暮らしの中のエコな知恵連載(法人版)2

エコ プリンター コピー機

会社ではコピー機やプリンターを頻繁に使用することもあるでしょう。用紙も比較的安いですし、コピー機やプリンターを使用したからと言って、電気代が大幅に増えるわけではありません。しかし無料ではないので、使用すればするほど電気代も用紙代もかかってしまうのです。あまり高くないので、それほど気にする人はいないでしょうが、会社は個人宅と違い、毎日頻繁に使用することが多いのです。頻繁に利用すれば、元値は安くてもかなり積み重なってくるでしょう。

塵も積もれば山となるということわざがあるように、印刷用紙もたくさん使えばどんどん費用がかさみますし、電気代も徐々にではあってもどんどん増えていくのです。しかし、仕事で使用しているので、使用回数を減らすというのは難しいでしょう。使用回数は同じであっても、安い用紙を使用することで、コストの削減ができるようになります。例えば業務用の用紙を購入すれば、大量にまとめて購入することができるため、通常の料金よりも安く購入できるでしょう。

もちろん用紙の質が落ちては意味がないので、今まで使用している用紙と同じようなタイプを使用するべきですが、それでもトータルでかなり料金を節約できるのです。用紙だけではなく、コピー機やプリンターを買い替えることで電気代を節約することもできます。最近の機種は、電気の使用量が少なくて済むタイプが多くなっているため、買い替えをするだけでも電気代の節約になるのです。重要なのはどの種類を購入するかでしょう。

古い機種は比較的電気をたくさん消費することが多いですし、省エネ向けに作られていないこともあります。新しい機種であれば、性能も向上しますし、電気代も抑えられるので、一石二鳥だと言えるでしょう。現在は会社の経営が苦しくなっているところも多いので、そう簡単にコピー機やプリンターの買い替えができないところもあると思います。このような場合には、新品を無理して購入するのではなく、中古品を購入してもよいでしょう。

最近はリサイクルの時代なので、コピー機やプリンターを買取してもらう人も増えているのです。リサイクルをするためには、買取したコピー機やプリンターを中古品として販売する必要があります。もちろん定価ではだれも購入しないので、商品の状態やいつ発売されたものなのかによって料金が変わるでしょう。中には性能がよくてきれいな状態なのに、比較的安い値段で売られていることもあるのです。このようにしてコストの削減をしてみてはいかがでしょうか。