暮らしの中のエコな知恵連載(法人版)5

エコ 太陽光パネル

エネルギー問題に関心が高まって以来、新築する屋根には太陽光パネルを設置したり、ビルの一部を太陽光パネルにして太陽光発電をしている姿もよく見かけるようになりました。
思ったよりも簡単に太陽光発電を行うことができ、自宅で使用する電力は全てまかなっているという家庭も多いようです。
毎月の電気代の節約にもなって、何よりもエネルギー問題の解決に大きく第一歩を踏み出している、というイメージを受けます。

太陽光パネルの設置や風力発電のグライダーの設置は、それほどお金もかからずに簡単に行うことができます。
太陽光パネルとバッテリーとチャージコントローラーを設置することで太陽光発電は可能ですし、風力発電もほぼ同じような設備で発電が可能になります。
一般の家庭でも個人で設置をされて、きちんと発電を行なっておられる方もたくさんいらっしゃるようです。
太陽光パネルを設置する時には自治体から補助金が支給されている地域も多いですよね。

会社や企業の場合、このような発電設備の設置を行なうことによって、環境に対する取り組みを積極的に行なっているというイメージをアピールしながら、自社で使う電気代をまかなうことができるという、大きなメリットを得ることができるでしょう。
視覚的効果は大きな影響を及ぼします。
会社のホームページに環境に対する対策を説明するよりも、よく見える位置に自社発電設備を設置する方が、環境に優しい会社だというイメージが定着しやすいですよね。

環境問題が話題になってからずいぶん時が経ちました。
今では環境に対する取り組みを行なわない企業はないと考えて良いでしょう。
つまり環境問題を考えずに自社の利益を考えることはできない、ということなのです。
自然と人間が共存すればこそ、企業や経済の発展が可能だからです。
このような考えが定着している現在としては、どの会社が環境に対してどのような対策を行なっているのかは、当然人々の目に入りやすくなっています。

会社のPR方法は多様化してきましたが、テレビやインターネット、雑誌などを通した広告アピールも重要な中で、社屋に太陽光パネルが設置されているのを見ることにより、その会社に対する信頼度は大きくアップすることでしょう。
これは会社で使用する電気代を節約する、という次元ではなく、目に見えない大きなPR効果によって、驚くような会社の発展を期待することができるはずですよ!