オカリナ買取

オカリナを買取

涙粒状の形をした小さくて素朴なオカリナは、飾り気のないとても自然な音を出すことから、長期間密かな人気を持続している楽器です。
オカリナとはイタリア語で「小さなガチョウ」を意味する言葉だということですが、世界的には様々な形をしたオカリナが使用されているということです。
素朴な形と共に素朴で飾り気のない音をかもし出す楽器ですが、日本でもお子さんから大人の方まで、幅広い年齢層に愛されていますよね。
弊社ではあらゆるオカリナの買取を現在積極的に行なっていますので、お使いでないオカリナをお持ちの方は是非弊社にご連絡ください! 昔同好会で使用しておられたオカリナや、学生時代に購入した物、家族が使っていたけれど今は誰も使用していないなど、あらゆるオカリナが自宅の隅で転がってはいませんか? そのまま保管していても誰も使うことがないものなら、是非少しでも新しいうちに弊社に高く売却されることをお勧め致します! 中古品は少しでも新しくてきれいなうちに売却されることをお勧めしますよ!

オカリナの買取を利用したお客様の体験談
オカリナ買取 体験談

無料査定はこちら

オカリナの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がオカリナを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
本体
本体
ソフトケース
セミハードケース
楽器検品証明書
桐箱ケース
※上記は、ありますか?
「状態、不具合の有無」
どちらのメーカーのオカリナですか?
オカリナの材質は何ですか?
何色ですか?
いつ頃購入された物ですか?
オカリナが汚れてはいませんか?
今まで演奏されていたオカリナですか?
ヒビや割れ、欠けなどはありませんか?
色あせしたり、変色や剥がれなどはありませんか?
ケースはありますか?
ケース
音はきれいにでますか?
第3管のレの音がでないなどは無いですか?
音程は正確ですか?
音階はどうですか?
オカリナ奏者が作ったオカリナでしょうか?
粘土の匂いがまだ残っておりますか?
作成者の印はありますか?
保管用に自分で用意した箱などがあったりしませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

オカリナの高価買取のポイント
使用頻度が低いほど、高額査定が付きやすくなります。
元値が高いほど、買取金額も高くなります。
人気メーカーのオカリナは、高額買取りの対象になります。
楽器を買取りに出す前には演奏できるか確認して、汚れやホコリをキレイに取り去る ことで、買取金額をアップさせることができます。
単品よりも複数を一度に買取りに出した方が、買取金額はアップします。
専用ケースがあれば、査定金額はアップします。
保管の仕方でも買取金額に影響が出ます。
普段から丁寧に取り扱うことも、高価買取 のポイントです。
オカリナの査定の申し出と違う事例
・桐箱ケースに入れて送ると言っていたが、自作だと思われる松の木の箱に入ってき た。
・聞いていたのと異なる色のオカリナが届いた。
・音は正常だと聞いていたが、本体がひび割れていて、それが音色に影響していた。
・音程が狂っていて、買取りするのが難しい状態だった。
・ほとんど使用していなくて美品だと言っていたが、色あせしていて色が剥げてい た。
・汚れはキレイに落としてから送ると言っていたが、触るとベトベトしていて、とて も汚い状態だった。
「オカリナの宅配買い取り方法」
オカリナの宅配買取り方法は、郵便局の「ゆうパック」などの宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

オカリナの買取製品!

アケタオカリーナ/プリマ楽器

オカリナ アケタオカリーナ

楽器・楽譜の総合卸商社。
「アケタオカリーナの買取対応製品」
T-1C、T-3G、T-2F、T-6E♭、T-5C、T-2F-P13H、T-5C-P13H、T-8B♭、T-9G、T-10F、T-12C、RT-1C、RT-3G、RT-2F、RT-5C、RS-5C、MST-2F、MXT-2F、MST-5C、MXS-5C、S-5C、AM-5C

POPOLOオカリナ/谷口陶器工場

「谷口陶器工場の買取対応製品」
オカリナ・コンチェルト> オリジナルモデル“モダン” D管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” E♭管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” アルトC管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” アルトF管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” アルトG管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” ソプラノC管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” ソプラノF管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” ソプラノG管 オカリナ・コンチェルト オリジナルモデル“モダン” バスC管 オカリナ・コンチェルト> オリジナルモデル“モダン” D管 オカリナ・スタンダード アルトF管 オカリナ・スタンダード アルトG管 オカリナ・スタンダード ソプラノC管 オカリナ・スタンダード ソプラノF管 オカリナ・スタンダード ソプラノG管 オカリナ・スタンダード バスC管 オカリナ・スタンダード オリジナルモデル“モダン” アルトC管

Night/大塚楽器

「大塚楽器の買取対応製品」
フィオレットソプラノCナチュラル
フィオレットソプラノGナチュラル
フィオレットソプラノFナチュラル
フィオレットソプラノCブラック
フィオレットソプラノGブラック
フィオレットソプラノFブラック
フィオレットソアルトCナチュラル
フィオレットソアルトGナチュラル
フィオレットソアルトFナチュラル
フィオレットソアルトCブラック
フィオレットソアルトGブラック
フィオレットソアルトFブラック
フィオレットテナーCナチュラル
フィオレットテナーCブラック
フィオレットソアルトCナチュラルノーマルブレス仕様
フィオレットテナーCナチュラルノーマルブレス仕様
フィオレットソアルトCブラックノーマルブレス仕様
フィオレットテナーCブラックノーマルブレス仕様
アンサンブルソプラノF
アンサンブルアルトC
スタンダードソプラノF
スタンダードアルトC
プラオカリナソプラノC
プラオカリナアルトC

TiAmo/ティアーモ

「ティアーモの買取対応製品」
黒陶プロモデル1C 合奏用
黒陶プロモデル2G 合奏用
黒陶プロモデル3F 合奏用
黒陶プロモデル4C 合奏用
黒陶プロモデル5G 合奏用
黒陶プロモデル6F 合奏用
黒陶プロモデル7C 合奏用
黒陶プロモデル9F 合奏用
黒陶プロモデルC1 ソロ用
黒陶プロモデルG2 ソロ用
黒陶プロモデルF3 ソロ用
黒陶プロモデルC4 ソロ用
黒陶プロモデルG5 ソロ用
黒陶プロモデルF6 ソロ用
黒陶プロモデルC7 ソロ用
イタリアーナ I-1C 
イタリアーナ I-2G 
イタリアーナ I-3F 
イタリアーナ I-4C 
イタリアーナ I-5G
イタリアーナ I-6F 
イタリアーナ I-7C 
イタリアーナ I-C1 
イタリアーナ I-F3 
イタリアーナ I-C4 
イタリアーナ I-G5 
ファエンツァ 1C 
ファエンツァ 2G 
ファエンツァ 3F 
ファエンツァ 4C
ファエンツァ 5G アルトG管 
ファエンツァ 6F アルトF管 
ファエンツァ C1 
ファエンツァ G2 
ファエンツァ F3 
ファエンツァ C4 アルトC管 
ファエンツァ W ダブルC管 
ソプラノC管
ソプラノG管
ソプラノF管
アルトC管

さくら工房

「さくら工房の買取対応製品」
オカリナ2G ソプラノG管 
オカリナ3F ソプラノF管 
オカリナ4C アルトC管 
オカリナ5G アルトG管 
オカリナ6F アルトF管 
オカリナ7C バスC管
オカリナ8G バスG管
オカリナ9F バスF管
オカリナ1C ソプラノC管 

AULOS

「AULOSの買取対応製品」
オカリナAOC-1 ソプラノC管
オカリナAOC-2 ソプラノG管
オカリナAOC-3 ソプラノF管
オカリナAOC-4 アルトC管

ピエタオカリナ

オカリナ職人・丸山金造氏の作品。
「ピエタオカリナの買取対応製品」
オカリナ 8G バスG管 
オカリナ 9F バスF管 
オカリナ XC コントラバスC管 
オカリナ アルトC管 
オカリナ アルトF管 
オカリナ アルトG管 
オカリナ ソプラノC管 
オカリナ ソプラノF管 
オカリナ ソプラノG管 
オカリナ バスC管 

Noble

韓国の楽器メーカー。
「Nobleの買取対応製品」
ノーブルオカリナ アルトG管 【ブラック】 ノーブルオカリナ アルトG管 【素焼き】 ノーブルオカリナ アルトC管 【ブラック】 ノーブルオカリナ アルトC管 【素焼き】 ノーブルオカリナ アルトF管 【ブラック】 ノーブルオカリナ アルトF管 【素焼き】 ノーブルオカリナ コントラバスC管 【ブラック】 ノーブルオカリナ コントラバスC管 【素焼き】 ノーブルオカリナ ソプラノC管 【ブラック】 ノーブルオカリナ ソプラノC管 【素焼き】 ノーブルオカリナ ソプラノF管 【ブラック】 ノーブルオカリナ ソプラノF管 【素焼き】 ノーブルオカリナ ソプラノG管 【ブラック】 ノーブルオカリナ ソプラノG管 【素焼き】 ノーブルオカリナ バスC管 【ブラック】 ノーブルオカリナ バスC管 【素焼き】 ノーブルオカリナ バスG管 【ブラック】 ノーブルオカリナ バスG管 【素焼き】

Focalink

「Focalinkの買取対応製品」
フォーカリンクオカリナ アルトG管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ アルトC管 <<磁器製>>
フォーカリンクオカリナ アルトC管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ アルトF管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ コントラバスC管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ ソプラノC管 <<磁器製>>
フォーカリンクオカリナ ソプラノC管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ ソプラノF管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ ソプラノG管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ バスC管 <<漆仕上げ>>
フォーカリンクオカリナ バスG管 <<漆仕上げ>>

「オカリナとは?」
オカリナ
最近、オカリナがひそかなブームになっているのをご存じですか? 1998年にリリースされたゲーム「ゼルダの伝説 時のオカリナ」にオカリナが重要アイテムとして登場しています。
ゲームの世界を再現するコスプレでも主人公リンクにはオカリナは必須です。
コスプレ専用のオカリナも販売されているくらいです。
40年近く前もオカリナがブームになりました。
1978年にTVアニメ「キャプテン・ハーロック」で重要なキャラクターの一人・まゆが肌身離さず持っていたのがオカリナです。
また、小泉今日子が1987年7月にリリースした「Smile Again」でも間奏でキョンキョン自らオカリナを吹いています。
このとき小泉今日子は「何か楽器を、と思ったんだけど、自分は何もできないし、オカリナなら手軽でいいかなって思って」と当時の歌番組で話していたます。
また昭和の一時期、学研の「4年の学習」ではプラスチック製のオカリナが附録についていたこともありました。
オカリナは土製の笛の1つです。
一般的には鳩のような形をしていて、音の出し方は小学校で習うリコーダーと似ているので、他の楽器と比べると扱いやすい楽器です。
リコーダーやクラリネットのような管(くだ)状ではなく、閉じた形になっていますが、管楽器の部類に入っています。
オカリナの起源はメソポタミアや南アメリカのマヤ文明の遺跡に見られ、歴史的にかなり以前から存在していることがわかります。
楽器として確立したのは19世紀のイタリアで、その語源は「ガチョウ(oka)+子(rina)」つまり、ガチョウの子ども、という意味でした。
なるほど言われてみれば鳩というよりガチョウの子どものような形をしていますね。
オカリナは大きく分けてアルトC、ソプラノG、ソプラノFの三種類がありますが初心者の方はアルトCが持ちやすい大きさで、手軽に使えるのでおすすめです。
オカリナ奏者の宗次郎さんは有名ですよね。
リコーダーはちょっと子どもっぽいとか、子どもの頃に持っていたけどなくしてしまった、そんな方にオカリナは人気なのです。

無料査定はこちら