているので、単品からセットの売却までお気軽にお申込み下さい!

無料査定はこちら

彫金工具の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
彫金工具を売る前に、次の事などを弊社の担当者がお尋ねしますのでご確認下さい。購入年・メーカー・型式・新品?中古?などの詳しい状態。
■付属品
取扱説明書
コレットチャック
スパナ
カーボンブラシ
モータースタンド
シリコンリング
チャック
調整用スパナ
ビットスタンド
■オプション
フットコントローラー
フットスイッチ
※上記、付属品・オプション品は付属しておりますでしょうか?
などもお付け頂くと、もちろん査定UP!
「状態、不具合の有無」
〈紛失〉
・セット内容は全て揃っていますか?
彫金工具セット
〈損傷〉
・各接続部はしっかりと固定されていますか?
・刃類の交換が必要な状態ではありませんか?
・工具の先端部に潰れや折損、汚れの付着はありませんか?
彫金工具 刃先
・カッタなどの刃が摩耗していませんか?
・留め具やネジが緩んでいませんか?
・ピンセットなどが変形していませんか?
〈汚損〉
・グリス汚れはありませんか?
・削粉などの付着はありませんか?
〈変色〉
・着色や黒く変色した箇所はありませんか?
〈錆びつき〉
・各部に錆びつきはありませんか?
彫金工具 錆
・金具が腐食し、接続部が緩くなっていませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!
彫金工具の査定前に、不具合に気付いた際には以下の様に簡単なメモをお付け頂けると査定がスムーズです。
彫金工具買取 不具合メモ

彫金工具の高価買取のポイント
新品に近いほど、高額査定が付きやすくなります。
有名メーカーで元値が高い商品には高値が付きます。
不要になればいち早く買取りに出した方が、買取金額は高くなります。
一般的には需要が少ないため、弊社のような専門の買取店を利用することが、高価買 取のポイントです。
1つよりも2つ、3つと、一度に多くの工具を買取りに出した方が、査定金額はアップ します。
スパナやカーボンブラシなどの付属品があれば、全て揃えて買取りに出すことで買取 金額はアップします。
彫金工具の査定の申し出と違う事例
・付属品を全部揃えて発送すると言っていたが、調整用スパナが入っていなかった。
・オプション品のフットスイッチがあると聞いて査定金額をアップしたが、損傷があ り買取りできない状態だった。
・セットでということでしたが、全部揃っていなかった。
・接続部分に損傷があり、しっかり接続できない状態だった。
・ネジが緩んで締まらない状態だった。
・ピンセットが変形していて、正常に使用できなくなっていた。
・キレイにすると言っていたが、グリス汚れが確認された。
「彫金工具の宅配買い取り方法」
彫金工具の宅配買取り方法は、ゆうパックさんやヤマトさんなどの宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

彫金工具の買取製品!

「彫金工具とは?」
彫金工具

彫金という作業を聞くと、多くの方は頭の中で?マークが浮かぶかも知れません。
もしくは女性の方が聞けばジュエリーメイキングを連想するかも知れませんが、金属工芸というジャンルにおいて、彫金は欠かせない分野です。
やはり一般の方に知られているのはジュエリーメイキングとしての彫金で、文字通り金属を彫り上げることを意味します。

彫金には専門の工具が必要で、初歩的なものは東急ハンズなどでも売られています。
ただし、金属という硬度の高い材質を多く彫金するにはそれなりのプロツールが必要であり、インターネットで比較して購入するのがもっとも賢い選び方と言われています。
GOSHOやアライツール、コモキン、シーフォースといったあたりが専門的なメーカーで、性能・品質についてはこれらから選べばまず問題はないでしょう。

例えば、オリジナルリングを一つ作ってみたい、と思い立って彫金工具を購入しようとした場合、多くの方がここで挫折しがち。
それは、購入時に工具の用途や使い方、サイズ適正などがわからないまま購入してしまう事で、購入していざ使用となった時に難易度の高さで挫折してしまうようです。
こういった事を避けるため、彫金工具を購入する際はリアル店舗・ネットショップを問わず必ず質問してみることが肝要です。

主な加工が銀粘土(シルバークレイ)を加工する事が多い彫金ですが、安くても長く使える質の良い工具もあれば、非常に高価でもランニングコスト自体が高く、趣味ではとても使えないものまで多彩にあります。
こうした面で、最初から自分の目的・技量に適した彫金工具を一人で選ぶのはかなりハードルが高いのが現状です。
その為、使用していて彫金工具に違和感を覚える場合、その彫金工具が適切ではない可能性はかなり高め。
人間の手の感覚というものはかなり精密なセンサーでもあるので、違和感を覚える方は彫金士として優れた資質があります。
こういったケースの場合、自分の技量を嘆くのではなく、思い切って外部の情報に目を向けてみると結果が出やすい傾向にあるようです。

【URAWA】

「URAWAの買取対応製品」
UC-500C+UA13A、UC-500C+UA12A、UC-250C+UA14A、UC-250C+UA13A、UC-250C+UA12A、UC-900+UG42A、UA12A、UA13A、UA14A、UM211

【浦和工業】

高性能マイクログラインダーを製造販売しているメーカー。
「浦和工業の買取対応製品」
Minitor NEO、HD20A-SET

【E-style】

「の買取対応製品」
SU321/SMG-120U、SU322/SMG-107U

【下村】
「下村の買取対応製品」
DB-200H、DB-400N、SB-400N、DSB-400IV、SSB-400IV、DSB-500IV、SSB-500IV、DBV-100k、PC10A、PCM1

【Harp】
彫金工具・機械・用品の製造輸出入を行っているメーカー。
「Harpの買取対応製品」
輝楽ミニ 3000、9400、6400+9400、8200C、6400+DB200H、6200、8800SS、4700、4400、400、#3200、#5300、#6700DX、#6700、#3700、#6300、#H34、No.9700、No.9100D、No.2200、No.700B、No.4500C、H112

【Durston】
「Durstonの買取対応製品」
DRM-130、ミニミル80

お客様の体験談

彫金工具 買取体験談

「彫金工具とは?」
プラチナ、金、銀、銅、鉄、アルミなどの金属を主材料にして装飾や仏具、家具などの飾り金具などを彫るための工具です。

無料査定はこちら