元箱が無くホームセンターなどでも丁度良いサイズのダンボールが見つからない場合は?

元箱 ダンボール 見つからない

大きな家電製品などは、初めから箱が付いていない状態で配送されてくることもあります。人によってはダンボールを置く場所がないからと、購入時に処分してしまうこともあるでしょう。このような場合であっても弊社ではダンボールを自身で用意してもらうようになるのですが、ダンボールを購入するにもお金がかかってしまいます。中には近くにダンボールを売っているようなホームセンターがない場合もあるでしょう。このようなときにはどうするべきなのでしょうか。

このような場合には、無理をしてダンボールを購入する必要はありません。家電製品などを購入した店や、普段よく利用している店に行けば、通常ダンボールは余っています。中にはダンボールを自由に使用できるサービスを実施している店もあるでしょう。弊社ではこのような店でダンボールを譲ってもらうことを推奨しています。そうすれば手間暇はかかっても、お金をかける必要はありません。また、必ずしも自分は売りたい製品のサイズに合った段ボールがあるとは限りません。

このようなときにも売りたい商品のサイズに合ったダンボールを探す必要はなく、複数のダンボールを繋ぎ合わせて使用するようにしましょう。梱包するときには、ダンボール同士が取れないように、ガムテープや紐などでしっかりと固定します。特に配送中ぶつかってしまう可能性がある場所には、きちんとダンボールで保護しておかないと、傷が付いたりへこんだりして買取価格が下がってしまう可能性もあるでしょう。

ダンボールを複数繋ぎ合わせて使用する場合には、できる限り売りたい商品の本体部分が見えないようにするのが望ましいです。繋ぎ合わせる部分は二重になるので、突起が出ている箇所などに合わせるとよいでしょう。もし置く場所に余裕があり、いつかは買取サービスを利用したいと考えているのであれば、ダンボールを保管しておくのもおすすめできます。ダンボールを使用するケースは比較的多くなっていますし、保管しておくと役に立つこともあるでしょう。

そうすればわざわざダンボールをもらいに行く手間を省くこともできますし、リサイクルにもなるので環境にも優しくなります。大きすぎればちぎって使用することもできますし、小さすぎれば繋ぎ合わせて使用することもできるので、ある程度の数を保管しておくとかなり重宝します。もらいに行く場合には、スーパーで買い物をしたついで、ホームセンターや商店街で買い物をしたついでに欲しいと言えば、大半の店では譲ってくれるでしょう。