口琴買取

口琴を買取

口琴という楽器をご存知ですか? 金属や竹などで作られた、弁と枠がある楽器の一種であり、その一部を口にあてたりくわえたりして、その端を指で弾いたり紐を引いて演奏する楽器です。
日本では近世後半の蝦夷地や津軽地方などでアイヌ民族がよく利用していたということで、近代以降にはその独特な音色でラジオや映画などでよく利用されていました。
日本のアイヌ民族だけでなく、世界でもフィリピンのミンダナオ島のクビンや、台湾タイヤル族のロブ、インドのモールシンなどが代表的です。
口琴にも様々なタイプがありますが、弊社ではあらゆる口琴を買取させて頂きますので、お持ちの方は是非ご連絡ください! どちらで購入されたものなのか、いつ頃購入されたのかなど、詳しく教えて頂けましたら、担当スタッフが丁寧にお伺いして仮査定をさせて頂きます。
海外で購入したものだとか、これも買取してもらえるだろうかなど、心配される前に、是非お気軽にご連絡ください!

無料査定はこちら

口琴の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が口琴を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
ケース ※上記は、ありますか?
「状態、不具合の有無」
どちらのメーカーの口琴ですか?
どのような形の口琴ですか?
いつ頃どちらで購入されましたか?
今まで演奏しておられたものですか?
材質は何ですか?
形は崩れていませんか?
本体が歪んだりへこんだりして、バランスが崩れてはいませんか?
キズはついていませんか?
変色したり錆びたりしてはいませんか?
汚れてはいませんか?
黒ずんではいませんか?
何色ですか?
サイズはなんですか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

口琴の高価買取のポイント
使用頻度は低く、新品に近いと高額査定が出やすくなります。
使用感がなく正常な音色を奏でられるものでないと買取りできない場合もあります。
音色の確認ができる人は、査定に出す前にそれを行いましょう。
傷が付いていると買取金額はダウンしてしまいます。
汚れがある場合は査定に出す前にキレイにしてから買取りに出すことで、買取金額を アップさせることができます。
口琴以外の楽器を一緒に買取りに出すことで、査定金額をアップさせることができま す。
口琴の査定の申し出と違う事例
・電話で確認したのとは異なるメーカーのモノが届いた。
・演奏は一度もしていないと聞いていたが、使用感がかなりあった。
・とてもキレイでほとんど新品だと言っていたが、本体に傷が付いていて、かなり汚 れていた。
・本体が黒ずんでいて聞いていた色とは異なっていた。
・聞いていたよりもサイズが小さかった。
・確認したものとは異なる材質だった。
・他の楽器も一緒に梱包して送ると言っていたが、口琴しか入っていなかった。
・音が鳴らなくなっていて、買取りできない状態だった。
「口琴の宅配買い取り方法」
口琴の宅配買取り方法は、運送会社の宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

口琴の買取製品!

レガトール

口琴 レガトール

ハンガリーの口琴工房。
「レガトールの買取対応製品」
RENAISSANCE
CHANCELLOR
ROCOCO
Aztec Mini
BLACKFIRE
BLACKFIRE HARD
BLACK FOREST
khan
centenary
Stony Tunguska
Lucy
balance big
51.AREA
InnerPeace
Choir
Lady Strong
FirstLady

「口琴とは?」
口琴
口琴とは、金属を加工して作られた楽器として知られているもので、琴とは違い口に加える形で使用する楽器のことです。
楽器というと、多くの人は口に加えて使うものより、どちらかと言うと引いて使用するものを思い浮かべるかと存じます。
口琴は竹や木でできたものもありますが、口に加えて使用するという点は共通しており、今まであまり知られていない楽器でもありました。
しかし、今ではミョーンという独特な音楽を奏でることができる楽器として知られるようになっています。
テレビにおいても使用されることがあり、そこから少しずつ人気が出るようになったという楽器としても有名です。
なぜ、口琴により音楽を奏でることができるのか?というと、それはハーモニ カのような構造になっているからです。
空気を振動させることにより音が発生するのですが、一般の人が口琴を使っても高い音程、もしくは低い音程が出るだけで音楽を奏でることは難しいでしょう。
技術的にも誰もが用いられる楽器ではないという点でも注目が集まっており、近年ではこのように変わった楽器であっても、特色のあるものであれば人気が出るようになりました。
先ほどテレビにおいても使用されることがありと案内しましたが、テレビ以外でもラジオ、もしくは映画などで使用されるケースが増えています。
新しいものを好む人がテレビなど、エンターテイメント業界でも増えてきているため、口琴のような楽器が使われるようになってきているのです。
また、口琴には隙間制御 という技術が存在するため、近年では口琴のそのようなテクニックを特集している雑誌さえも存在します。
楽器としては原始的な楽器として知られている口琴。
しかし、その用途が広いことで一躍多くの人に知られるようになっているため、古い口琴についてもその価値が認められようとしているのです。
また、古いものほど独特な加工がされているため、新しいものより価値のある口琴まで存在します。

無料査定はこちら