買取評価を下げる利用方法TOP10

買取評価 下げる

その① 煙草の臭いが付着している

現代社会は車社会と言われているように、車なしでは生活出来ないことがあるものです。例えば、中古車を購入する際、煙草の臭いがするような製品は、買取評価を下げてしまう可能性があると言えます。 車を使用している方の多くは、そもそも煙草を吸わない人や煙草の臭いを嗅いだだけで不快に思う人もいる為、車の中のカーオーディオなどにタバコの臭いがついているというだけで、購入する気がなくなってしまう場合があるでしょう。


その② 製品がきちんと保管されていない

製品がケースの中に水平に保管されていなかったり、保管ケースから曲がった状態で入っていると、それを見ただけで、購入意欲が失せてしまいます。


その③ 湿気がありカビが生えている

加湿器や美顔器など、水分が人間の体の中に直接的に入る製品には、十分な湿気管理が必要です。もし、湿気保管されていないと、カビや臭いの原因となり、人間の健康に害を及ぼすと見られた製品とされ、買取評価を下げてしまう場合があります。


その④ 定期点検が不十分なままの状態

毎日生活する上で使用頻度の高い冷暖房、掃除機、家電製品は、些細なことから故障してしまう可能性がある為、定期的な点検が必要です。その為、年に一度の定期点検を受けていないような製品は、消費者からすると不安を煽ってしまいます。


その⑤ 製品にキズ、名前、ラベルの跡がある

製品にキズがついていたり、ラベルがくっきりと見えるような状態では、消費者から見て良い印象を受けません。その為、買取に出す際には、キズや名前を綺麗に消し、ラベルは上手に剥がしておくと良いでしょう。


その⑥ 販売されていた時の型式の見た目が違っている

例えば、もしも掃除機の型式が、販売されていた当初と違う形や色をしていたら、消費者にとっては、不安を覚えてしまう場合があります。


その⑦ パーツが欠損している

買取を依頼する際には、製品のパーツが欠損していては、評価を下げてしまいます。万が一、パーツの欠損を事前に修理をしてから買取に出す場合、その旨を買取業者に伝えておくことが必要です。


その⑧ 汚れや水没してしまった製品

製品に汚れがあると、買取評価を大きく下げてしまうことがあります。また、製品が水没してしまった場合は故障の原因となり、それは購入後による顧客のクレームやキャンセルを可能性がありますので、買取を断られてしまう可能性があるということを考慮に入れておきましょう。


その⑨ 取扱説明書や保証書が製品と一緒に入っていない

買取を依頼する際には、取扱説明書や保証書がないと、買取評価を大きく下げてしまう可能性があります。その為、高い値で購入した製品であったとしても、大幅に値下げされた価格で査定されてしまう可能性があります。


その⑩ 機械番号やシリアル番号、製品IDなどが不明

機械番号やシリアル番号、製品IDが不明であると、万が一の故障の際に、製品の必要最低限の情報がないと修理が出来ない可能性があります。その為、製品の情報は、製品と保証書や取り扱い説明書と一緒に保管しておくことが大切です。