暮らしの中のエコな知恵連載(法人版)4

サマータイム エコ 暮らし

日本の企業ではサマータイムシフト制の導入について関心が高まっています。
朝の5時~6時から明るくなることから朝早く目覚めやすく、朝涼しいうちから出勤すれば活動もしやすくエネルギーの節約にもつながり、早く仕事を終えて帰宅すれば個人の自由時間を楽しむことができ、早めに就寝して次の日に備えることも可能になります。
早めに帰宅すれば会社でのエネルギー節約にもなり、仕事も効率的に行なうことができて、あらゆる面でメリットが期待できるでしょう。

早めに帰宅することで車の渋滞に巻き込まれる前に帰ることができるので、時間やガソリンの節約にもなります。
明るいうちに仕事を効率的に終わらせて、暗くなる前に照明を消して帰宅すると言うのは、企業や会社にとって電気代の大幅節約につながりますよね。
このようにサマータイムシフト制を導入すれば、あらゆる面で効率的に業務を行なうことができて、そのままエネルギー節約につながるということになります。

日本人はまじめでよく働くといわれていますが、そのために会社での仕事に追われて家庭や個人の時間が不足しているといわれています。
サマータイムシフト制により早めに仕事を終えることが可能になれば、まだ明るいうちに帰宅して家族と共に有意義な時間を過ごしたり、個人の趣味や能力開発のたまえに時間を投資することも簡単になりますね。
このような心の余裕は人生の上でとても重要であり、仕事をする時には集中してできるようになるでしょう。

今まで行なってきたものを変えるというのは私達はあまり慣れていませんが、海外では既に当たり前のように夏になればサマータイムに変更して、明るくなれば起床して仕事を行ない、明るいうちに仕事を終えて自分の時間を充実させているケースを見かけます。

このようなメリットに集中してサマータイムシフト制を導入すれば、会社にとっても個人にとっても大きな利益となるでしょう。

このように環境に対する取り組みは考え方を少し変更することによって、簡単に行うことができます。
環境に対する関心を少し傾けることによって、企業にも個人にも環境にも優しい結果をもたらすことができるのです。
各企業のサマータイムシフト制、是非賛成したいですね!
社長さんも社員や家族の皆さんも笑顔になることができる、効果的な制度だと思いませんか?