月琴買取

月琴を買取

楽器の種類はいろいろとあるのですが、月琴という楽器も存在しています。
月琴というと、木琴や鉄筋のような打楽器ではないかと思う人もいるでしょうが、実 は全く異なっているのです。
月琴というのは打楽器ではなく弦楽器で、円形の共鳴胴が特徴になっています。
丸みを帯びた三味線のような感じの楽器だと言えるでしょう。
弊社ではこのような珍しい楽器も取り扱っているので、月琴を持っていて現在では全 く使っていないという人は、そのまま放置しておくよりも、売ってしまった方がよい でしょう。
月琴は珍しい楽器なので、状態がよければ十分高額買取できる可能性もあります。
月琴には2種類存在しており、日本に古くからある琵琶を改良したのではないかと言 われている種類と、中国から輸入した種類に分かれています。
どちらでも買取を行うことが可能ですが、やはり日本に古くから存在している月琴の 方が高く買取れる可能性は高いと言えるでしょう。
もちろん月琴の状態によっても値段は異なります。

無料査定はこちら

月琴の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が月琴を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
交換用弦
専用ケース
※上記、付属品はありますか?
「状態、不具合の有無」
どちらで購入された月琴ですか?
日本製ですか?中国製ですか?
いつ頃購入されましたか?
今まで演奏しておられましたか?
保管状態は良好ですか?
サイズはどれくらいですか?
楽器にキズやヒビはありませんか?
割れたり欠けたりした部分はありませんか?
弦が切れたり、擦り切れて切れそうになったりしてはいませんか?
音の調律はされていますか?
楽器が汚れたり、直射日光で色あせたりしてはいませんか?
黒くなったり汚れたりしてはいませんか?
落書きなどはありませんか?
楽器が歪んだり凹んだところはありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

月琴の高価買取のポイント
輸入品よりも国産品に高値が付きやすくなります。
使用頻度が少ない美品には、高額査定が出やすくなります。
珍しいマイナーな楽器のため、弊社のような専門店を利用しなければせっかく価値の ある商品も安価で買取りされてしまうこともあるので注意しましょう。
弦が切れていたり本体に傷があれば、査定金額は下がります。
買取りに出す前には演奏して、状態の確認を行いましょう。
汚れやホコリを落としてから査定に出すことで、買取金額をアップさせることができ ます。
月琴の査定の申し出と違う事例
・日本製と聞いていたが中国製だった。
・一度も演奏をしていないと聞いていたが、使用感がかなり出ていた。
・状態は良く音もきちんと出ると聞いていたが、本体にひび割れが確認された。
・本体に落書きしたような跡があり、査定金額通りには買取りできなかった。
・保管状態は良いと聞いていたが、カビや錆び付きが確認された。
・本体が歪んでいて、裏面にかなり目立つ傷が付いていた。
・本体が全体的に黒ずんでいた。
・専用ケースに損傷があり、開閉がスムーズにできなくなっていた。
「月琴の宅配買い取り方法」
月琴の宅配買取り方法は、クロネコさんなどの運送会社の宅急便をお使いになって下さいませ!

無料査定はこちら

月琴の買取製品!

月琴

「月琴の買取対応製品」
月琴

「月琴とは?」
月琴
木琴や鉄琴というのはよく知っている人も多いでしょうが、月琴という楽器はあまり聞いたことがないという人も多いでしょう。
木琴や鉄琴というのは、バチを持って木 や鉄を打ち付けることで音を鳴らす打楽器という種類の楽器なのに対して、月琴というのは打楽器ではありません。
名前がよく似ているので、同じような楽器なのではな いかと想像する人もいるでしょうが、月琴というのは三味線や三線のような弦楽器になります。
なぜ月琴という名前が付いているのかというと、共鳴胴の部分が満月のように丸くなっているからです。
バイオリンのように弓で奏でる弦楽器ではなく、ギターのよう にピックで弦を弾いて音を鳴らす楽器になっています。
月琴には2種類存在しており、明楽と清楽に分けられているのです。
名前を見ると大体想像できるでしょうが、 明楽は明の国から伝わり、清楽は清の国から伝わりました。
明というのも清というのも、昔中国大陸に存在していた国のことです。
明という国は江戸時代の初期まで存在していた国なのですが、明という国は清によって滅ぼされてしまい、どちらの国も当時鎖国をして平和を維持していた日本とも交易 をしていました。
そのため、明や清からいろいろな物が日本に伝わってきたのです。
そんな月琴は弦楽器になっているのですが、弦楽器というのは比較的高価な種類が多 いと言えるでしょう。
月琴もかなり高価なのではと思うでしょうが、楽器全般で見れば高価な部類に入ると言えます。
しかし、弦楽器というジャンルで見ると、他の弦楽器よりも比較的安くなっている部類に入るのです。
ではいくらぐらいするのかというと、もちろん購入する店や種類に よってもかなり異なってくるのですが、一般的な月琴では1万円を少し超えるぐらいで購入できることが多く、高価な物では3万円前後するような商品もあります。
月琴 はある程度練習しないと演奏するのが難しくなっている楽器ですが、最近はあまり使うところを見かけなくなってしまいました。

無料査定はこちら