工期が終わり不要な電動工具は売りましょう!

工期 不要 電動工具

町に出るとあちこちで頻繁に見かける工事の案内。特に年明け、年度末が近づくにつれて公共工事はピークをむかえます。また、いつまで続くのかと思うほど長い工事現場も見かけますよね。それらの工事の工期とはどのように計画され、決められているのでしょうか。

原則として工期は発注者、つまり公共工事では役所が決定します。各工程に必要な人数や作業時間を計画し、若干の余裕を持たせて設定します。しかし、しばしば工期が延長される場合があります。理由は複数ありますが、一般的の想定外の出来事が発生するのが主な原因です。

天気の崩れなどの不可抗力、その土地の地盤が想定とは違っていた場合、工事前にしておくべき電柱やその他の撤去作業がされていなかった場合、掘削後に予定外の配管や遺跡などが出てきた場合、管轄外で調整しなければならない事項が出てきた場合、配管設置などの他の作業との連携がうまく行われない場合など、さまざまです。その場合一旦工事を見送り、再計画後に再びとりかかることになりかねません。その場合、年度末の予算では賄いきれなくなり、新年度に持ち越しとなることさえあります。

こうした工期の遅れは地元住民にも多大な迷惑となり、なるべく避けたいものです。そしてほとんどの場合、工期遅延の場合の諸経費は工事を請け負う建設業者が負担しているのが現状です。

人件および人件費の確保、資材置き場の確保、他の事業とのスケジュール調整など、工期の遅れに伴う負担の重さは深刻たるものです。それらを考慮すると、なるべく計画内に全ての作業を終えたいものですね。

建設に関わる電動工具についても例外ではなく、工期通りに進むことが望まれます。もし工期が済んで、必要なくなった工具類をお持ちでしたら、弊社の買取のご利用をおすすめいたします。なるべく早くお申し出いただいた方がより高査定が期待できます。弊社では電動工具を高査定にて買取しております。複数お持ちの場合も専門のスタッフが一点ずつ丁寧に査定させていただきます。次の事業に向けて、不要の電動工具は速やかに弊社の買取をご利用ください!