シアターバー買取

シアターバーを買取

当社ではオーディオ好きの方たちに人気があるシアターバーの買取りを行っています!

シアターバーには数千円でお求めいただけるものや高性能な高額なものまでいろいろな商品がありますが、当社では様々な種類のシアターバーの買取りに対応しています!

シアターバーで有名なヤマハ製品の人気商品になれば高価買取を期待することができ、その他にもパナソニックやパイオニアやソニーなど、全てのメーカーのシアターバーをどこよりも高値で買取しています!

特に、正常に作動して本体に傷や汚れがないものや、新品に近いものほど査定金額は大幅にアップします!シアターバーには各種スイッチやボタンなどがたくさんあるので、買取りに出す前には全てのスイッチやボタンに異常がないかを確認するようにして下さい。

無料査定はこちら

シアターバーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
購入年月・メーカー・製品名・新品?中古の場合は大体の使用期間などを弊社の担当まで正確にお伝え下さいませ。
■付属品
取扱説明書
リモコン
HDMIケーブル
電源コード
Irシステムケーブル
両面テープ
壁掛け金具
ねじ
光デジタル音声コード
※上記、付属品は全てありますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈外部の状態について〉
シアターバー
・使用感はありますか?
・傷やスレ、欠け、汚れはありませんか?
・衝撃によるヘコミや保存環境による変形はありませんか?
・各取付け部はしっかりと固定されていますか?
・スピーカーが変形していませんか?
・ケーブルやコードに損傷はありませんか?
・端子部に埃の詰まりや変形はありませんか?
・コンセントに差し込んだ際に不安定になりませんか?
〈操作について〉
シアターバー
・電源は入りますか?
・運転ランプは点灯しますか?
・各スイッチが正常に作動しますか?
・設定の切替が行なえますか?
・Bluetooth機能がある場合、外部機器によるワイヤレス操作が可能でしょうか?
〈再生について〉
シアターバー
・音が出ますか?
・音量調整が正常に行なえますか?
・音の臨場感や音域が正常に得られますか?
・センターポジションがズレていませんか?
〈動作について〉
・電源が切れやすい、点いたり消えたりするなどの不良はありませんか?
・急に音が出なくなることはありませんか?
・外部機器との接続が正常に行なえますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、シアターバーの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※購入する時についてきた取扱説明書や保証書の他に、リモコンや壁掛け金具などが全て揃っていれば査定金額はアップします!
※シアターバーはどんどん新しい機種が販売されるため、なるべく早く買取りに出すことが高価買取のポイントとなっています!
※シアターバーの他にも、不要になったオーディオ機器があれば、まとめて買取りに出すことで査定金額を高くすることができます!
※新品・未開封品が最も高査定になりますが、中古品でも傷や汚れがなく、キレイに使用していたものほど高額査定が出やすくなります!
■買取り前の掃除の注意事項■
*清掃する前には、電源プラグをコンセントから抜き、乾いた柔らかい布で拭いてください。
*汚れがひどい時は、水に浸した布をよく絞ってから汚れを拭き取って、乾いた布で拭いてください。
*ベンジン、シンナー、アルコール、台所洗剤などの溶剤は、外装ケースが変質したり、塗装が剥げる恐れがあるので、使用しないでください。
*化学ぞうきんを使用するときは、注意書きに従ってください。
*リモコンの細かい部分のホコリを布や綿棒などできれいに拭いてください。
「シアターバーの宅配買い取り方法」
シアターバーの宅配買取り方法は、普段良くご利用されております運送会社様の宅急便をご利用下さいませ。
*シアターバーの梱包注意点
■元箱が無い場合
・ケーブルや電源コードなどは、各種類ごとに綺麗にまとめておいてください。
・壁掛け金具やネジ固定用ピンなどの小さな付属品は、各種類ごとに小さなチャック付きビニール袋に入れておいてください。
・リモコンは、全体をプチプチで3重に包んでください。
・スタンドなど、壊れる可能性のある付属品は、必ず一つひとつ個別にプチプチで包んでください。
・本体は、全体をプチプチで3重以上に包んでください。
・取扱説明書や保証書は、ビニール袋の中にお入れください。
・ダンボール箱の底面に緩衝材を敷き、その上に本体・付属品・必要書類を入れてください。
・お送りいただく製品とダンボール箱の間に出来る隙間、上部分にもしっかりと緩衝材を詰めておいてください。
・ダンボール箱を揺さぶり、中の製品が大きく動かなくなるくらいしっかり緩衝材を入れ、弊社宛にお送りください。

■元箱がある場合
・元箱の中に、購入時と同じスタイルで本体や付属品を入れてください。
・必要書類も元箱の中に入れてください。
・元箱全体をプチプチで3重~5重に包み、その上に送り伝票を貼り、弊社宛にご発送ください。

無料査定はこちら

シアターバーの買取製品!

Panasonic

シアターバー

家電製品の他にも産業機器・通信機器・住宅設備・環境関連機器など電気機器を中心に多角的な事業を展開する大手家電メーカーPanasonic。
「Panasonicの買取対応製品」
HTB880-K、HTB580-K、HTB170-S、HTB170-K、HTB8-K、SC-HTB570、SC-HTB550、SC-HTB20、SC-HTB520、SC-HTB50、SC-HTB15、SC-HTB10

YAMAHA

シアターバー

世界最大の楽器メーカーYAMAHA。ピアノ生産量では世界シェア1であり、ピアノ以外にもギタードラム・管弦打楽器・デジタル楽器・プロユースのPA機器など豊富なラインナップがあります。
「YAMAHAの買取対応製品」
YHT-S400、YHT-S401、YAS-201、YAS-103、YAS-152、YAS-101、YAS-93

パイオニア

シアターバー

「パイオニアの買取対応製品」
HTP-SB560、HTP-SB760、SBX-N700、SBX-N500、SBX-300

SONY/ソニー

シアターバー

大手電機メーカーのSONYは、AV機器分野において世界最大手であり、特に音響・映像機器・放送機材では世界屈指のブランド力を持っています。
「SONY/ソニーの買取対応製品」
HT-ST7、HT-ST5、HT-ST3、HT-CT370、HT-CT260、HT-CT550W、HT-CT150、HT-CT350、HT-CT500、HT-CT100

ONKYO/オンキヨー

シアターバー

「ONKYO/オンキヨーの買取対応製品」
SBT-200、SBT-100、LS-B40、LS-B50

シアターバーのリユース事情

シアターバーをお売り下さる方の中には、長年使用してきたけど、そろそろ新しいものが欲しくなったので、買い替えのため不要になり売ることにした、など様々な事情を抱えていることを伺います。
他にも引っ越しを機に売りたいという方や、処分しようと思っていたけど、もし現金化できるならしたいという方もいらっしゃいます。
弊社ではまだ使用できるようなものは買い取り可能ですので、多くのお客様のお役に立っています。
またそのようにリユースしたものを喜んでお買い求め頂くケースも多くなっていて、これからも様々なお客様のため、リユース事業を展開していきます。

シアターバーの素晴らしさ

デザインが細長いのが特徴的なシアターバー。
見た目がスタイリッシュで、洗練されているので、インテリアとして活用されている方も多いかもしれません。
ヤマハやパナソニックなど大手メーカーを始めとする、各メーカーから様々なものが展開されていますが、どのメーカーのものも最近では音質が良いものが多く、その臨場感を楽しむことができます。
音楽好きの方は多いと思いますが、ビギナーの方からマニアな方まで様々な人たちの心を魅了してやまないのがシアターバーです。

「シアターバーとは?」

 シアターバーとは

一昔前までは大画面のテレビは価格が高くて、なかなか一般的な家庭では 気軽に買えるような商品では無かったけれど、中国、台湾などの国々から輸入される品物が増えるに従って価格も右肩下がりに下落し、今では4Kの50インチでも12万円前後で買えてしまうなんて、出始めの頃に高い値段で買った人が可哀想なくらいの下がりようですね。テレビの下落に伴い周辺機器も下落傾向気味でシアターバー(サウンドバー)や、サラウンドスピーカーの購入する方々も多いので、今回はシアターバーについてお話します。

 『シアターバー』とはパナソニックから発売されているサウンドバーの商品名です。テレビの前面下部に設置するスピーカーです。いままで『5.1chサラウンド』を再現する音響設備には、サブウーハーと5個のスピーカーを設置して『5.1chサラウンド』を楽しんでいましたが、『シアターバー』を使用すれば、ホームシアター環境がすぐに構築できるので部屋中にスピーカーを置く事も無く手軽に楽しめます。
 現在の住宅事情で大画面テレビと6台のスピーカーが置ける環境の方は少ないでしょうから、『シアターバー』の出現は音響マニアのみならず、音のこだわりを求める方々が、狭い部屋でも奥行きと立体感のある音を楽しめるので好評です。しかしメリットだけでは無くデメリットについても触れておきます。
 『シアターバー』などのサウンドバータイプのスピーカーは「バーチャルサラウンド」と呼ばれております。バーチャルと付いているので、あくまでも疑似的な音響システムなのです。ですので個別にスピーカーを用意する物と比較すれば、サラウンド感が低下する事は否めません。
 サウンドバータイプでは、より奥行きのサウンドを求める為にリアスピーカーが付属する製品がございますが、パナソニックのシアターバーシリーズには残念ながらリアスピーカー付属タイプはラインアップされていないのが現状です。

無料査定はこちら