サンポーニャ買取

サンポーニャを買取

世の中には珍しい楽器もたくさんあるのですが、サンポーニャという楽器もかなり珍 しいと言えるでしょう。
日本では滅多に見ることがないので、楽器を演奏するのが好きな人でも知らないとい う人が多いと思います。
サンポーニャというのは、旧インカ帝国で使われていた楽器と言われており、管楽器 の一種です。
葦という植物を用いて作られており、長さの異なる葦の管を束ねて作られています。
このような珍しい楽器も弊社では取り扱っているのですが、おそらく他の業者で買 取ってくれるところは殆どないと言えるでしょう。
なぜなら知らない人が多く、店に置いても売れる可能性が低いからです。
しかし、弊社の場合には外国も取引先となっているので、日本では売れなくても、旧 インカ帝国周辺に住んでいる人や、珍しい楽器を収集している人であれば購入してく れます。
だからこそこのような珍しい楽器の買取を呼びかけているのです。
サンポーニャの買取依頼をしてくれる人が少ないので、高額買取のチャンスも高く なっています。

無料査定はこちら

サンポーニャの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がサンポーニャを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
ケース
※上記はありますか?
「状態、不具合の有無」
どちらで購入されたサンポーニャですか?
どちらの国の製品ですか?
汚れたり色あせたり、変色したりしてはいませんか?
本来のきれいな音が正確に出ますか?
ケースはありますか?
キズがあったり割れたり裂けたりしてはいませんか?
本来のスタイルが崩れたり、歪んだり折れたりしてはいませんか?
先が欠けたりしてはいませんか?
竹が割れたりヒビが入ったりしてはいませんか?
カビなどは生えていませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

サンポーニャの高価買取のポイント
使用頻度が低いほど、査定金額がアップします。
有名メーカーの元値が高いモノほど、高額買取りの対象になります。
ケースなどの付属品があれば、買取金額をアップさせることができます。
単体よりも複数を一度に買取りに出した方が、査定金額はアップします。
異なる種類 の楽器を一緒に買取りに出すことでも、それぞれの買取金額をアップさせることがで きます。
査定に出す前には音色の確認を行い、汚れやホコリなどは極力落とすことで、買取金 額をアップさせることにつながります。
サンポーニャの査定の申し出と違う事例
・演奏をして音に異常はないと言っていたが、正確に音を出せない状態だった。
・状態はとても良く、美品だと言っていたが、全体的に歪んでいて、先が少し欠けて いた。
・汚れを落とすと言っていたが、カビが発生していた。
・竹が割れている部分があり、それが音色に影響する状態だった。
・完全に色あせていて、全体的に変色していた。
・ケースがあると聞いていたが、ケースに傷が入っていて、使用感もかなり出てい た。
・他の楽器も一緒に発送すると言っていたが入っていなかった。
「サンポーニャの宅配買い取り方法」
サンポーニャの宅配買取り方法は、良くご利用されています運送会社の宅急便をご利用お願い致します。

無料査定はこちら

サンポーニャの買取製品!

RAMOS

サンポーニャ

「RAMOSの買取対応製品」
RAMOSサンポーニャ
RAMOSサンポーニャ マルタ

Lupaca

「Lupacaの買取対応製品」
Lupacaサンポーニャ

AYMARA

アンデス楽器の名工房。
「AYMARAの買取対応製品」
AYMARAサンポーニャ マルタ F管
AYMARAサンポーニャ マルタ G管
AYMARAサンポーニャ

Inkarimusik

「Inkarimusikの買取対応製品」
Inkarimusikサンポーニャ
Inkarimusikサンポーニャ サンカ
Inkarimusikサンポーニャ マルタ
Inkarimusikサンポーニャ クロマチック

「サンポーニャとは?」
サンポーニャ
楽器というのはとてもたくさん存在しており、中にはとても珍しい楽器も存在しているのです。
サンポーニャというのもかなり珍しい楽器なのですが、旧インカ帝国で用 いられていた楽器とも言われています。
サンポーニャという楽器は、長さの違うパイプを横に並べた物なのですが、昔は閉塞した葦の管を用いていました。
日本ではなじ みのない楽器なのですが、最近はインターネットの普及により、手に入りにくい珍しい楽器も簡単に手に入れられるようになっています。
サンポーニャも比較的演奏するのが難しい楽器と言われているのですが、吹く側はしっかりと平らに作成されているので、平らな方の管を吹くことで音が発生します。
違う音を出すときには、別の管を吹くようになるので、ハーモニカのような感じだと思っておけばよいでしょう。
ただし、ハーモニカは初めての人でも簡単に音を出すこ とができるのに対して、サンポーニャとは少々音を出すのが難しいため、初めての人は練習が必要になります。
もし購入する場合には、インターネットで購入するのが確実だと言えるでしょう。
日本国内には数多くの楽器を売っている店があるのですが、サンポーニャが売られてい る店は限られてしまいます。
ちなみにサンポーニャは比較的価格が安くなっているので、数千円台で購入することが可能です。
初めは安い物でしっかりと練習を積んでお くとよいでしょう。
コツがつかめればすぐ音を出すことができるので、今度は自由に演奏できるように練習するようになります。
大きさもいろいろとあるのですが、基本的には小さい物ほど値段は安くなっている傾向にあります。
大きな物は値段が高くなっている傾向にあるのですが、実際には大き さよりも、使用している素材による差が多くなっているのです。
ちなみにサンポーニャというのはスペイン語なのですが、何で南米で誕生した楽器なのに、スペイン語 の名前になっているのかというと、昔南米はスペインやポルトガルの植民地だったため、このような他国の言語で名前が付けられているのです。

無料査定はこちら