セグウェイ買取

セグウェイを買取

2000年代に入りまして自動運転技術などが飛躍的に向上して来ていますが、軽車両に関してもその技術向上は非常に目覚ましいものがあります。その中で、その代表格と言えるのがセグウェイと呼ばれる左右車輪の二輪車と言えるでしょう。この二輪車は非常に特殊でして、ペダルをこぐ必要もなくて搭乗台に乗ってハンドルを操作するだけになります。

セグウェイの操作法における大きな特徴は、搭乗者の体重移動により前方への加速・減速が可能になっているのです。しかし、このセグウェイは当初数十万円するほど高価なものでしたが、現在はいろんなメーカーによって参入されまして、似たような商品もありますがまだまだ一般人が手に入れるには敷居が高いと言わざるを得ません。

そこで弊社では、できるだけ多くの方に使用していただくためにセグウェイの積極買取を進めています。まずはお電話越しによる仮査定をご活用いただいて、お気軽な見積査定申し込みをお試しください!

無料査定はこちら

セグウェイの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
セグウェイの査定前に、購入年・新品?未使用品?中古?などをご確認お願い致します。
■付属品
予備キー
日本語マニュアル/DVD
ACケーブル
※上記、付属品は付属していますか?
「状態、不具合の有無」
正常に走行が可能ですか?
セグウェイ 正常 操作
色は何色ですか?
商品のサイズは何インチですか?
本体にキズや汚れはありませんか?
どれくらいの期間使用されましたか?
前進、後進、旋廻など自由に走行しますか?
ライトは点灯しますか?
セグウェイ ライト 点灯
充電が正常に可能ですか?
充電するのに異常に時間がかかったり、充電中に異常に熱くなったりしませんか?
バッテリーが劣化してすぐに放電したりしませんか?
リモコンや専用パック、充電器などの付属品は全て揃っていますか?
きちんと自分で操縦することが可能ですか?
キズや汚れなどは付いていませんか?
どのような場所で使用することが多かったですか?
ハンドリングはきちんとできますか?
付属品類は不足していませんか?
タイヤはすり減っていませんか?
セグウェイ タイヤ 摩耗
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

セグウェイの高価買取のポイント
新製品ほど高額買取りの対象になります。
できるだけ新しいうちに売ることが、高価 買取のポイントです。
動作には異常がないかをしっかり確認して、メンテナンスを行ってから買取りに出し た方が、高額買取りを期待できます。
機械物は普段からいかにお手入れをしているかで、買取金額にかなりの影響を及ぼし ます。
状態が良い方が高額買取りされやすくなります。
予備キーなどの付属品は、全部揃えて買取に出しましょう。
欠品があればダウン査定 になるので気を付けましょう。
セグウェイの査定の申し出と違う事例
・走行性に問題があり、修理しなければ再販できない状態だった。
・聞いていた色とは異なるものが届き、付属品も揃っていなかった。
・走行には問題ありませんでしたが、ライトが点滅しなく、交換が必要だった。
・本体に傷はないと聞いていたが、目立つ傷が1つと細かい傷が多数確認された。
・使用期間は短く、10回ほどしか乗っていないと聞いていたが、明らかにかなり使い 込んでいるのが分かった。
・後進する動作に異常が見られ、メンテナンスが必要だった。
「セグウェイの宅配買い取り方法」
セグウェイの宅配買取り方法は、当社の査定担当者にお問い合わせ下さいませ!

無料査定はこちら

セグウェイの買取製品!

Segway Inc.

セグウェイ Segway

アメリカの発明家を中心に開発された、電動立ち乗り二輪車を販売しているメーカー。
「Segway Inc.の買取対応製品」
i2 SE パトローラー
i2 SE カーゴ
x2 SE パトローラー
x2 SE 芝用モデル
x2 SE ゴルフ
PT x2SE 芝用モデル
PT x2 SE オフロード基本モデル
PT x2 SE パトローラー
PT x2 SE 芝用モデル
PT x2 SE ゴルフモデル
PT i2 SE パトローラー
PT i2 SE 基本モデル
PT i2 SE カーゴモデル

「セグウェイとは?」
セグウェイ
セグウェイの正式名称はSegweyRPersonalTransporter,PTといい、アメリカ人のディーン・ケーメンという人が開発した電動で立って乗れる二輪車のことです。
現在は、日本でもセグウェイジャパンという会社があり、セグウェイを始め、ロボットや電動アシスト台車なども販売しています。
セグウェイは、ブレーキやアクセルなどはなく、自分の体の重心を動かせばその通りの方向に行くという仕組みです。
充電式で、電気で動きます。
パワーボタンを押すだけで動き始めます。
例えば前に行きたい時には体を前に傾ければ、前に進み始めます。
ハンドルが手元にあるので、それを右に行きたい時には右に動かせば、右の方に方向転換します。
止まりたい時には、後ろに体を傾けると止まります。
近年は公道で走ってもいい規則ができ始め、公道の道路を走れるものと、そうでないものとに分けられています。
公道で走れるものをオンロードモデル、そうでないものをオフロードモデルと分けています。
警察官も使えるタイプもあり、それをパとローラーやカーゴと呼び、バラエティはどんどん増えていってます。
それから、ゴルフコース用セグウェイも最近は活躍しています。
ハンドルの無いタイプも発売されていて、スクーターハンドフリーと呼び、そちらも人気で格安になっています。
最近ではナインボットという、セグウェイの会社の仲間が発売したものが低価格で販売される様になりました。
ナインボットの方は、手放しのタイヤが一個しかない一輪車の様なタイプも販売されるようになりました。
開発はどんどん進んでいて、更に近未来的なものが発売されていくでしょう。
セグウェイはあまりスピードが出ないため、安全に走行でき、身体障碍者の歩行の補助にも使われている国があります。
日本では公道を走っている姿はあまり見かけませんし、制限されていますが、これからの時代に活躍すること間違いなしです。
ちょっと価格が高価ですが、開発が進むにつれ、安くなってくるでしょう。

無料査定はこちら