暮らしの中のエコな知恵連載(法人版)1

エコ宅配

近年はエコの時代なのですが、日本は比較的エコ対策に積極的に取り組んでいます。その1つとしてエコ宅配というのがあるのですが、エコ宅配というのは、自転車を用いて配達を行うサービスのことです。このエコ宅配にはかなりのメリットがあるのですが、当然一般家庭だけではなく、法人もよく利用しています。法人でも個人でも同じことが言えるのですが、やはり料金が安いというのが主なメリットです。なぜ料金が安くなるのかというと、ガソリン代がかからないからです。

ただし、営業所まで荷物を配送するのは車を用いるしか方法がないので、その分はガソリン代がかかってしまうため、送料がかからなくなることはありません。それでも法人などは頻繁に宅配を利用するので、少しでも安くなればかなりのメリットがあると言えるでしょう。他にもエコ宅配のメリットがあるのですが、それは地球温暖化の原因であるCO2の排出量を大幅に抑えることができるからです。自転車は排気ガスを排出しないので、かなりエコな乗り物だと言えるでしょう。

自転車と車を比較した場合、どれぐらいCO2の排出量を抑えられるのかというと、約30パーセント削減できると言われています。これだけCO2の排出量を削減することができれば、かなり地球温暖化の促進を抑えられると言えるでしょう。宅配便というのは、大きな荷物もありますが、小さな荷物も存在しています。中にはメール便と呼ばれているような物もあるのですが、メール便というのは、一般家庭のポストに入るサイズの物に限られているのです。

このような小さな物を配送するためにトラックを利用していると、CO2の排出量だけではなく、運送コストもかなりかかってしまうと言えるでしょう。運送コストがかかるということは、それだけガソリンを消費することになります。ガソリンを消費するということは、長い距離を走っているので、CO2の排出量を増やすことに繋がってくるのです。しかもトラックの場合、狭い道に入ってきて通行人を妨げてしまうことにもなるでしょう。

停車すればより通行の妨げになります。しかし、自転車やリアカーでの配送であれば、車ほど幅を取ることもありません。そのため、安全面でも優れていると言えるでしょう。このような取り組みによって、環境問題が徐々に改善されていくことは間違いありません。現在ではエコ宅配を利用する場合、サイズが限られてしまうのですが、今後は徐々に改善されていく可能性もあるでしょう。ただし、大きな荷物はトラックで配送することはおそらく変わりありません。