ジャンベ買取

ジャンベを買取

あまり聞いたことがないという人も多いでしょうが、ジャンベという楽器が存在しています。
もちろん日本の楽器ではなく、西アフリカ地方で古くから使用されていた打楽器なのですが、見た目は地面に置いて使用する太鼓といった感じでしょう。
日本で演奏している人というのはかなり限られてしまうでしょうが、弊社ではこのような珍しい楽器類の買取も行っているのです。
人によっては珍しい外国の楽器集めを趣味にしている人もいるでしょうし、実際にジャンベを使ってみたいという人もいます。
そのため、弊社ではジャンベを保有していて、現在では全く使わなくなってしまった、売ってもよいと考えている人を探しているのです。
もちろんよい状態であれば高額買取も可能ですし、中古で購入した物であっても、普通に演奏できれば買取可能な場合が多くなっています。
最近は国内正規品のジャンベも売られているので、いろいろな国の楽器が注目されて きていると言えるでしょう。

ジャンベの買取を利用したお客様の体験談
ジャンベ買取 体験談

無料査定はこちら

ジャンベの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がジャンベを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
本体
本体
ケース
もありますか?
「状態、不具合の有無」
いつ頃どちらで購入されたジャンベですか?
今まで楽器として使用しておられたものですか?
シャンベ演奏
どれくらいの大きさですか?
本体「ボディ」が汚れたりキズがついたりヒビが入っていたりはしていませんか?
革が破れたり破れそうになったりしてはいませんか?
シャンベ破損
ヘッドが破れていたりはしませんか?
ヘッド
本体に落書きや割れ、ヒビなどはありませんか?
模様部分が欠けたり汚れたりして、本来の姿が失われてはいませんか?
太鼓の音は本来の音がきちんと出ますか?
テンション調整は問題ありませんか?
チューニングはされていましたか?
ヘッド交換をした事はありますか?
シャンベ ヘッドの交換
音の狂いはありませんか?
ボディに食い込みの跡はありませんか?
叩いていて音が上がらなかったり、抵抗感があったりしませんか?
皮がよれたり裂けたりしてはいませんか?
叩いている部分が黒ずんだり擦り切れたりしてはいませんか?
装飾や紐が切れたりなくなったりもつれたりしてはいませんか?
無理に締めて輪が切れたり、切れそうになったりしてはいませんか?

「ジャンベの宅配買い取り方法」
ジャンベの宅配買い取り方法は特殊な楽器になりますので、先ずは弊社の査定担当にお尋ね下さいませ。

無料査定はこちら

ジャンベの買取製品!

MEINL/マイネル

ジャンベ

1951年設立のシンバル・パーカッションブランド。

「MEINL/マイネルの買取対応製品」
★型式
HE-110
HE-051
HE-100
HE-1018
HE-112
HE-314
HE-3030
HDJ6-XXS
HDJ1-L
HDJ1-M
HDJ500NT
HE-3018
ADJ2-M
ADJ4-L
FADJ5-M

REMO

「REMOの買取対応製品」
★型式
DJ-1010-70
DJ-0014-PM
DJ-0014-LM
DJ-0010-05
DJ-6012-70
DJ-0014-24
LREMKD060801

TOCA

「TOCAの買取対応製品」
★型式
TFCDJ-7MV
TFCDJ-7MR
TFCDJ-7MG
TFCDJ-7MB
TF2DM-10S

「ジャンベとは?」
ジャンベ買取り
ジャンベという楽器をご存知ですか? 西アフリカで使用される太鼓の名前で、伝統楽器として古くから伝わる深胴の片面太鼓です。
昔西アフリカで栄えていたマリ帝国の領土で使われていた楽器で、マンディンゴという文化圏で葬儀や日常生活で使用されていました。
木をくりぬいて作られている太鼓で、山羊の皮を主に使用しています。
横から見ると上部は丸まっていて中央はくびれた形で、胴体には様々な装飾がされているものもあります。
普通演奏するときにはストラップなどで肩からかけて利用したり、座って演奏するときにはそのまま床に置いて、少し斜めに傾けて利用します。
この西アフリカの民族楽器であるジャンベが世界的に知られるようになったのは、ギニア出身のママディ・ケイタのお陰でしょう。
その背景には1960年頃のアフリカでの独立運動やアフリカンナショナリズムがあり、ギニアが独立した後国威発揚に伝統音楽が育成されることになりました。
これにより国立バレエ団が結成されてママディはジャンベ演奏家として活躍していましたが、その後政情不安によりフランスに渡り、ヨーロッパにジャンベが伝わる契機ともなりました。
ママディは世界各地にジャンベや伝統音楽を紹介するための学校を設立することにより、欧米や日本にも伝達されるようになったのです。
遠いアフリカの地の民族楽器が世界的に知られるようになったのが、あるひとりのミュージシャンだったというのも興味の沸く話ですよね。
ジャンベひとつで低音から高音まで表現することができることから、西アフリカの伝統音楽だけでなく、ロックやジャズなど現代の音楽にも幅広く利用されている理由のひとつでしょう。
今ではアフリカの民族楽器としてだけでなく、パーカッションのひとつとして注目されているのがジャンベです。
音楽や楽器には限界がないということをつくづく感じさせられる楽器ではないでしょうか?

無料査定はこちら