ブルーシートも電動工具の梱包資材に活用可能!

ブルーシート

ブルーシートは合成樹脂で作られたシートのことで、建築現場や工場、下に敷くシートとしても使用しておられることでしょう。

ほとんどが青色であることからこの名前がついたようですが、アメリカではタープという呼び方が使用されているようです。 建築中の場所にカバーとして使用されたり、増築や補修工事中に使用されたり、建物内で床を保護するために使用されたりなど、あらゆる方面で幅広く使用されているようです。 またサイズが大きいことから屋外のレジャー用に使用されたり、工場や会社などでただカバーするための目的で使用されることもあるでしょう。

ブルーシートにも様々な種類があって、一般的には薄手で軽い物が多く、持ち運び便利なようになっています。 また外で長期間使用するためにはある程度の期間利用が可能なように、一般のものよりも厚手のものや難燃剤が添加された防災機能も兼任できるシートも存在します。 さらには断熱性も備えられた金属フィルムが加工されたシートや、通風性のあるスリットが加わったシートなどもあり、どのような場所でどんな目的で使用されるかによって選択することが可能でしょう。

このようなメリットを考慮して様々な場所で防災対策用品としても利用されています。 避難所を設営する時のシートとして、雨漏りを一時的にしのぐための防水シートとして、支援物資を一時的に保管するための場所を確保するためなど、緊急時にもあらゆる場所で利用されているのを見かけます。

ブルーシートの軽さや大きさなどの便利性を生かして、利用される方面は本当に多いことを感じます。 広げたらある程度の大きさがあり、折り畳むと小さくなり保管場所も取らない事から、前もって準備しておくにも便利で利用できる方面も多いシートですよね。

このように便利なブルーシートですが、その他にも利用することができますよ! 買取り製品をお送り頂く時に、電動工具のような包装が困難なものをブルーシートで梱包することで、製品を安全に保護してお送り頂く事ができるでしょう。

ケースがない電動工具や、刃が出ていたり箱に収納することができないような危険な工具を、破損や故障しないようにブルーシートで梱包すれば、ケースや箱がなくても破損の心配なく安全に送り届けることができます。

建設現場で使わなくなった電動工具を買取に出す場合、近くにあるブルーシートで梱包してお送り頂ければ、あれこれ梱包道具を探す必要もなく簡単に売却できて便利ですよ!