リベッター買取

リベッターを買取

日曜大工を趣味とする人や、建築やものづくりを職業にしている人は、様々な種類の作業に合わせ、用途に応じた道具を揃えています。こうした道具は、特殊なものほど種類も少なく、そのぶん信頼できるメーカーから販売されているため、非常に耐久性があり、また道具の機能も高いものとなっています。 こうした道具は、その特殊性や普及の量から、価格の設定が高価なものが多く、そのため中古品を扱う市場でも需要の高いものとなっています。
リベッターという工具は、板金や金属の接合などにリベットを用いる際、少ない力でリベットを打ち込むためのものです。 リベッターは機械的精度が非常に高いのが特徴で、丁寧にメンテナンスをして使用すれば、長期間使用しても壊れない耐久性も持っています。
こうしたリベッターなどの特殊工具を手放したり処分する際は、工具を専門で扱う買取業者に買取を依頼することで現金に替えることが可能です。 電話やメールで事前に見積りをとることができ、商品の状態や使用頻度、または使用期間などを予め伝えておくと、買取がスムーズに取引できます。また、見積をとる際、各部の清掃や注油、また付属品や説明書などを揃えておくと、付加価値として査定金額のアップに繋がります。
また故障などの不具合があっても、部品取りなどの需要が有るため、買取の対象になります。
消費税の増税前に工具の買い替えなどを行う際は、古い工具を売ることで購入資金とすることができます。

無料査定はこちら

リベッターの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
先ずは、弊社の査定担当者にメーカー・製品名・中古?の場合は使用回数、新品?などを正確にお伝えお願いします。
■付属品
取扱説明書
バッテリー
充電器
専用ケース
アタッチメント
は、全て揃っておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈部品の破損〉
・落としたり強い衝撃による損傷はありませんか?
・ノーズピースなど、各部に緩みはありませんか?
・ノーズピース、ジョーが摩耗していませんか?
・ノーズピースの脱着が正常に行えますか?
・マンドレルコレクター/シリンダーが確実に固定されますか?
・マンドレルコレクターのツメに折れや変形はありませんか?
・マンドレルコレクター/シリンダーにマンドレルや汚れの詰まりはありませんか?
・トリガースイッチ/ハンドルレバーが固着していませんか?
・ジョーケースの組立が正常に行えますか?
・ジョー部分に切粉が溜まっていませんか?
・ハンドル、フリップに油汚れが付着していませんか?
〈電源の不良〉
・電源が入りますか?
・電源を入れると運転ランプが点灯しますか?
・モーターが正常に起動しますか?
〈電源プラグ、コードの不良〉
・電源コードに損傷はありませんか?
・コンセントに差し込んだ際にガタガタしませんか?
・コードの断線による接続不良はありませんか?
・コネクタが緩んでいませんか?
〈充電の不良〉
・バッテリー接触面が汚れていませんか?
・バッテリーの充電が正常に行えますか?
・充電状態に合ったランプが点灯しますか?
・充電時間、運転状態に異常はありませんか?
・バッテリー残量があるにも関わらず、電源が切れやすいことはありませんか?
〈作業時の不良〉
・正常にリベッティングが行えますか?
・切断されたマンドレルが確実に排出されますか?
・マンドレルが内部に詰まりませんか?
・作業中に異音はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

リベッターの高価買取のポイント
新品に近く使用頻度は低いモノほど、高額査定が付きやすくなります。
電動工具の中ではマイナーな商品であるため、弊社のような電動工具の専門の買取店 を利用することが、高価買取のポイントです。
取扱説明書の他にも、専用ケースやアタッチメントなどの付属品を全て揃えて買取り に出すことで、査定額はアップします。
他に不要な電動工具があれば、一緒に買取りに出すことで買取金額をアップさせるこ とができます。
状態の良いモノには高額査定が付きます。
査定に出す前には細部まで丁寧に掃除をす ることも、高価買取のポイントです。
リベッターの査定の申し出と違う事例
・正常に作動すると言っていたが、バッテリーがほとんどない状態だった。
・傷はないと聞いていたが、本体に目立つ凹みが確認された。
・電源コードに損傷があり、電源が入りにくい状態だった。
・コネクタが緩んでいた。
・充電ランプが点灯しなくなっていた。
・明らかにパワーが弱まっていた。
・リベッティングが正常に行えなくなっていた。
・モーターから異音が出ていた。
・ノーズピースが摩擦していた。
・ジョーケースの組立が正常に行えない状態で、査定金額通りでは買取りできなかっ た。
買取り前の清掃の注意事項
*清掃時には必ずスイッチを切ってから安全に行ってください。
*本体は固く絞った布でホコリやゴミ、クズをきれいに拭き取ってください。
*汚れている部分は中性洗剤と布を使ってきれいに拭き取ってください。
*ジョー部分は取り外して中の溝部分に入り込んでいる金属粉などを取り除いて掃除してください。
*組み立てるときには各パーツに潤滑油などのオイルを塗って組み合わせてください。
*エアツールの専用オイルをカプラー接続部から注入して保管してください。
「リベッターの宅配買い取り方法」
リベッターの宅配買取り方法は、ゆうパックなどの宅急便をご利用下さいませ!
*リベッターの梱包注意点
■宅配買取の梱包方法
*梱包の際には、リベッター本体と電池パック、充電器、専用ケース、取扱説明書、保証書などの付属品を揃えてください。
*専用ケースがある場合は、リベッター本体と付属品をケース内に収納しケース内で動かないようにプチプチや新聞紙を挟んでからケースを閉じてください。
*ケース全体をプチプチで梱包してテープで止めてください。
*ケースがすっぽり入る大きさのダンボール箱を用意してください。ダンボール箱とケースの間には丸めた新聞紙を詰めて輸送中の衝撃に耐えられるようにしてください。
*専用ケースがない場合は、リベッター本体、電池パック、充電器を別々に梱包してからダンボール箱に入れてください。
*充電器の電源ケーブルは輪ゴムなどで束ねてからプチプチで包んでください。
*充電器は破損を防ぐためプチプチで包んでからダンボールで覆ってテープで止めてください。
*電池パックはリベッター本体から取外してください。電池パックは衝撃に弱いのでプチプチで包んでからダンボールで覆ってテープで止めてください。
*リベッター本体は全体にプチプチを巻きつけてからダンボールで挟んでテープでしっかり止めてください。 *取扱説明書、保証書はポリ袋に入れてください。
*その他工具やアタッチメントがあれば個別にプチプチで包んでください。
*梱包したリベッター本体、電池パック、充電器、その他の付属品をダンボール箱に入れてください。
*ダンボール箱と内容物の間、さらにリベッター本体、電池パック、充電器それぞれの間にも丸めた新聞紙を詰めて破損を防いでください。
*コード式のリベッターの場合は、リベッター本体の電源コードを結束バンドなどで束ねたあと、コードレスのリベッターと同様の手順で梱包を行ってください。

無料査定はこちら

リベッターの買取製品!

POP

POP
「POPの買取対応製品」
ER600A、PRG540、PB2500-JP

ロブテックス

ロブテックス
エビ印のブランドで有名な、金属製品事業とレジャー事業を行なっているグループ企業。
「ロブテックスの買取対応製品」
ER300N、BR200M、BR200M、BR200MP、R1B1、R1B2、AR011P

「リベッターとは?」
リベッター
最近はいろいろな工具が存在しているので、普段からDIYを行っている人や、仕事で 工具をよく使っている人であっても、知らない工具がたくさんあると思います。
そん な工具の中にはリベッターと呼ばれている物もあるのですが、どのような工具なので しょうか。
リベッターというのは、リベットと呼ばれている金属製の金具を締めるた めに使用されています。
リベットは一般的なボルトやナットとは違い、1度締めたら 半永久的にそのままになります。
簡単に言えば釘によく似ているのですが、釘のように細く長いわけではなく、ある程 度短くて太い物になっています。
頭の部分が平型になっているタイプと、丸型になっ ているタイプが存在しているのですが、他にもいくつか存在しています。
このリベッ トを締めるために使用されているのがリベッターという工具なのですが、それほど頻 繁に使用されているというわけではありません。
そのため知らないという人や、見た ことがないという人も多くなっているでしょう。
リベットはリベッターを用いて締めるだけではなく、リベットハンマーと呼ばれてい る工具を用いて締めることもできますし、油圧プレスを使っても締めることが可能で す。
しかし、リベットハンマーを使うとかなり時間が掛かってしまうという欠点があ りますし、油圧プレスは機械の持ち運びが困難なので、どこでも簡単に持ち出すこと ができて、気軽に使用できるリベッターが最も使い勝手がよいと言っても過言ではあ りません。
それほど多くの種類が存在しているというわけではなく、ある程度メーカーも限られ ているのですが、種類によっては値段にある程度差が出てしまうこともあるのです。
最近ではインターネットでも購入することができるのですが、中古品も存在していま す。
しかし、中古品が販売されている店はかなり少ないので、インターネットで検索 しても難しいと言えるでしょう。
時々オークションでも売り出されていることもある のですが、やはり新品の方が多く発見できます。

無料査定はこちら