ブラックフライデーについて

ブラックフライデーについて

日本でも徐々に広まっているサイバーマンデー。祭日ではありません。オンラインショップの年末商戦開催日です。

サイバーマンデーは何時始まった?


11月の第4木曜日にあるアメリカの感謝祭の翌日、ブラックフライデーは年間で最も売上のある特売日。ブラックフライデーから週末に掛けてアメリカの実店舗は、多くの人でにぎわいます。これに比べオンラインでの年末商戦の開催日は、祭日週末が明けた月曜日。そのためにサイバーマンデーと呼ばれているのです。サイバーマンデーと言う言葉は2005年に「shop.org」で使われました。オンラインショッピング、24時間何時でも出来るのにどうして月曜日なんでしょうか?

サイバーマンデーが月曜日の訳は?


感謝祭の祭日は殆どの人が休み。祭日の間は故郷に帰り、自宅に帰ってきてまた月曜から仕事。

今でこそ自宅でも高速回線でオンラインショッピングを楽しむ事が出来ますが、以前は職場の高速回線を使ってオンラインで買物をする人が多くいたからです。オンラインショップが感謝祭明けの月曜日、売上が異常に伸びている事から「サイバーマンデー」と名売って、キャンペーンを張りセールを始めました。

ブラックフライデーと同じように事前に商品を発表する為に、サイバーマンデーを待って購入する人が増えています。

アメリカでは感謝祭からクリスマスまでが、ホリデーシーズンと呼び実店舗、オンラインショッピング共に最も売上も収益も上がる時期です。

日本でもアメリカへの事業展開を行っている所は、サイバーマンデーを意識して特別割引を行っている企業もあります。日本でもアマゾンを始め徐々に定着してきているようです。

サイバーマンデーについて

サイバーマンデーについて

最近日本でも聞くようになったブラックフライデーアメリカで始まった感謝祭の翌日の特売日です。人気商品が半額以下になるすごい特売日です。

ブラックフライデーの歴史から。


日本にはお盆とお正月があり、家族が皆集まります。アメリカでは11月の第4木曜日にある感謝際(サンクスギビング)と、クリスマスが親戚が皆集まる日。

感謝祭の木曜日から日曜日まで4連休になる所が殆どです。ブラックフライデーは1960年代にこの感謝祭の翌日、フィラデルフィアの小売店で始まった物。

もともとはクリスマスの商品の為に、それまでの売れ残りを一切セールしてたものです。しかし割引率が高く、現在では事前にどの商品が幾らで販売されるかを出しているので、開店前から多くの人が店舗に並び警察が警備に当たる事も多くあります。

ブラックフライデーはフィラデルフィアの警官がこの祭日に借り出され、少しでも安くと殺到するお客の対応をしなくてはいけない事から「黒い(ブラック)金曜日」と読んだのが始まりです。

ブラックフライデーは年末商戦の開幕。


現在ではアメリカ全土に広がり、ブラックフライデーは1年で最も物が売れる日と認識され、この日の売上で景気の動向を知る事も出来るようです。

またネガティブな意味のブラックから黒字、最も収益を見込める日と言うブラックフライデーと解釈もされています。割引率の高さ、それに先着○○様となっている為に、目当ての物を購入する為に皆必死です。

開店を待ち商品に殺到する人たち、商品を取り合う人たちなどが毎年ニュースで取り上げられています。そして買物のあとには皆戦利品を自慢しあうのです。

ブラックフライデー、サイバーマンデー期間も買取中!

ブラックフライデー、サイバーマンデー期間も買取中!

弊社ではいろいろな商品の買取を行っているだけではなく、365日いつでも買取可能となっています。売りたい物がたくさん存在しているけれど、平日は忙しくて休むことができないという人や、休みが少なくてなかなか買取依頼ができない人、休みの日が不定期で決まっていないという人でも安心して買取依頼が可能です。最近はやたらと横文字を使用するケースや、外国のイベントなどを重要視する風習があるのですが、その中には感謝祭の後の曜日を示すような言葉もあります。

それがブラックフライデーやサイバーマンデーなどと呼ばれている言葉なのですが、日本人には全くなじみがないと言えるでしょう。簡単に言えばブラックフライデーというのは、感謝祭の翌日の金曜日を指します。たくさん物が売れて黒字になることからこのような呼び方をしていると言われているのですが、当然日本には関係のないことなので、普通に弊社では不用品の買取受付を行っています。他にもサイバーマンデーという言葉が存在していることを知っている人もいるでしょう。

サイバーマンデーというのは、感謝祭が行われた週の翌週の月曜日を指します。もちろん日本にはこのような呼び方は通常存在しないので、普通の月曜日であることから、問題なく弊社では買取が可能です。さらに、ネットショップが賑わうイベント期間はチャンスです。多くの人がネットショップを見る機会があり、物が売れます!あなたが捨てようと思っていたものも、もしかしたら必要としている人がいるかもしれません。

日頃使っていないもの、捨てるにはもったいない物などお持ちの方はぜひ弊社にご連絡ください!