ボランティア活動

ボランティア活動

弊社では、ボランティア活動を社員一同行っています。

昨今の急激な社会構造の変化の波の中、企業には従来の利益追求だけではなく、さまざまな社会的貢献、公共的な役割が期待されるようになりつつあります。こうした所謂「企業の社会的責任」が日本において意識されるようになったのは、オイルショック後の1970年代のことであると言われていますが、その後のバブル景気の到来などにより、この言葉の意味は「メセナ」などの所謂「慈善事業」に事実上収斂されるようになっていき、このことはその身近な環境、地域などに根ざした本来の「社会貢献」からの逸脱をもたらしてしまい、結局バブル崩壊に伴う企業の「余力」の消滅によって一気に衰退をしていってしまったというのが現実でもありました。そしてそれがまたやや変わり始めた、そのきっかけとなた出来事が阪神淡路大震災でしょうか。この震災が発生した1995年は「ボランティア元年」とも呼ばれ、さまざまな課題を浮き彫りにしつつも、これ以後日本社会には徐々にボランティアの風土が根付き始めていきます。2011年に発生した東日本大震災においては個人法人問わず様々な主体が自主的に、まさに文字通りボランティア(志願兵)という形にて被災地へと支援の手を差し伸べました。


当社はそのような過去の経緯も踏まえる形で、創業当時から一貫して地域に根ざした形を基本として踏まえつつ、社会貢献のためのボランティア活動を行わせていただいております。当社は地方に本社機能を持ち、また社長以下社員の多くも地方の出身者であるということもあり、地元には並々ならぬ愛着を持っており、地方の素晴らしい環境の維持、そして未来に向けた発展を心から願い続けております。


当社が行っている具体的な活動の主なものとしましては、会社の周辺の道路における草刈りや、ゴミ拾いなどが挙げられます。当社の周辺は交通量自体はそれほど多くも少なくもない、ごくごく一般的な公道と言った感じではあるのですが、それでも時間が経過するに従い、雑草が繁茂し、ゴミなどが捨てられ、溜まっていくという状況がございます。当社は中古品買取業という事業の性質上もあり、お客様が直接会社の方にお越しいただくという場合も多いのですが、この際に少しでもお客様に良い気持ちでいていただくことが出来るように、との気持ちにて活動を行わせていただいております。もちろんそれ以外にも近隣住人のみなさまにとっても、この地域が住み良い環境であり続けるということが当社たっての希望であり、そのことも念頭に置きながら活動を続けさせていただいております。当社がここまで事業を続けてこれたというのもすべてお客様と近隣の地域住民の皆様のご理解があってのことであると常に強く意識をさせていただいております。
この活動は、以前ある社員が一人率先して自主的に行っていたものであり、その後その他社員もこの姿勢を見習い、現在では正式に社として行う活動となっております。活動の際に特に喜ばしいのは、やはり近隣にお住いの皆様から温かい言葉をかけていただいたり、あるいは時として我々の活動を手伝っていただけるということです。そうした地域の皆様のお姿に触れるたびに、私ども社員はその作業における疲れなども吹き飛んでしまいます。


現在当社が定期的に行っているボランティア活動は主として前述の会社周辺地域における道路の草刈り、ゴミ拾いとなっておりますが、今後はその活動地域を徐々に広げていきたいとも考えております。また、活動内容に関しましても、これからはより多様なものにしていくことが出来るよう、現在さまざまな計画を立てているところです。当社の究極的な理想といたしましては、鹿児島だけでなく、この地球上のあらゆる人々が資源を大切にし、心地よい環境を維持しながら暮らしていくということとなっております。それでは、お客様や近隣住民の皆様に於かれましても、今後とも当社をぜひともよろしくお願いいたします。

無料査定はこちら