リニア新幹線工事で電動工具が必要です。

電動工具

超高速輸送が可能なリニアモーターカーは東京~大阪間の2045年全線開業を目指し、いよいよ工事が始まりました。

全長438キロを最高時速505kmでの高速走行が可能な「超電導リニア」での建設になります。東京~大阪間を最速67分で結ぶ計画ですから、まさに夢のような速さと言えるでしょう。

1962より始まったリニアモーターカー開発の歴史は古く、さまざまな技術開発や経済事情、さらに環境などの変化により本格的な建設着手までに多くの時間を要しました。その間に1990年代頃より地下鉄などの短い路線での営業運転が始まりました。新幹線に代わる長距離のリニアは国家プロジェクトとまで言われていたもののなかなか実現せず、結果的にJR東海により計画され、2014年暮れにようやく着工となりました。

このリニアの路線の建設地は、一都八県と京都、大阪を加えた膨大な地域に渡っています。ほぼ直線で作り上げる計画のため、一からルートを作り上げなければならず、非常に大がかりな工事になります。

最初に着工する品川~名古屋間では全長285キロのうち、ほぼ90%にあたるおよそ250キロがトンネルになる計画です。最長では実質的に40キロ以上もの距離をトンネルで走ります。しかしその長いトンネル内の所要時間はわずか10分以下ですから、いかに早いかがお分かりいただけるかと思います。

特に大都市圏の地下100メートルで大型のシールド工法による大深度トンネル工事や、南アルプスの山岳トンネル工事はそれだけで一大プロジェクトです。さらに駅の建設や線路周辺の整備、建設作業員の住居なども含めると、それは気の遠くなるような多くの工事が必要となります。

そのため、電動工具の需要も年々高まっています。そこでぜひとも活用していただきたいのが弊社の買取です。専門のスタッフが丁寧に査定を行います。需要があるものなので高額での査定が可能です。多くの不要な電動工具を抱えておられる法人様も大歓迎です。売り手市場の今だからこそ、有利なうちに弊社の買取をご利用ください。