ダルシマー買取

ダルシマーを買取

ダルシマーは主にヨーロッパに普及している弦楽器ですが、一般的な弦楽器とは異なって弦を叩いて音を出すメカニズムを持ちます。
楽器そのもののサイズは小さなものから大きなものまでありますが、コンサートなどで使われるものは音もダイナミックにしなければならないこともあって大きなものが使われるでしょう。
日本では多くの方が親しみのないダルシマーですが、ダルシマー演奏者は日本でも存在していて日本での普及に一役買っています。
ピアノのような特徴のある音を出すこともあって、一度でも演奏を聴くとファンになる方も大変多いとされるのです。
厳密には、その演奏方法から【ハンマード・ダルシマー】と呼ばれています。
しかし、ダルシマーは輸入でしか購入できないことも多いので多くの方は手に入れられません。
そこで弊社では現在お使いになっていないダルシマーの本格買取を行っているのです。
お電話でもお気軽に仮査定が可能となっていますので、ご自宅からお好きな時間にご連絡ください!

無料査定はこちら

ダルシマーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がダルシマーを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
ハンマー
ケース
チューニングレンチ
※上記は、ありますか?
「状態、不具合の有無」
いつ頃どちらで手に入れられた楽器ですか?
どちらの国の製品ですか?メーカーはどちらですか?
今まで楽器として使用しておられたものですか?
木のバチ(ハンマー)もついていますか?
本体にキズや割れはありませんか?
本体が歪んだり曲がったりして、バランスが崩れてはいませんか?
鉄の弦が外れたり切れたりしてはいませんか?
全て正常な音が出ますか?
汚れたり黒ずんだりしてはいませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

ダルシマーの高価買取のポイント
使用頻度が低い元値が高いモノには、高額査定が付きやすくなります。
日本ではあまり知られていない特殊な楽器であるために、需要も低くリサイクル ショップや一般の買取店では取り扱われていないケースが多いです。
そのためダルシ マーは弊社のような専門の買取店を探して買取りに出すことが、高価買取のポイント です。
状態が良いモノには高額査定が付きますが、傷や汚れが多いと買取金額はダウンしま す。
付属品のケースやハンマーなどが揃っていれば、買取金額がアップします。
ダルシマーの査定の申し出と違う事例
・専用ケースに入れて発送すると言っていたが、段ボールに梱包しただけの状態で送 られてきた。
・付属品は全部揃っていると言っていたが、チューニングレンチが入っていなかっ た。
・聞いていたメーカーとは異なるモノが送られてきた。
・確認したサイズよりも小さなモノが届いた。
・正常に音を出せない状態だった。
・キレイで汚れも落として発送すると言っていたが、汚れや黒ずみがかなり目立って いた。
・本体に細かい亀裂があり、それが音色に影響していた。
「ダルシマーの宅配買い取り方法」
ダルシマーの宅配買取り方法は、いつもお使いになっている宅急便をご利用お願い致します。

無料査定はこちら

ダルシマーの買取製品!

ダルシマー Dusty Strings

Dusty Strings/ダスティストリングス

ハープとハンマーダルシマーを生産しているメーカー。
「ダルシマーの買取対応製品」
Prelude
D10
Overture
D45
D500

「ダルシマーとは?」
ダルシマー
ダルシマーとは、ツィター属打弦楽器として知られている楽器のことです。
また、あまり知られていない楽器ですが、チェンバロとは区別されている楽器のため、チェンバロのほうが有名ということもあり、楽器として紹介されるケースの少ないものとして有名なことが一因となり、現在でも一部の人以外は知らない楽器として有名です。
しかし、近年では珍しい楽器の価値が掘り起こされている時代でもあるので、ダルシマーのような楽器も知られるようになってきました。
また、ダルシマーという名称の由来はラテン語とされていますが、その意味は甘美な旋律です。
楽器というのは全体的に甘美な旋律を奏でるものが多いため、あまりこのような名称の由来は存在しません。
ですが、先 ほど案内したチェンバロと比較しても、陶酔感を得られるような音を奏でるため、ダルシマーのような楽器が存在することも、段々と認知されるようになっているのです。
また、テレビ番組などでも珍しい楽器を使い作曲されているものが増えています。
映画、アニメ、バラエティでも取り入られる傾向となっているため、これからダルシマーのような楽器の特集番組が増えるかも知れません。
元々ダルシマーのような楽器は、価値よりも一部の人(マニアと呼ばれている人)の間で、どれほどの評価がされているかが重要視される傾向にあるため、それほど頻繁にメディアを通じて紹介されることもありませんでした。
しかし、近年では動画投稿サイトなどのインターネットメディアを用いて、ダ ルシマーのような楽器を用いた動画などが投稿されるようにもなっているのです。
つまり、昔に比べて一部の人以外もダルシマーのような楽器を知る機会が増えてきたため、テレビ番組などでも取り上げられるようになりました。
また、ダルシマーはばちで打って演奏するという特殊な楽器でもあります。
そのため、他の楽器に比べてメディアを通じて印象の残る楽器としても注目されているため、今では多くの人から注目されている楽器にもなりました。

無料査定はこちら