廃棄に困った電動工具は売却を!

電動工具

『電動工具の進歩と建築関連の工期短縮が正比例の関係が認められ、相関関係にある事が裏付けされてます』
何だか難しそうな言い回しですね。簡単に言えば「電動工具がどんどん便利になるに連れて、作業効率が上がり結果的に工期の短縮化に繋がる」と言う訳です。それぐらい現在の建築現場での電動工具は切っても切れないほどの存在です。さて、そこまで日常的に使用していれば、どうしても故障は避けられません。お持ちの電動工具が故障したら修理して使う場合もありますが、大量に普及してくれば本体価格も下落傾向にあるので買い替えるケースも多く見受けられます。
 買い替えた場合に意外と困るのが『電動工具の処分の仕方』です。金物の部分もあるし、プラスチックの所もあり、尚且つ電動なので回路部分もあるし、充電タイプなら充電式電池もありますね。特に充電池はリサイクルマークが張ってあるのでゴミ扱いするのも忍びないし・・・結局『何ゴミになるの』か気になりますね。
 答えは『自治体により異なる』んですね。不燃物として出せる所もあれば、粗大ゴミ扱いの所もあります。事業者としてのゴミからば産業廃棄物の扱いもあるので様々なんですよ。本当に面倒くさいですね。また、出し方が悪いと(ドリルの剥き出しや丸ノコの刃が見えるまま出すなど)集積所から回収されずに置きっぱなしなんて話もよく聞きます。
 では、どうしたら廃棄出来るかと言えば、手っ取り早いのが不用品回収業者に頼んで引き取ってもらう事です。(但し有料です)お金を払いたく無ければ自分でバラして分別するしかありません。手間をかけたくないから電動工具を使用しているのに、その電動工具を処分するのに、こんなに手間がかかるとは本末転倒です。そんな方々の為に弊社は廃棄予定の電動工具の買い取りも致しております。動かなくなった物や壊れて使えない物でも買い取り可能です。その理由は専門のスタッフが壊れた電動工具でも分解して必要なパーツを外し、そのパーツを使って別の電動工具を直す作業を行っております。ですので他の業者なら買い取り不可能な物でも、弊社では買い取り可能なのです。
 処分するだけの為にお金を払ったり、手間暇かけて処分するより、売却すれば時間もかからずお金がもらえるので、どちらが得かは簡単ですね。どんな場合でも出来る限り買い取らせて頂きますので是非一度ご連絡下さい。