電動一輪車買取

電動一輪車を買取

日本人は小さい頃から自転車に乗る機会はあっても、一輪車に乗る機会と言うのはそうそう多くありません。それに、一輪車に乗る機会があったとしても、上手に乗れるようになることは大変難しいことでしょう。しかし、技術の進歩と言うものは驚きでして、最近では誰でも乗れる一輪車が販売されています。

それが電動一輪車と呼ばれるものですが、何と機器自体が自動的にバランスを取ってくれる機能が付いているのです。そのため、誰が乗っても転ぶことのないと言う信じられない状況が実現できてしまいます。それでも、この電動一輪車はまだ新しい商品ですので、定価で十万円前後の価格が設定されていることも珍しくありません。

弊社では少しでも多くの方に使っていただくために、お使いになってない電動一輪車を積極的に買い取っています。弊社ではどんなメーカーでも買取ますので、まずは仮査定による気軽な見積査定をお試しいただきますようお願い申し上げます。

無料査定はこちら

電動一輪車の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
電動一輪車を当社に売却される前に、購入年・メーカー名・製品名・新品?未使用?中古?などをご確認お願い致します。
「付属品の有無」
以下の付属品は付属していますか?
・本体
本体
・専用急速充電器
・コンセント 変換プラグ
・練習用ベルト
・マニュアル類
・DVD
「状態、不具合の有無」
充電することにより電源がオンになってスイッチが入りますか?
電源
充電はスムーズにできますか?
色は何色ですか?
バッテリーは劣化していませんか?
本体が汚れたりキズがついたり割れたりしていませんか?
タイヤがパンクしたりキズがついたりしてはいませんか?
電池の残量を表示するランプは正常に付きますか?
補助輪は正常に回りますか?
補助輪
付属品の充電器とドライブ補助ベルト、補助輪はありますか?
塗りが剥がれたり黒くなったりしていませんか?
速度制限や自動停止などの安全装置は正常に稼動しますか?
バッテリーが最低限になると自動でストップしますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

電動一輪車の高価買取のポイント
元値が高いほど、買取金額は高くなります。
ホンダなどの人気メーカーほど高額査定 が付きやすくなっています。
電動一輪車は高額商品で特殊機械でもあるため、利用する買取店選びが高価買取の重 要なポイントです。
正常に作動することはもちろんですが、バッテリーが劣化しているなどの不備があれ ば、マイナス査定になります。
買取りに出す前には動作確認を徹底的に行い、メンテナンス可能な場合はそれを行う ことで買取金額をアップさせることができます。
電動一輪車の査定の申し出と違う事例
・本体もキレイでバッテリーにも異常がないということでしたが、バッテリーは劣化 していて、本体にもかなり細かい傷がついていた。
・電池の残量を示すライトが付かない状態で、修理が必要だった。
・補助輪に異常が見られ、交換しなければ正常に走行することができなくなってい た。
・タイヤがかなり劣化していて、パンク寸前の状態だった。
・美品と聞いていたが、本体の塗装が剥げかかっていて、補助ベルトにも損傷が見つ かり、査定金額よりも買取金額を下げなければ対応できない状態だった。
「電動一輪車の宅配買い取り方法」
電動一輪車の宅配買取り方法は、普段良くお使いになられています運送会社の宅急便などをご利用下さいませ!

無料査定はこちら

電動一輪車の買取製品!

ホンダ/HONDA

電動一輪車 ホンダ

輸送機器及び機械工業メーカー。
「HONDAの買取対応製品」
U3-X、UNI-CUB、UNI”CUB β

Ninebot

「Ninebotの買取対応製品」
ninebot ONE

UNIGO

「UNIGOの買取対応製品」
UNIGO-DX、UNIGO-M、UNIGO-E

「電動一輪車とは?」
電動一輪車
電動一輪車は、あのセグウェイを作った会社と合併したナインボット社が開発したNinebotONE(ナインボット・ワン)が有名になりました。
このナインボット社は、セグウェイを買収して、一気に開発を加速しているところです。
その上、お手頃な値段で販売するなどでも評判を呼んでいます。
このナインボット・ワンは、足だけで簡単操作できるほか、スマートフォンと連携するアプリがあったり、自分色にカスタマイズできるなど、色んなオプション機能も人気の一つとなっています。
そしてもう一社はSEAFORCE(シーフォースワン)のUNIGO(ユニゴー)電動一輪車ですが、こちらもシンプルで低価格を売りにしていますが、元々は日本の機械の会社で、佐々木商店という老舗の会社です。
70年に渡って営業しているとても機械に詳しい会社で、現在も電動一輪車以外にも色々な機器の製造販売を手掛けています。
そして最後は、世界的にの有名なあの日本のHONDAがこの電動一輪車の開発に参戦しています。
こちらは、足だけでなく、お尻で座りながら足を乗せてバランスを取れるタイプが主流で、やはり体重の移動で走る仕組みになっています。
制御機能と軽量なのが売りで、座るタイプ技術は日本のHONDAならではの優しい造りです。
どちらの電動一輪車も、まるで未来にタイムスリップしたかの様な作りになっていて、持っていると、自慢したくなるくらいのデザインばかりです。
でも、公道で走るのは危ないので、公園などで遊ぶのにはとても楽しい乗り物として出来上がっています。
どの会社も体重移動を中心として開発されていて、立っているだけで前にすすんだり、曲がったりする丸い物体で、とても不思議で次世代を思わせる様な構造になっています。
現在はあまり見かけることはありませんが、これから電動一輪車を見かけることが増えることは間違いないです。
そして、もっともっと開発も進んでいくことでしょう。

無料査定はこちら