当社は幅広い電動工具の梱包方法を熟知!

電動工具

電動工具の進化と普及に伴い沢山の工具を取り扱っておりますが、宅配便を使用する時の注意点がいくつか御座いますので、今回商品は電動工具の梱包方法についてお話致します。
 「電動工具を送ったのに、輸送中に衝撃を受けて破損してしまった」という事が稀にですが発生致しております。その上査定の金額も下がってしまうので、正に踏んだり蹴ったりですね。そんな悲しい事を避ける為には下記に注意して下さい。

①使い終わってそのまま送る
外せる部分は一つ一つ外して、緩衝材(プチプチ、新聞等)を利用して保護してください。
②緩衝材が明らかに足りない
たまにいらっしゃるのですが、ゴミ袋に電動工具一式をまとめて入れてあり、そのまま発送される事はお避け下さい。新聞紙や柔らかな布、ビニール等を丸めて、ダンボールにお詰めください。
③送り状に『工具』と一言だけ書く
大事な商品を安全に配送するため、ダンボールに「壊れ物シール」を貼って下さい。そして品名には『精密機器』など記してあるだけで、荷物を扱う人の注意力がアップします。
④改造してある
職人さんの中には電気工事をやられる方もいらっしゃり、工具のパワーアップや作業効率の為に改造をされてまま送られて来る事がありますが、売却される場合は元の状態に戻してお売り下さい。

 外での使用が前提なので汚れやすいのは仕方が無い事ぐらいは理解しておりますが、触ることさえ躊躇う程汚れている工具をそのまま送るの査定の減額になる事は有っても、増額になる事は御座いません。ご売却頂く前にある程度のキレイにして頂くことが高く売るポイントです。
 購入した際の外箱や梱包材、説明マニュアルや予備のバッテリーなど、付属品が全て揃ってご売却頂くと高額査定の対象となります。

 バッテリーにも気を付けて頂くだけでスピーディーに査定ができます。お送りいただい電動工具を査定する時には、ヨゴレやキスをチェックした後、動作確認を行います。その時に付属のバッテリーが切れていますと、点検作業の為に先ず電池の充電を行わなければなりません。その為に後回しになって査定も確実に遅れます。電動工具の売却前にはバッテリーの充電を行っておくと、査定時の点検確認がスムーズに行えるので、梱包前の充電をお願いします。(フル充電でなくても結構です)

 弊社スタッフは電動工具のエキスパートです。梱包方法から性能や市場価格まで全て熟知しております。どんな些細な事でもお答出来ますので、何か不明な点が御座いましたら遠慮せずにお問い合わせ下さい。