正しい楽器の選び方~弦楽器

弦楽器 選び方

弦楽器というのは、バイオリンやチェロなどの楽器を指します。やはりある程度値段が高いので、正しい選び方を知らないと、損をしてしまうこともあるでしょう。そこで弦楽器を購入するときの基本的な方法を簡単に説明させていただきます。第一に予算なのですが、どれぐらいの値段の弦楽器を購入するのか最初に検討しておく必要があります。新品で購入するのか、中古で購入するのかによっても値段は変わってくるのは知っているでしょう。

新品の場合には、通常定価で販売されているので、それほど同じ種類で値段に差が出ることはありません。もちろん種類が違えばかなり差が出てしまうこともあります。逆に中古で購入する場合には、同じ種類の弦楽器であっても、状態によってかなり値段に差が出てしまうことがあるのです。だからこそ予算を最初に決めておく必要があるので、例えばバイオリンが欲しいのであれば、バイオリンの平均的な値段を調べておかないといけません。

ただし、中古品というのは1度別の人が使用しているので、新品とは状態が変わっていることもあるでしょう。例えば色が少し変わっている、腐食や歪みなどがある、ひびが入っている場合がある可能性もあります。基本的にきちんと音を出せれば買取してくれる業者もあるので、このような業者では、見た目が若干悪くなっている弦楽器を販売していることもあるのです。もちろん見た目が悪い場合には、その分値段が安くなっているので、値段だけで判断してはいけません。

練習用なので、見た目をあまり気にしないという場合は別です。もし中古で弦楽器を購入するのであれば、製造年月日や保管状況なども聞いておく必要があるでしょう。では、予算以外にはどのような点に注意するべきなのかというと、もう1つは弦楽器の音色です。弦楽器にはいろいろな音色があり、金管楽器や鍵盤楽器よりも音色のパターンが多いと言えるでしょう。そのため、音色の特徴も弦楽器を購入する前に、ある程度知っておく必要があるでしょう。

例えば明るい感じの音色、柔らかい感じの音色、渋い感じの音色や透明感のある音色などがあります。他にも明るい感じの音色や暗めの感じの音色などもあるのですが、ある程度音楽に精通している人であれば、このようなちょっとした音色の違いにもこだわっている人が多いのです。初めて購入する人は、音の特徴をある程度勉強しておくとよいでしょう。そうすることで、弦楽器を購入するときに重要な音色の違いが分かるようになります。