琴買取

琴を買取

琴は日本民謡や古文等に多く登場する日本古来の民族楽器です。 桐の木に装飾を施した物が多く、価格もプロ仕様の高価な物から練習用の低価格な商品まで多種多様です。
当店では全国を対象に琴の買取を実施しており、仮査定ではありますが、お持ちの品番や状態をお伝え頂ければ電話にて回答も致します。 琴に関しては買取可能な品番を明記しておりますので、一度そちらでご確認の上電話を頂くとスムーズに仮査定出来ます。
また、記載していない品番以外でも買取対象の商品もございますのでお問合せください。
希少価値の高いお品ですので、なるべく希望額に近い価格での買取をさせて頂く為に、確認して頂きたい事が幾つかございます。
メーカー、製品名、付属品はどの程度揃っていますか、新品または中古ですか、購入年月日、保証書の有無、使用頻度や現在の品の状態及び音色。
以上のような質問に明確に答えられるようにご準備をお願いしております。
一部欠けていたり、凹みがある等の状態でも買取出来る事も往々にしてありますので、音色も含めた不具合も正確に伝えて頂くと、仮査定の段階でより厳密な価格をご提示出来ます。
実際には商品をお送り頂き、最終的な価格を提示するようになります。
発送の際は琴専用の梱包段ボールに詰め、隙間のないように新聞紙や気泡緩衝材で埋め、運搬時の破損に気を付けてください。
レベルが上がるごとに、琴のランクも上がって行くものです、新しい事の購入に少しでも役立てるよう、今の琴の処分の際には当店へ一度ご相談ください。

琴

無料査定はこちら

琴の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
メーカー・製品名・新品?中古?などを査定前にご確認お願いします。
■付属品
琴
本体
本体
ピン調整用ハンドル
口前サック

楽譜
鳥居台
角爪
琴柱
琴カバー
型譜面台
※上記、付属品は付属しておりますでしょうか?
裏板の取り付け方は
・並甲(なみこう)でしょうか?
・刳甲(くりこう)でしょうか?
お琴の種類は、何になりますか?
ベタ作り(花梨巻)、口角(花梨巻・紫檀巻)、半上角作り(紫檀巻)、上角作り(紅木巻) 玉縁くり甲(紅木巻又は象牙巻)など・・・
「状態、不具合の有無」
〈破損〉
・甲や礒などの各部に目立った傷やスレ等の損傷はありませんか?
・各部にひび割れや欠け、変形はありませんでしょうか?
・裏板の割れはありませんか?
裏板
・いそめの破損や欠品はありませんでしょうか?
・雲角に脱落や傾き、変形等の不良はありませんか?
・四分六の板が浮いていませんでしょうか?
・柱に欠品や破損はありませんか?
・音穴にひび割れや欠け、亀裂等の不良はありませんか?
・角に欠けはありませんでしょうか?
角
・竜舌の装飾に損傷や破損はありませんでしょうか?
・尾絹はありますか?また破れや変色、損傷等の不良はありませんでしょうか?
・上足に損傷や破損はありませんか?琴に確実に固定されていますか?
・長足や向足に破損はありませんか?琴に傾きやグラつきがありませんかご確認をお願いします。
〈汚損〉
・各部に汚れの付着やベタつきはありませんか?
・甲にシミはありませんか?
・湿気の多い場所での長期保管はされていませんでしたか?カビの発生はありませんでしょうか?
〈弦の不良〉
弦
・弦は全て揃っていますか?弦に錆び付き等の不良はありませんか?
・弦の調律が可能な状態でしょうか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

琴の高価買取のポイント
練習用よりもプロ仕様の高額な琴には高値が付きやすくなっています。
お手入れをきちんとされていることが、高価買取のポイントです。
元値が高いモノは、早めに買取りに出すことでかなりの高額買取りが期待できます。
琴カバーや口前サックなどの付属品があれば、査定金額はアップします。
状態が良くて綺麗なほど高値で買取りされます。
買取り出す前には音色を確認して、汚れを落とすことが高価買取のポイントです。
保管方法も琴の音色に大きく影響します。
保管状態にも注意することが、琴を高く売 るポイントです。
査定の申し出と違う事例
※状態は良いとの申し出だったが、送られてきたものを見てみると、使用感が強く見られ、さらに傷や擦れなども見受けられた。
※どこも問題がない良品とのことだったが、送られてきたものは、裏板が割れていて、演奏にも難ありの品だった。
※破損や汚損はないとのことで、確かに送られてきたものにそれらは見られなかったが、弦にさび付きがあり、一部不良点があった。
※全体的に異常が見られない美品とのことだったが、送られてきたものは、使用することが難しいジャンク品だった。
■買取り前の清掃の注意事項■
*全体は日本手ぬぐいやクロスなどのホコリの出ない布で乾拭きをしてください。
*直射日光や湿気や高温、低温を避けて保管してください。
*清掃の際に絃の状態をよく確認して、交換時期でないかを確かめてください。
*琴の胴の部分がへこんだり割れたりしている部分がないかよく確かめてください。
*保管の際には袋またはゆたんに入れてください。
「琴の宅配買い取り方法」
琴の宅配買取り方法は、郵便局の「ゆうパック」での宅配買い取りとなります!
サイズが「ゆうパック」で収まらない製品は、佐川急便・西濃運輸などをご利用下さいませ!
*琴の梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・チューナーや万能鳥居台などの付属品がある場合は、一つひとつプチプチで2重~3重に包んでください。
・本体はプチプチを使って、2重~3重に隙間なく包んでください。
・ソフトケースがある場合は、琴をソフトケースに入れた後、プチプチで2重~3重に包んでください。
・ダンボール箱を用意し、本 体など弊社にお送り頂く製品を全てお入れください。
・ダンボール箱は家電量販店などで譲り受けるか、琴専用の梱包ダンボール箱をご購入下さい。
・ダンボール箱と琴の間に出来る隙間は、丸めた新聞紙やプチプチで埋め、弊社までお送りください。
■梱包時の注意点(専用のハードケースや元箱がある場合)
・専用のハードケースや元箱がある場合は、本体等を必要書類と一緒にお入れください。
・ハードケースや元箱は、プチプチで2重~3重に包んでください。
・プチプチの上に送り伝票を貼って、弊社までお送りください。
・付属品やオプション品が多い場合は、本体とは別にダンボール箱の中に入れて弊社までお送りください。

無料査定はこちら

琴の買取製品!

新和琴楽

新和琴楽
真心で作り上げた伝統の手造り琴を扱う、広島県の琴製造メーカー新和琴楽。
「新和琴楽の買取対応製品」
sw-3 新和田筝3
sw-4 新和田筝4
wkz6-1 六尺Zero筝1
wk1-N1 1号ベタ中ピン1
wk1-N2 1号ベタ中ピン2
wk1-N3 1号ベタ中ピン3
wk1-N4 1号ベタ中ピン4
wk1-N5 1号ベタ中ピン5
wk1-N6 1号ベタ中ピン6
wk1-4 1号ベタ巻4
wk1-5 1号ベタ巻5
wk2-42 2号口角42
wk3-29 3号半上29
wk3-32 3号半上32
wk4-30 4号上角30
wk4-31 4号上角31
wk7-13 7号玉縁13
wk7-16t 7号玉縁16t
wk7-17 7号玉縁17
wk7-18t 7号紅木玉縁18
wk7-19t 7号紅木玉縁19
wk7-20 7号紅木玉縁20
wk7-21 7号紅木玉縁21
wk7-22 7号紅木玉縁22
wkh-3t 半玉縁
wkht-5 半玉縁

日本和楽器製造

日本和楽器製造
「日本和楽器製造の買取対応製品」
ふじ(藤)上ペグ式
ゆり(百合)横ピン式

ゼンオン

ゼンオン
「ゼンオンの買取対応製品」
ZK-01
ZK-02
ZK-03
ZKP-100Y

藤井琴製作所

藤井琴製作所
「藤井琴製作所の買取対応製品」
1号 花林(カリン)ベタ巻
2号 紫丹口角巻
3号 紅木ベタ巻
3号 紅木半上角巻
3号 新福山琴 短琴4尺5寸
4号 紅木上角
5号 紅木金口
6号 繰甲綾杉 透しベタ巻
7号 繰甲綾杉 金口巻
8号 繰甲綾杉 玉縁巻
9号 繰甲綾杉子持 玉縁巻
10号 繰甲綾杉 象牙一本線入玉縁巻
11号 繰甲綾杉 象牙一本線巻玉縁巻
11号 繰甲綾杉 別注品 象牙巻 象牙巻黒丹堀込
紫丹ベタ巻
紅木ベタ巻
繰甲綾杉 スカシ巻玉縁巻
繰甲綾杉子持 スカシ巻玉縁巻

五十嵐琴製作所

五十嵐琴製作所
「五十嵐琴製作所の買取対応製品」
kitg-1120019
kitg-1120018
kitg-1120016
kitg-1120014
kitg-1120020
kitg-1120008
kitg-1120007
kitg-1120006
kitg-1120005
kitg-1120004
kitg-1120003
kitg-1120002
kitg-1120001
kitg-1120021
kitg-1120009
kitg-1120010
kitg-1120011
kitg-1120012
kitg-1120013

内山琴製作所
内山琴製作所
教材用から演奏用箏の製造販売と特別注文・貸し琴・修理・琴教室・講習会など行っている内山琴製作所。
「内山琴製作所の買取製品」
164 紫檀ベタ 並甲
165 紅木ベタ クリ甲 綾杉
181 紫檀 並甲
180 紅木ベタ クリ甲 綾杉
163 紫檀3号 クリ甲 綾杉
151 紫檀3号 トメ甲
184 紅木金口 会津材 クリ甲 綾杉
146 紅木金口 クリ甲 綾杉
179 紅木ベタ クリ甲 綾杉
160 紅木ベタ クリ甲 綾杉
189 紅木金口 クリ甲 綾杉
183 紅木半玉 クリ甲 綾杉
168 紅木玉縁 クリ甲 綾杉
178 紅木玉縁 クリ甲 綾杉
131 紅木玉縁 クリ甲 綾杉
186 紅木玉縁 クリ甲 綾杉
177 紅木玉縁 会津材 クリ甲 綾杉
149 紅木玉縁 会津材 クリ甲 六宝彫り
118 骨一本入り 紅木玉縁 クリ甲 六宝彫り
187 紅木玉縁 会津材 クリ甲 綾杉
188 柾 会津材 紅木玉縁 クリ甲 六宝彫り
182 柾 紅木玉縁 クリ甲六宝彫り
170 柾 象牙一本入り 紅木玉縁 クリ甲 六宝彫り

みつや琴製造
みつや琴製造
みつや琴製造は、演奏家のニーズに応える琴を製造しています。
「みつや琴製造の買取製品」
花梨包 総桐琴 01号
花梨包 総桐琴 02号
紫檀包 総桐琴 03号
紫檀包 総桐琴 04号
紫檀包 総桐琴 05号
紫檀包 総桐琴 06号
紫檀包 総桐琴 07号
紫檀包 総桐琴 08号
紅木包 総桐琴 09号
紅木包 総桐琴 10号
紅木包 総桐琴 11号
紅木包 総桐琴 12号
紅木包 総桐琴 13号
紅木包 総桐琴 14号
紅木包 総桐琴 15号
紅木包 総桐琴 16号
紅木包 総桐琴 17号
紅木包 総桐琴 18号
紅木包 総桐琴 19号
紅木包 総桐琴 20号
紅木包 総桐琴 21号
紅木包 総桐琴 22号
紅木包 総桐琴 23号
紅木包 総桐琴 24号
紅木包 総桐琴 25号
紅木包 総桐琴 26号
紅木包 総桐琴 27号
紅木包 総桐琴 28号
紅木包 総桐琴 29号
紅木包 総桐琴 30号
紅木包 総桐琴 31号
紅木包 総桐琴 32号
紅木包 総桐琴 33号
紅木包 総桐琴 34号
紅木包 総桐琴 35号
紅木包 総桐琴 36号
紅木包 総桐琴 37号
紅木包 総桐琴 38号
紅木包 総桐琴 39号
紅木包 総桐琴 40号
紅木包 総桐琴 41号
紅木包 総桐琴 42号
紅木包 総桐琴 43号
紅木包 総桐琴 44号
紅木包 総桐琴 45号
紅木包 総桐琴 46号
紅木包 総桐琴 47号
紅木包 総桐琴 48号
紅木包 総桐琴 49号
紅木包 総桐琴 50号
紅木包 総桐琴 51号
紅木包 総桐琴 52号
紅木包 総桐琴 53号
紅木包 総桐琴 54号
紅木包 総桐琴 55号
紅木包 総桐琴 56号
紅木包 繰甲玉淵作り琴

琴の素晴らしさ

琴とは、古くから伝わる日本の伝統楽器のことで、大正琴や一弦琴や二弦琴や七弦琴 などいくつかの種類があります。
琴の素晴らしさは、それが奏でる美しい音色で、お正月には欠かすことができないも のとして知られていますが、美しい日本の四季を表現するのに最もふさわしい楽器だ と言われています。
琴はもともと古代中国から日本に伝来したとされていますが、その後日本で独自の発 展を遂げた代表的な弦楽器です。

琴のリユース事情

弊社では、藤井琴製作所や五十嵐琴製作所などいろいろなメーカーが製造・販売して いる古くから伝わる日本の民族楽器である琴の買取りを行っていますが、弊社がそれ らをリユースすることで、これから琴をはじめようと思っている方や、高額な琴を手 に入れたいと願っている方たちを喜ばせることができます。
琴には練習用の価格が安いものもありますが、高額なものもなればかなりの値段がす るので、リユース品を選ぶ方もたくさんいます。

琴を買取したお客様の体験談

琴を買取したお客様の体験談

10台ものお琴を買取致しました
お琴の教室を開いています。生徒さんに教えるお琴を新しい製品に買い替える為、10台ほどあるお琴が不要になりました。
そこで、最初のうちは、リサイクルショップに買取って貰おうと考えていましたが、それも抵抗がある為、どこか、信頼出来そうなお店を探していました。そしたら、エコランドという買取会社があることを知りました。
お琴もきちんと弾ける為、そのまま業者さんに持っていって頂きました。運ぶ手間が省けた上、査定額も指定の口座に振り込んで頂き、助かっております。



査定から買取までスムーズに
趣味でお琴を習っています。新品のお琴に買い替えてしまった為、要らなくなりました。しかし、捨てるのも勿体ないと思い、友達に要らないかどうか聞いたところ、「私はいいから、どこか買取って貰えるところを探したらいいよ。」と言われてしまい、何か、お役に立てないかと思ったところ、別のお友達からエコランドさんのことを紹介して貰いました。
査定する際に、宅配業者の方が来てくれて、全てスムーズに取引が出来て大変助かっています。中古のお琴も誰かに使用して貰えたら嬉しく思います。
また、機会がありましたら、是非宜しくお願いします。

琴 を買取した買取実績

お琴のセットを買取させて頂きました(山形県・67歳・U様)
以前、お母様から受けいだ「お琴のセット」を買取いたしました。遺産整理の為、当店に査定依頼。材質は、「桐」で出来ていることと、年数は経っていても、キズや汚れが殆ど目立たない状態で、付属品が揃っており、そのまま使用することが出来る為、はじめに査定額を出した時よりも、高値で買取させて頂きました。


ゼンオンのお琴の買取が成立しました(石川県・38歳・K様)
ゼンオンの「筝壱号Bセット」ZKO-K10Sを買取させて頂きました。状態的には、使用感がありますが、故障箇所はなく、普通でしたので、仮に出して頂いた査定額ほぼ変わらない価格でしたが、査定額を変更させることなく、そのまま買取を成立させて頂きました。


入門セットを買取させて貰った(群馬県・24歳・F様)
高校時代に筝曲部で使用していたという「入門セット」を送っていただきました。こちらは、2年間使用しただけでしたので、使用感があまり目立たず、汚れもない為、付属品と一緒だったので、査定額より高額な金額で買取となりました。

琴 の使い方

弥生時代から日本に存在していたとも言われている、琴。
その繊細さは、いかにも日本の楽器といった趣があります。

そんな琴は素手のみで奏でるのはなく、「爪」を用います。
「爪」には角ばった「生田流」と、丸みのある「山田流」があります。

琴を弾く時は基本的に正座となり、膝は琴の正面に向かせるのではなく45度の角度を持たせるようにします。
独学で挑戦をしている人もいますがスクールも各地に開かれていますので、本格的に学びたいという人は通学も検討してみましょう。

琴の修理方法

糸が緩んでしまったり、いのめが破損をしてしまったり、板部分が傷ついたり…。
長く使用していると、そのように琴が故障をすることもあります。

そんな時は、修理専門店に持ち込みましょう。
修理専門店には、インターネットからも依頼をすることが出来ます。


「琴とは?」
琴
琴とは日本の伝統的な和楽器の1つで、その種類には大正琴、一弦琴、二弦琴、七弦 琴などがあります。
琴は古事記の中にもそれを演奏する場面が登場し、当時は呪術用の楽器として使用さ れていたようですが、登呂遺跡などの弥生時代の様々な遺跡からも琴と思わしき残片 が見つかっていて、さらに古墳時代の埴輪にも琴を演奏する人々をかたどったものも あるため、少なくとも弥生時代から琴は存在していたとされています。
弥生時代に存在していた琴は和琴の原型であるといわれていますが、奈良時代以降は 様々な国からいろいろな弦楽器が渡来し、琴は弦楽器を総称する言葉にもなっていた とされています。
源氏物語などの古文においても、琴は箏や琵琶などすべての撥弦楽器のことを指して います。
明治時代になると日本に新しい多くの楽器が外国から入ってきましたが、ピアノを洋 琴、オルガンを風琴、アコーディオンを手風琴、バイオリンを堤琴などと呼ばれてい るのも、そこからだとされています。
琴の主な生産地は広島県の福山市で、琴の全国生産量の7割を占めています。
福山琴には最高級の桐材が使われていて、桐材の乾燥までに1年が、その後の製造工 程は今でもほとんどが手作業で行われます。
福山琴は、甲の木目の美しさや装飾の華麗さなど、手づくりの良さが随所にあふれて いて、もちろん音色も美しく、耐久年数もかなり長いのが大きな特徴です。
福山琴は熟練の職人による技によって生み出されています。
気になる琴の値段ですが、安いものだと数万円から、高いものだと数百万円にもなり ます。
高級なものと安価なものの違いは主に材質で、木が違えば硬さが違い当然音色も変 わってきます。
箏と琴を同じ楽器だと混同している人も多いようですが、この2つの楽器の違いは柱 と呼ばれるブリッジがあるかないかです。
柱を動かして音の高さを変えるのが箏ですが、琴には柱はなく、絃を押さえる指のポ ジションを変えることで音の高さが変わる楽器のことで、大正琴、一弦琴、二弦琴、 七弦琴がこれにあたります。