遊んだ後に、玩具が売れます!

玩具

『おもちゃ』って最後に買ったのはいつだか覚えていますか?お子様が小さかったり、お孫さんがいる方は比較的頻繁に購入されていると思いますが、最近のおもちゃは少子化で市場が縮小傾向にあり、一つあたりの単価が上昇しています。多少高くても子供やお孫さんが楽しんでくれれば良いのですが、子供特有の飽きっぽさが手伝って、見向きもされなくなったおもちゃの末路は悲惨ですね。トイストーリーを御覧になった方はお分かりでしょうが、そうなったら埃をかぶって押し入れの隅で眠ったままになるか、ぬいぐるみなどは猫や犬のおもちゃとなり、ボロボロになって捨てられてしまいます。愛着があった分、余計にかわいそうですね。

ぬいぐるみなどは一部ですが買い取り可能の場合があります。その他の玩具も状態によりますが大半は買い取り可能です。お子様やお孫さんに買い与えたけれど飽きてしまって遊ばなくなってしまった玩具は『いつかまた遊んでくれるかな?』と思って保管していても、ほとんど遊ぶ事はありません。そうなれば箱は埃まみれでボロボロだし、細かい部品や付属品が紛失してしまい売るに売れない状態になり、結局ゴミの日に集積所行きになってしまいます。

よくお見受けするケースに『こんな昔の玩具は買い取ってくれないよな~』とか、『随分前にブームも終わったし、もう話題にもならないから無理かな?』や、『そもそも全然流行らなかったし・・・』などと、ご自身で理由を付けて尻込みされてしまう方が多いのですが、古い物は意外に高値で取り引きされる場合もあります。不人気の品は元々の生産量が少ないのでレアなケースもあります。それにブームが去った物は価格が下落傾向にあり、その時まで購入を控えていたマニアの方が一気に大量買いするパターンもありますので諦めないで査定だけでも申し込んでみて下さい。

ではどこのリサイクルショップでも買い取ってくれるかと言えば、答えはイエスです。が、しかし市中によくあるリサイクルショップでは買い取りの基準が非常に曖昧で、主な判断は『キレイか汚いか』だけなのです。アルバイトやパートの店員でも一律の値付けをされてしまいます。ですので、市場の価値や人気不人気のプレミアム部分などは一切度外視されてしまいます。その点、専門の鑑定できるスタッフが常駐しているショップでは市場の価格を熟知しているので適正な価格で買い取りしてくれるので売り手にしてみれば非常にありがたい事です。