衛星携帯電話買取

衛星携帯電話を買取

衛星携帯電話とは、通信衛星と直接通信可能な携帯電話本体です。
従来の電線による通信網、または地上における無線通信技術とは根本的に異なり、通話可能範囲が飛躍的に拡大するのが特徴です。
技術・理論的には少ない地上拠点設備により、広範囲の通信網が可能になる技術です。
通信範囲が半径約36,000kmにも及ぶと言われており、中継拠点が地球上で10箇所もあれば、ほぼ地球上の全ての地域で通信・通話が可能になるとまで言われている最新技術機器の一つです。
日本では現在、電波法と電気通信事業法に基づき、KDDI・日本デジコム・JSAT MOBILEの3社が意欲的に着手しています。
大規模災害や、洋上での遭難事故などにも対応可能となる通信技術であり、現在世界中で注目を集めている衛星電話。
この通信網を日本国内の領海・領土治安の目的限定で行われている「ワイドスター」というサービスが時折メディアを賑わせることも。
一般向けに提供されるのが待たれる最も新しい通信技術の結晶。
それが、衛星携帯電話なのです。

日進月歩の開発技術向上により、続々と新しい機種が増えている衛星携帯電話。
買った後に発売されたモデルが欲しい…
そんな方は、ぜひ弊社にご相談ください。
中古携帯・スマートフォンを買取しているショップは多いですが、衛星携帯電話を扱っているショップは、探すだけでも一苦労。
そんなオーナーの皆様のお力にならせて頂きます!
衛星携帯電話

無料査定はこちら

衛星携帯電話の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が衛星携帯電話を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
付属品
バッテリー
USBデータケーブル
クイックスタートインフォシート
ユーザーマニュアル旅行充電器
※上記、付属品はありますか?
「状態、不具合の有無」
どちらのメーカーの衛星携帯電話ですか?
今まで実際に使用しておられましたか?
何年くらい使用しておられましたか?
どのようなタイプの衛星携帯電話ですか?
バッテリーや補助アンテナやアダプター、プラグセットなどの付属品やオプションはありますか?
故障や不具合はありませんか?
今まで正常に使用しておられましたか?
今すぐに使用できる状態ですか?
ヘッドセットやミニUSBケーブルはありますか?

「衛星携帯電話の宅配買い取り方法」
衛星携帯電話の宅配買取り方法は、普段良くお使いになっています運送会社の宅急便をご利用下さいませ。

無料査定はこちら

衛星携帯電話の買取製品!

【thuraya/スラーヤ】

thuraya/スラーヤ

アラブのThurayaSatelliteTelecommunicationsが提供している衛星電話サービス。
thuraya XT SIMフリー
Thuraya XT LITE SIMフリー

【SoftBank】

大手電気通信事業者。
SoftBank201TH

「衛星携帯電話とは?」
衛星携帯電話
衛星携帯電話とは通信衛星と通信する電話機を利用して提供される電話サービスのことをいいます。

現在電線を使用した有線電話と、無線通信技術を利用した携帯電話がありますが、衛星携帯電話の場合は利用可能な地域が広く、地上で設備が少なくても技術的にサービス提供は可能です。

けれども税金問題や無線局の免許、政府により規制などにより自由に使用できない地域もあります。

静止衛星を利用したものは端末やアンテナを小型にすることができるので、マルチビーム方式のスポットアンテナを搭載して、交換設備が内蔵された衛星が利用されます。

通信距離が長いので遅延時間が大きく、高緯度地域などでは障害物などにより通信が困難な場合もあります。

インマルサットが開発して衛星電話のサービスが始まりましたが、実際は民間企業が行なっています。

太平洋や東と西の大西洋、インド洋の4つの静止衛星を使用していて、陸上や海上、空中どこでも通信が可能になっています。

日本では電波法と電気通信事業法に基づいてKDDIと日本デジコム、JSAT MOBILE Communicationsがサービスを行なっています。

日本領土向けのサービスではるワイドスターは1996年に日本海岸の基地局を利用して船舶電話を利用するためにサービスが開始しました。

NTTドコモが静止衛星を利用して日本領土向けのサービスを提供していて、海上や陸上や空中でも利用することができます。

長距離フェリーや山の頂上にある売店などにある公衆電話でも利用されており、自衛隊や海上保安庁職員が駐在している島でもサイドスターの電話が使用されています。

NTTドコモがサービスを提供しているために、携帯電話と同じように090や080の電話番号がついており、電話のかけ方も同じです。

ただ海外のキャリア衛星電話の場合には国番号や特定番号が必要になります。

2010年からはワイドスターⅡでサービス提供がされており、通信速度はアップしてパケット通信料金は値下げされました。

また衛星コンステレーションを利用したら携帯電話と同じ小型の端末機で高緯度地域でも交信が可能で、大型のアンテナがなくても通信することができます。

ただ地上の携帯電話ネットワークの普及や静止衛星ネットワーク機器の小型化などにより、需要が伸びずに発展しませんでした。

衛星携帯電話は災害時や山間部、電波が届かない奥地や船舶でも利用が可能なので、緊急時や携帯電話ネットワークが届きにくい地域では必須のアイテムとなっています。

無料査定はこちら