ヴィオラ買取

ヴィオラを買取

ヴィオラは弦楽器でありヴァイオリンの一種で、ヴァイオリンとほぼ同じ構造ですが低い音を奏でるためにヴァイオリンよりは厚みがあって大きさもより大きなものとなっています。
ヴィオラなどの木製弦楽器は商品状態が非常に重要視される商品です製作者やメーカーが他の楽器に比べますと非常に少ない状態であり、新品の楽器も中古の楽器も値段に差がない状態にあります。
なので中古品として買取を行うと高い値段で売れることがあります。
ヴィオラは流通量が少ない楽器ではありますが需要は高く、中古品でも購入するニーズは高いので高価買取の可能性も高いです。基本的に修繕が必要な状態のものでも買取は可能であります。
破損や劣化による買い替えや、理想の音質とは違うなどで今使っているヴィオラを手放したいと考えているなら、一度当社の買取査定を受けてみると良いでしょう。
査定の際には使用木材やボディのふくらみなどを見て、どれくらいの価値がある商品なのか、また本体についているキズのチェックも行われます。
弦楽器を査定する際に重要視されるのは、いつどこで作られたものなのかということと、その商品が今はどのような状態かというところです。これに加えてケースや、ピックアップ。弓などの楽器の付属品が合わせてありますと査定額がアップします。
商品の状態をチェックしたときにキズがあるものは査定額に影響する場合もあります。
汚れがあるものも査定に影響が出ることがありますが、事前にクリーニングで出来るだけ綺麗にしておくことで状態が良くなり、査定額に影響が出ることも少なくなります。
演奏をする際に定期的にメンテナンスを行いますが、定期的にメンテナンスが行われている良い状態の楽器は高価での買取が期待出来ます。
また故障している場合でも問題なく使用できる状態であるものや、少額で修理が可能なものでしたら査定の対象になります。
査定は宅配キットによる査定か出張査定によって依頼者の負担がない形で楽器を見てもらえます。

無料査定はこちら

ヴィオラの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
査定前に、購入年・メーカー・製品名・中古の場合は大体の演奏回数や演奏期間などを把握されておいて下さいませ。
■付属品
ケース
肩当て
ロージン
は、全てありますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈音の不良〉
・音は奇麗に出ますか?
・音がかすれやすい、雑音が入る等の不良はありませんか?
・音程が正常に得られますか?
・音を出すのに力が入り過ぎることはないでしょうか?
〈破損〉
・ボディに目立った傷やヘコミはありませんか?
ヴィオラ こすれた傷
・変形し盛り上がっている箇所はありませんか?
・ネックが表板側に傾いていませんか?
・指板に剥がれはありませんか?
・内部に木屑の付着や汚れはありませんか?
・ニスに痛みはありませんか?
・チンレストは確実にはまっていますか?
・エンドピンの脱落や破損はありませんか?
・ペグの破損や緩みはありませんか?スムーズに巻けますでしょうか?
・駒のテールピースが胴に対して垂直になる様に調整が可能ですか?
・アゴ当てに破損はありませんか?また正常に取付けることが可能でしょうか?
〈弓の不良〉
・弓に目立った傷や傾き、変形はありませんか?
・ニスが痛んでいませんか?
・弓毛の切れや毛羽立ちはありませんか?
ヴィオラ 弓毛 毛羽立ち
・調整が可能な状態でしょうか?
〈ケースの不良〉
・ケースに損傷はありませんか?
・ケースは正常に開閉が出来ますか?
・ケースを確実にロック出来ますか?
・留め具に変形や折れはありませんか?
・ケース内部のクッションに破れや汚れの付着はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

査定の申し出と違う事例
※美品であると申告されていたが、弦が一本(または数本)だけ緩んでおり、強く張ると切れてしまいそうなほど細くなってしまっている。
※本体にキズや汚れは無いと申告されていたが、表面のニスが剥がれており触ると傷つき安くなっている箇所があちこちに見られる。
※楽器自体には問題が無かったが、ケースの内部の緩衝部分が長期間の使用で弱くなっており、楽器に傷がつきやすい状態になっている。
※本体は美品であったが、弓が曲がってしまっており正常に演奏ができなくなってしまっている。
■買取り前の清掃の注意事項■
*表面を傷つけない様に爪の手入れと回りに物が無いか確認してください。
*弦の清掃時に緩める場合は必ず1本ずつ行って下さい。
*弓の清掃後に必ず緩めてから保管して下さい。
*清掃時に駒に異常が無いか確認し、異常がある場合は調整を必ず行って下さい。
*弓は乾いたクロスで拭き取りを行って下さい。
「ヴィオラの宅配買い取り方法」
ヴィオラの宅配買取り方法は、お近くの宅急便さんをご利用お願いしますね!
*ヴィオラの梱包注意点
*30万円以上する商品の場合は、運送会社様の任意の運送保険にご加入されることをおすすめ致します。
・ヴィオラ全体を綺麗に拭いて下さい。
・専用ケースの中に、ゴミ等が残っていないかご確認下さい。
・保証書などはビニール袋に入れて下さい。
【専用ケースがある場合】
・ヴィオラを専用ケースに入れ、ケースをプチプチでお包み下さい。
・弓も専用ケースに入れて下さい。
・ケースが入る大きさのダンボールをご用意下さい。
・ダンボールの中に、プチプチを丸めた物を敷き、ケースを入れて下さい。
・保証書などをお忘れなく入れて下さい。
・隙間なくプチプチを丸めた物を詰めて下さい。
・ダンボールのふたを閉め、「ヴィオラ」「こわれもの」「楽器」と、明記下さい。
【専用ケースがない場合】
・ペグ、弦部分などに、繊細な部分にプチプチを折った物をあて、保護をして下さい。
・ヴィオラ全体をプチプチで何重かにお包み下さい。
・弓は、プチプチで何重かにお包み下さい。
・ヴィオラが入る大きさのダンボールをご用意頂き、中にプチプチを丸めた物を敷いて下さい。
・ヴィオラ、弓を入れ、隙間なくプチプチを丸めた物を詰めて下さい。
・保証書などを入れて頂き、ダンボールのふたをガムテープで貼って下さい。
・ダンボールの目立つ部分に、「ヴィオラ」「こわれもの」「楽器」と、明記下さい。

無料査定はこちら

ヴィオラの買取製品!

Carlo Giordano

Carlo Giordano
「Carlo Giordanoの買取対応製品」
VL-1600、VL-3、VL-2、VL-1

Eastman

Eastman
「Eastmanの買取対応製品」
305T

Gliga/グリガ

Gliga/グリガ
ルーマニアのハンドメイド・バイオリンメーカーGliga。
「Gliga/グリガの買取対応製品」
Gama I、Gama l 15.5inc、Gama l 16inc、Gama II、Gama II 15.5inc、Gama II 16inc

Heinrich Gill

Heinrich Gill
「Heinrich Gillの買取対応製品」
Viola 68、Viola 66、Viola 62、Viola 58、Viola 54、Viola 52

Karl Hofner

Karl Hofner
「Karl Hofnerの買取対応製品」
3/3、3/4、3/6、3/7、3/11、3/110、3/12、3/15、3/17

Klaus Heffler/クラウス・へフラー
Klaus Heffler/クラウス・へフラー
説伝統的製法と優れたコストパフォーマンスにより、ハンドメイド・ヴァイオリン・メーカーとして国際的な注目を集めている、ドイツのKlaus Heffler。
「Klaus Heffler/クラウス・へフラーの買取製品」
No.703、No.702 16inc、No.702 15.5inc、No.600、No.600 15.5inc、No.500、No.500 16inc、No.500 15.5inc、No.400 16inc

Paesold/ペゾルド
Paesold/ペゾルド
世界を代表する弦楽器および弓を製作し続けている、160年以上の歴史を有するドイツの弦楽器メーカー。
「Paesold/ペゾルドの買取製品」
Roderich Parsold 705J、Roderich Paesold 703J、PA701、PA705J、PA703 15.5inc、PA703J 15.5inc、PA701J 15.5inc、No 701J

Pygmalius/ピグマリウス
Pygmalius/ピグマリウス
「Pygmalius/ピグマリウスの買取製品」
Derius SPECIAL Viora、Derius Antique Viora、Derius Standard、Rubino ORIGINAL Viora、ST203

Sofia
Sofia
「Sofiaの買取製品」
Master Art、Grande、Amadeus

SUZUKI
SUZUKI
日本の誇る創業100年余のメーカーSUZUKI。初心者用からハイグレードな楽器まで扱うメーカーです。
「SUZUKIの買取製品」
No.168、No.146、No.142、No.3、No.2、No.25

Stefano Trabucchi/ステファノ・トラブッキ
Stefano Trabucchi/ステファノ・トラブッキ
「Stefano Trabucchi/ステファノ・トラブッキの買取製品」
AIDA

E.H.Roth
E.H.Roth
「E.H.Rothの買取製品」
#51、#50、#52、#54、#62、#71、#81

YAMAHA
YAMAHA
豊富なラインナップと確かな技術で、ジャンル問わず国内外の多くのアーティストから圧倒的支持を誇る世界最大の楽器メーカーYAMAHA。
「YAMAHAの買取製品」
VA7SGJ 16、VA7SGJ 15.5

Semmlinger/ゼムリンガー
Semmlinger/ゼムリンガー
「Semmlinger/ゼムリンガーの買取製品」
Semmlinger/ゼムリンガー

「ヴィオラとは?」
ヴィオラ
ヴィオラとは、オーケストラなどの演奏で使用されるヴァイオリン属の弦楽器で、重 奏や合奏では中音部を受け持っています。
見た目も造りもほぼヴァイオリンと同じですが、低音を出すため楽器全体のフォルム が大きく、通常のヴァイオリンよりも厚みがあるのが大きな特徴です。
ヴィオラはヴァイオリンよりも5度下、チェロよりも1オクターブ上の音域を持ち、音 域が低い分、渋いけれどもあたたかな音色を奏でます。
具体的にはヴァイオリンよりも胴の長さが5センチほど大きいとされていますが、製 品によって大きさにはばらつきがあります。
演奏方法もヴァイオリンと同じで、顎に挟み専用の弓を指で弦を弾いて音を出しま す。
具体的には左肩に楽器を乗せて、顎で押さえつけて固定して、左指で弦を抑えて音程 を決め、右手に弓を持ちそれを弦にこすり音色を出します。
弦は胴体の長さによりヴァイオリンに比べて長く、太くなっています。
ただし弓はヴァイオリンよりも短くなっていて、重さはヴァイオリンの弓よりも重く つくられています。
ヴィオラは独奏楽器としては長く無視された存在であったことから、近代以前は有名 なヴィオラの演奏者はいませんでしたが、近代以降はヴィオラの独奏曲もたくさんつ くられるようになりました。
18世紀の中頃まではオーケストラでしかヴィオラは使用されていませんでしたが、18 世紀後半に弦楽四重奏が発達してからは、独奏楽器として認められるようになりまし た。
ヴィオラは今でもヴァイオリンと比べると独奏向きの楽器ではなく、縁の下の力持ち 的存在で、オーケストラの中においては弦楽器と管楽器の仲介役的な役割を持ってい ます。
主役ではなくても、もしもヴィオラがなければ楽器同士が喧嘩して、バランスのとれ たキレイなハーモニーを奏でられないといわれています。
またモーツァルトやブラームスやショスタコービッチなどの有名な作曲家が、晩年に ヴィオラの曲を書いているのも特徴的で、おそらくヴィオラの渋く落ち着いた音色 が、晩年の偉大な作曲家の思いや願いなどの気持ちを伝えるには最適な楽器だったの ではないかと思われます。

無料査定はこちら